« 前の記事| 後の記事 »

【実施レポ】ピアノ・メソッド活用法 - こどものレッスンのために(橋本晃一先生)

4月14日(月)ヤマハミュージックリテイリング 倉敷店にて橋本晃一先生による 『ピアノ・メソッド活用法~こどものレッスンのために~』セミナーを開催いたしました。参加者は30名を超える大盛況なセミナーとなりました。

セミナーでは、橋本先生の数々ある教本の内容を細やかに解説していただき、幼稚園・保育園・小学校等で耳馴染んでいる音楽をもとに楽しくアレンジされ、子供達が知っている曲で生き生きしたレッスンができるよう説明くださいました。

「やっぱり ピアノがすき!」下巻では、アルベルティ・バスはソナチネ・ソナタの古典を弾くために重要で予備練習のためにアレンジされていることや、バロック・バッハのようにポリフォニーになっている曲は、横の流れを聴きながら弾くことなど教本の工夫されている点などを改めて確認できました。
ステップの課題曲にもなっている人気ナンバーワンのディズニー・ホールニューワールドやジブリ・魔女の宅急便などのポピュラーのリズムの解説、シンコペーションや4ビート8ビートの違い、ペダルの踏み方のポイントなど詳しく教えていただきクラシックだけでなく時代のニーズに応じたスタイルで、生徒の希望にも叶えたレッスンが大事だと感じました。また、実際レスナーさん達が舞台に立ち先生との共演でより曲の雰囲気を感じ、臨場感溢れるセミナーとなりました。
特に印象が深い、先生が作られた思春期の子供達にむけてのストーリーに、「こどもだってジャズ&ロック」の中からBGMで8曲抜粋し、笑いあり、胸キュンしたりのかわいいストーリーと先生の演奏に会場のレスナーさんもきっと発表会やイベントで使用したいと思ったことでしょう。また、3人連弾でチャップ・スティックを演奏し二本指でも弾ける簡単な楽譜に小さい生徒さんと少し大きくなった生徒さんで楽しめる曲を最後に終了となりました。

日頃のレッスンでも、ぜひ活用して生徒さんと一緒に楽しんでいただければと思っております。
橋本先生、前日のステップでお疲れのところとても素晴らしいセミナーをありがとうございました。

(Rep:ピティナ岡山支部  渡辺 恭子)

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ岡山支部