2018年11月14日

ブルグミュラーコンクール2018 大崎地区大会開催レポート

2018年10月21日(日) ブルグミュラーコンクール大崎地区大会を開催いたしました。
宮城県大崎市でのコンクール開催は初めてということで、事務局スタッフ一同緊張感の中にもどこかワクワクするような感覚で準備して参りました。
県内はもちろん他県の先生方にもアドバイスをいただきながら、何とか無事本番を迎えることが出来ました。

参加者120名と、初めてにも関わらずたくさんの方に参加していただき驚きと共に大変嬉しく思いました。
また、保護者の方々など来場者500名という数にも関心の高さを伺い知ることが出来ました。
ブルグミュラーの曲を中心に幼児から大人の方まで、丁寧に心を込めて演奏してくれました。
結果発表の後は審査員の方々からいただいたアドバイスを少し緊張気味に、でも嬉しそうに読んでいる姿が印象的でした。
今回のコンクール開催にあたり教育委員会や地元の楽器店などたくさんの後援をいただき、無事地区大会を終えることが出来ました。
今後もこのような活動を通して、地方に居ながらも日本全国の著名な先生方をお招きして、音楽の楽しさを子どもたちに伝えていければと思います。

2018年10月23日

大崎秋季ステップ開催レポート(2018.10.14)

10月14日(日)
パレットおおさきにて、大崎秋季地区
ピティナピアノステップを開催致しました。
参加者101名、ソロステージあり4手6手の連弾あり、幼児からシニアまで素敵な演奏が繰り広げられました。

今回のアドバイザーは、戸沢睦子先生、鳥羽瀬宗一郎先生、羽石彩子先生の3名にお越しいただきました。
戸沢先生には、大崎ステーション設立にあたってステップ説明会をしていただいた懐かしい思い出があります。 それは東日本大震災直後のことで、至る所が破損しており、復旧作業もこれからという時期でした。講評で戸沢先生もその当時のことを振り返りお話下さり、「東北で100名を超えるステップはなかなかない!素晴らしいことです。」とお言葉をいただきました。

♪音楽を学ぶ皆さんが、より上達されますように!
♪皆さんが、音楽で生活を楽しんでいけますように!

という思いを込めて、大崎が今より更に音楽溢れる地域になりますよう、ステーションスタッフ一同で盛り上げで行こうと、心を新たにした1日となりました。

次回の大崎春季ステップは来年5月。
中新田バッハホールを予定しております。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。



『鳥羽瀬 宗一郎先生によるトークコンサート』

≪ 1回目 ≫
名曲「♪エリーゼのために」の演奏から始まり、ブルグミュラー25の練習曲より「♪すなおな心」「♪アラベスク」「♪アヴェ・マリア」「♪天使のハーモニー」「♪貴婦人の乗馬」の5曲、湯山昭のお菓子の世界より「♪バウムクーヘン」を演奏して頂きました。

透明感ある音色と共に、一音一音丁寧に語りかけるような先生の演奏は、心に染みてとても素晴らしいものでした。ステップ参加者の年齢層も考慮して頂き、子供が親しみ易く、そして憧れを持てるような曲のプログラムとなりました。

≪ 2回目 ≫
1回目より高学年の参加者が多かった為、プログラムも一新した内容で構成されました。 シベリウス・樹の組曲より「♪樅の木」、ブルグミュラー25の練習曲より「♪すなおな心」「♪牧歌」「♪無邪気」「♪やさしい花」、日下部満三「♪夏の雲」、平吉毅州「♪サンバ・カンシオン」、以上7曲を演奏して頂きました。 先生は、曲のタイトルをよく考え、イメージをしっかり持って弾く事の大切さを、1回目・2回目と共通してお話されました。今回弾いて頂いた曲についても、一曲一曲とても分かりやすく解説して下さり、会場の皆さんも想像を膨らませながら聴くことが出来たのではないでしょうか。 また、大きな舞台で演奏する事の大変さについてもお話頂きました。「失敗しても当然。でも大きなステージで演奏した自分をしっかり褒めましょう。必ず1つは良い所を見つけましょう。」という心強いお言葉を頂き、安堵された方も多かったと思います。

今回のトークコンサートは、会場の方々の目線でとても分かり易く、そして心に響く内容でした。15分という短い時間でしたが、それを感じさせないほど非常に充実していて、大切な事が凝縮された内容だったと思います。
鳥羽瀬先生、貴重な時間を有難うございました。



2018年10月10日

大崎秋季ステップ開催します(2018.10.14)

第12回PTNA大崎ステーションステップ開催ご挨拶

PTNA(ピティナ)って?
The Piano Teacher's National Association of Japanを意味する、
社団法人全日本ピアノ指導者協会の略称です。
ピアノを中心とする音楽指導者の団体で、全国に500の拠点を持ち、
音楽教育を通じて社会に貢献しています。この大崎ステーションもその拠点の一つです。
継続を応援するアドバイス付きステップや、全国最大規模のコンペティションで、
年間8万組を超える方々がステージに立ちます。

大崎ステーション設立にあたって、今日のアドバイザー戸澤先生には、
ステップ説明会をして頂いた懐かしい思い出があり、初心を思い起こします。
第1回は、2011年の震災被害の中で、なんとか開催にこぎつけました。
その後、念願のバッハホールでの開催も叶い、年に2回のステップ開催ができるような
広がりになりコンペに出られるようになりました。

私たちの夢は、「コンペティション予選を大崎で!」です。
今年2月、急な話ではありましたが、親しみ易い「ブルグミュラーコンクール」の
大崎開催を勧めて頂きました。
有り難いことに、多方面からのご協力を頂いて準備を進めているところです。
10月21日、大崎市図書館来楽里ホールで120名の方々が演奏します。

♪音楽を学ぶ皆さんが、より上達されますように!
♪みなさんが、音楽で生活を楽しんでいけますように!
                     

2018.10.14.大崎みちのくステーションスタッフ一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年7月12日

ブルグミュラーコンクール2018説明会 -講師による課題曲演奏付き-

2018年6月20日(水)に大崎市図書館 来楽里ホールにて中田 雄一朗先生をお招きし、「ブルグミュラーコンクール2018説明会 -講師による課題曲演奏付き-」を開催いたしました。

180620nakata_1.jpg

大崎市での地区大会開催は初めてということで、ブルグミュラーコンクールってどんなコンクール?どんな生徒にどうすすめたらいい?などピアノ指導者はもちろん保護者の方々にもわかりやすく説明していただきました。
「ブルグミュラー25の練習曲」「ブルグミュラー18の練習曲」の中から数曲をピックアップして、ホールの響き具合に合わせてペダルをどう入れるか何パターンも弾き比べして頂いたり、和音の変わり目に耳を傾けて響きの違いに注目、場面ごとにメリハリをつけるなど先生の素敵な演奏と共に丁寧に説明していただきました。


また、ブルグミュラーを弾く前の幼児さん向けの曲についても課題曲全て演奏していただき、子供向けに簡単にアレンジされている曲も原曲を聴いてイメージを持たせる。また、子ども一人一人に合った伝え方をしなければいけないなど幼児さんの指導もしている先生ならではの視点でアドバイスしていただきました。保護者の方々からのリクエストにも快く応えていただき皆さん大変喜んでおられました。

講座終了後は中田先生が指導者や保護者の皆さんに囲まれてにこやかにお話されているのが印象的でした。先生のおかげで和やかな雰囲気の中、説明会を終えることができました。中田先生素敵な演奏とお話本当にありがとうございました。


Rep:佐澤 里香

2018年5月30日

楽譜が読めて弾けるようになる生徒の指導法と実践

大崎春季ピアノステップ前日の2018年5月5日(土)大崎市古川にて、藤原亜津子先生のセミナー「楽譜が読めて弾けるようになる生徒の指導法と実践」が開催されました。

当日は、前半にコンペ参加予定の10組の生徒さんへのワンポイントレッスン、後半に講座にご参加いただいた先生方対象に、導入期の指導法についてレクチャーいただき、トータルで3時間を超える講座内容となりました。

ワンポイントレッスンでは、椅子の座り方や足の位置、姿勢、演奏前のテンポ設定方法、音色の変化、ニュアンスの変化に耳を傾けること、拍子はベースで刻み、メロディーはフレーズ毎に歌うことなど...短い時間の中で的確且つ内容の濃いアドバイスを一人ひとりの生徒さんに熱心にご指導下さいました。 アドバイスを大切に持ち帰った生徒さん達のコンペでの活躍が今から楽しみです。

後半は少し場所を変え、藤原先生の普段のレッスンの様子をDVDで拝見致しました。 先生の生徒さんに語りかける言葉の一つ一つに愛情が感じられ、生徒さんの気持ちに寄り添いつつも、しっかりと楽しく、確実に成果の出る充実したレッスン内容に見入ってしまい、私はまるでレッスン見学会に参加したような気持ちになってしまいました!

