« 前の記事|

岡山秋季ステップ開催しました(2020.10.04)

2020年10月4日(日)、おかやま白桃ステーションから新しく誕生した、おかやまマスカットステーションが岡山秋季地区のステップを初開催致しました。会場も、ステップでは初めてのルネスホールでした。ルネスホールは1922年に日本銀行岡山支店として建てられた石造りの建物で、漆喰の高い天井が、楽器の演奏に適したほど良い残響を作り出しており、最大298席を並べる事が出来ますが、コロナ禍という事もあり、適度にソーシャルな距離感を保ちながらおよそ70席を並べての開催となりました。また、建物の構造上、ホールの換気システムに加えて休憩時間ごとに窓を開けての換気も出来て、安心して開催する事が出来ました。ご来場の皆様には、マスク着用とホール入り口に設置された体温測定器による検温にご協力頂きありがとうございました。

アドバイザーには、阿古江美樹先生(香川)、村井文先生(広島)の2名にお越し頂きました。午前11時の第1部から、完全入れ替え制で5部まで、57組(内、2組欠席)の皆様がルネスホールのスタインウェイフルコンサートグランドピアノの音を響かせました。導入レベルの方から、大曲を演奏されるグランミューズの方まで、レベルも年齢層も幅広く、マスクを着用されたままステージに上がられる方が多かったのですが、それぞれの本番を楽しまれた様でした。以前は、歌や管楽器、鍵盤ハーモニカとのアンサンブルも変化があり、聴いていて楽しかったのですが、今回は連弾は可能なので、兄弟やお友達、先生との連弾でアンサンブルを楽しんでいる方が多くいらっしゃいました。

また、部ごとの集合写真を撮ったり、継続表彰をアドバイザーの先生方から直接頂いたりは出来ませんでしたが、各部終了ごとに継続表彰者をアナウンスで紹介し、その場で起立して頂いて、アドバイザーの先生方、ご来場の皆様から拍手を頂きました。継続表彰は、5回3名、10回3名、15回2名、20回2名、25回1名、30回2名の計13名の方々でした。一度ピアノから遠ざかって大学生になって再開した、と演奏前のコメントがあった方の継続表彰もあり、生涯にわたってピアノを続けて欲しいと願うステップに大変意義ある参加の形と感じました。

コロナ禍ではありますが、会場をお借りしたホールの方、時間ギリギリまでピアノを調整してくださった調律師のかた、県外から来てくださったアドバイザーの先生方、参加者とお付き添いのご家族の皆様、初めての会場に少々戸惑いながら動いたスタッフ、全ての皆様へ感謝申し上げます。次回2021年2月20日(土)のステップ岡山冬季地区(岡山シンフォニーホールイベントホール)でまたお会いできるのを楽しみにしております。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事


カテゴリ



QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナおかやまマスカットステーション