レポート アーカイブ

2008年4月22日

バロック・ダンスセミナーを開催しました!

4.22セミナー21.JPG
4月22日(火)岡崎市シビックセンターコンサートホールにて、浜中康子先生によるバロックダンス講座の第1回目を開催いたしました。 参加者は20代~50代までの44名。実際に踊りながらの講座ということもあり、はじめのうちは 恐々でしたが、先生の分かりやすく親切なご指導のおかげで次第に積極的にステップを踏んでみえました。 まだまだ、ダンスとはいえない状態ですがとても楽しく初回を終了しました。 皆さん、疲れたけれど楽しかった!と、帰られました。 次回は5月13日に第2回目を開催しますが、益々バロックダンス熱が高まりそうです。

2008年5月14日

第2回バロック・ダンスセミナーを開催しました♪

IMG_0131.JPGIMG_0123.JPGIMG_0128.JPG

5月13日(火)岡崎市シビックセンターコンサートホールにて、浜中康子先生によるバロックダンス講座の第2回目を開催いたしました。
参加者は46名。
前回からの参加者が3分の2ということもあり、『優雅』というところまではいかないですが、はじめから前回よりも動きがスムーズ。三週間足らずの間にずいぶん練習されてみえたようでした。
前回同様、先生の分かりやすく親切なご指導のおかげで講座の終わりにはとても上手に踊ってみえました。
次回は6月24日に最終回を開催します。


2012年1月20日

【実施レポ】第3回 美しい響きのために(杉浦日出夫先生)

2011年11月24日(木)岡崎市図書館交流プラザホールで杉浦 日出夫先生をお迎えして、
Miyoshiピアノメソードを教材にして『美しい響きの音を出すには?脱力とは?』という内容で
セミナーを開催いたしました。

9月からの3回シリーズのセミナーでしたが、出席者一人一人がピアノの前に座り、
実際に杉浦先生に手をとっていただき、頭でだけでなく、体でも理解していただけるように
先生よりご指導いただきました。

来年以降も定期的にこのようにセミナーが開催できるといいと思っています。

(Rep:ピティナ岡崎支部  清水恵子)

2013年4月 2日

【実施レポ】2013コンペ課題曲セミナー(菊地裕介先生)

WEB130321okazaki_kikuchi.jpg2013年3月16日 岡崎地区予選会場のLibra(岡崎市図書館交流
プラザ)ホールで開催しました。 岡崎ではお馴染みの菊地裕介先生
講座ですが、毎回菊地先生の素晴らしさを再認識するセミナーと
なっております。当日参加してくださった、先生の感想を掲載します。

♪ 菊地先生のピティナコンペティション課題曲セミナーに参加して
毎年、このセミナーに参加させていただいています。2時間という限られた時間の中で、これだけ多くの曲の説明をするのは、大変なことだと思うのですが、参加者の希望にも答えながら上手にまとめてくださったと思います。曲の性格、時代、作曲者の背景、そしてこれらを演奏する子の年代まで考え、わかりやすく演奏もいれて説明して下さるので、これから生徒に指導するのに、とてもプラスになります。
オーケストラ編成で考えて表現すること、同じような形が続く時、そこにひとつ変わった音や跳躍があれば、少し意識することなどイントネーションを自然に出す方法など、改めて納得させられることがたくさんありました。いつも感じることですが、私たち指導者は、生徒と向かい合って指導するだけではなく、常に、情報に耳をかたむけながら、自分自身の演奏はもちろん、楽曲分析や、多くの書物を読み、多くの演奏を聞いて勉強することを忘れてはいけないなあと、当たり前のことですが、セミナーに参加するたびに思いなおすことができます。
菊地先生の音楽に対する深い姿勢と、素晴らしい演奏に感動しました。

(Rep:ピティナ岡崎支部 高井まゆみ)




2013年5月23日

継続表彰記念コンサートを開催しました!

img015.jpg

 5月18日にピティナ・ピアノステップ継続表彰受賞者によるピアノのステージ、継続表彰記念コンサートを開催しました。いつもとは違うホール、大きな舞台での演奏に緊張しながらも、個人個人の個性あふれる演奏に会場から温かい拍手が沸きました。小学生から社会人まで、趣味の方から、専門に学ばれている方とピアノと付き合う環境はそてぞれ違いますが、ピアノが好きという思いとピアノをを続けてきたという事実が演奏者に共通している事であります。コンサートでは、良いイメージををもって演奏してもらいたいという思いから、時前に単に曲の解説ではなく、今後につながる質問設定のアンケートを書いてもらい、それを元に司会の方がメッセージとして紹介するという形で進めていきました。演奏者皆さんが、演奏後充実感のある素敵な笑顔をしていた事が印象的です。ゲストの安嶋健太郎先生によるトークコンサートの演奏に感動し、貴重なお話もお聞きすることができ、幸せな時間を過ごしました。このコンサートをきっかけとして、皆さんがますますピアノとよい付き合いをしていってくれる事を願い、また、今度はステップでお会いできたらと思います。
リポート/梅村美雪先生(開催委員長)

2014年4月 3日

安城3月ステップにご参加ありがとうございました

今回の会場でのステップは、十数年ぶりの開催となりました。
ほぼ初めての会場にもかかわらず、99名の皆さんにご参加いただきました。
6名のアドバイザーの先生方でのローテーションでの進行でしたが、参加者の皆さん、お客様、アドバイザーの先生方のご協力でス ムーズに進行することが出来ました。

また、丹内先生のトークコンサートは魅力あふれる音色で、まるで今にもヒロインが飛び出して歌いだしそうな演奏でした。

例年より春の訪れが遅く、インフルエンザが大流行の中での開催でしたが、皆さんの熱い演奏はそても素晴らしく心洗われるもので した。
スタッフの先生方も、ほとんど休憩なしで頑張りました!お疲れ様でした。
岡崎支部 清水恵子

トークコンサート

トークコンサート トークコンサート トークコンサート

継続表彰

継続表彰の様子 継続表彰の様子 継続表彰 継続表彰 継続表彰 継続表彰 継続表彰 継続表彰

講評

講評 講評 講評 講評 講評

様子

様子

2014年7月 7日

【実施レポ】10~く(talk)&コンサートおかざき

5月31日、PTNA岡崎支部設立10周年記念10~く(talk)&コンサートおかざきを開催いたしました。たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。今回のセミナーは聞きたい、聴きたい、知りたいことを一日に3講座という、欲張りな企画をいたしました。

第1部にはクラウディオ・ソアレス先生をお迎えし、を特別講演「子供の個性を引き出し、自発的な演奏をさせる指導法」をお話しいただきました。「今」だけではなく、「子供たちの未来」まで深く考えた指導を、貴重なレッスン風景を撮影したものをお見せいただき具体的な例をあげながら、多面的な学びを続けることの重要性をお話しいただきました。

続く第2部では、赤松林太郎先生のレクチャートークコンサートをお聴きしました。先生の美しい音色がホール響き、ステキな演奏を楽しませていただきました。


最後の第3部 杉浦日出夫先生の公開レッスン では、先生の温かいレッスンと、子供たちの真剣な横顔がとてもステキでした。


【受講者の先生方からのメッセージ】
★公開レッスンに参加して。
私を含めて全員公開レッスンは初めてでしたのでとても緊張しました。かの有名な日出夫先生にみていただけるとなると子供たちの背筋が10日くらい前からシャキッとしていました。子供達は「杉浦先生が世界で1番の先生だと思うよ!」なんて大興奮でした。やっぱり杉浦先生のおっしゃることはなるほど!合点!だらけです。とてもとても良い経験をさせていただき本当にありがとうございました。

★2部3部と参加させていただきました。赤松先生の迫力ある演奏と軽快なトークがとても楽しかったです。前半のチャーミングな解説と音楽に続き、後半の低音の響きとスピード感あるタッチの演奏が素敵でした。また3部では杉浦先生の分かりやすいレッスンに感激しました。実はこう演奏、表現したいのだけれど、教える立場である私に自信も裏付けもなく暗中模索・・そこへ日出夫先生が「こうしてみては?」とアドバイスをくださるとぱっと道が照らされるような感覚でした。と同時に自分ではまだまだ到底楽曲や表現方法に裏付けできない勉強不足を感じました。生徒たちと共に気を引き締め、良い演奏、良い音とは何か、勉強していきたいと思っています。

(Rep:ピティナ岡崎支部 磯貝直子先生)

2018年1月22日

杉浦日出夫先生セミナー「こころの旅」

1月15日(月)杉浦日出夫先生セミナー「こころの旅」を昨年オープンしたばかりのアンフォーレ安城本館ホールをおかりして開催いたしました。
バッハを楽しく、素敵に勉強するために長年培ってきた杉浦先生の指導の「ヒミツ」を覗かせていただける貴重なお話でした。
先生の笑顔を思い浮かべ、先生の本を読み、生徒に向けい合えばきっと「バッハ好きな」生徒になってくれるんだろうと思います。
終了後のサイン会では、懐かしい顔、いつもの顔と皆さん楽しそうにお話しして見えました。

IMG-2124(1).jpg
岡崎支部 清水恵子



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ岡崎支部