時計を見ればもうすぐ19時という頃... 翌日は117組参加の長丁場のステップアドバイザーをしていただくことになっていましたので、熱気冷めやらぬ中、講座終了となりました。 手元に残った藤原先生からの沢山の資料。 今後のレッスンにしっかり生かしていこうと思います。

合言葉は「修行は分量」!! 藤原先生、ありがとうございました。

2018年5月18日

大崎春季ステップ開催レポート(2018.5.6)

2018年5月6日(日) 大崎春季地区ステップ開催レポート 中新田バッハホール (117組)

藤原亜津子先生をチーフに、秋谷秀俊先生、今村恵子先生、則行幸子先生の4名をアドバイザーにお迎えしました。毎回、どのようなアドバイザーの先生にお会いできるかどのようなお話を頂けるかをとても楽しみにしております。先生方のアドバイスを手にした生徒や保護者からは、字が読みやすく、的確なアドバイスをたくさん書いて頂いたと大好評でした。アドバイザーの皆様、長時間にもかかわらず、最後まで心のこもった貴重なアドバイスを頂戴し有難うございました。

大崎のステップは11回目。2桁の初回ということで、第1回目に来て頂いた藤原先生に再び来て頂きたいとお願いしました。前日のセミナーでは、コンペ課題曲のワンポイントレッスンと指導法を教えて頂きました。初心に帰って身が引き締まる思いになり、藤原先生をお招きして本当に大成功だったと心底思いました。

思い返せばステップ初回は71組。地域ではPTNAステップの認知度は低く、関心は薄かったです。最近では、ステーションの構成スタッフが増え、参加する生徒も増え、年2回の開催をしています。春ステップの特徴は、何と言っても名高いバッハホーでの開催が人気の一つに挙げられます。各種コンクール前のリハーサルとして、参加希望者が増えています。

大崎ステーションのスタッフ一同、いつかこの会場でコンペ予選を開催したいと願っております。

この5月の連休時期はつつじや牡丹の花々が美しく咲いて、世界農業遺産の大崎平野では田植えが盛んです。今回のステップ運営を通じて、1人1人のピアノ学習者に丁寧で適切な指導環境を整える努力をし続けること、一人一人の成果が花開くように見守り導く使命があることを再確認致しました。

1.2部継続表彰支部指導者賞
3.4部継続表彰
5.6部継続表彰
7.8部継続表彰
講評1
講評2
歌唱発表
アドバイザー控え室
集計室


2018年5月 2日

大崎春季ステップ開催します(2018.5.6)

今回のステップも、たくさんのご参加を有難うございます。
締切日前に117組という人数になり、急いで締め切らせて頂きました。
しかし、遅い時間までのステップ開催となり
ご不便をおかけしていないかと案じております。
今後の申込の際には、時間指定も可能ですのでどうぞご利用ください。

さて、昨日セミナーとレッスンをして頂いた藤原亜津子先生は、
第1回目の震災の年に来て頂いた先生です。その時から私達は進歩できたでしょうか?
今日は4名の著名な先生方にアドバイスを頂戴するのがとても楽しみです。

ご報告です。ずーっと目標にしていたピアノコンクール地元開催が、
大崎市教育委員会の後援で初めて開催されます。
県内外の先生方の暖かい応援で開催される事に、心から感謝しています。

"何歳からでも挑戦できる"コンクール『ブルグミュラーコンクール』
☆説明会&課題曲演奏(無料)
6月20日(水)10:30~12:30大崎図書館ホール(どなたでもご来場いただけます。)
☆コンクール 10月21日(日) 受付は8月からの予定。

いつも何かを目指して、その日々を楽しみながら、
皆さんと共に歩む幸せを感じています。

                     
PTNA大崎みちのくステーション
スタッフ一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年10月16日

大崎秋季ステップ開催レポート(2017.10.9)

2017年度10月9日大崎秋季ステップを終えて

パレットおおさき多目的ホール  合計108組
☆アドバイザー 柴田まゆみ先生、春畑セロリ先生、松本裕美子先生
☆継続表彰 5回7名、10回8名、15回4名

大崎みちのくステーションのステップは、早いもので10回目になりました。
今回は全体の演奏時間が長くなったことなどで、
初めての7部構成のプログラムでしたので
先生方には長い時間大変お疲れ様でした。

『アドバイスより』
松本先生『一つ一つ音を丁寧に、フレーズを一息に、楽しい気持ちで。』
柴田先生『ハーモニーをよく聞く、フレーズの終わり方、タイトルにそった表現を。』
春畑先生『Pやfの中にも抑揚を感じて歌って、連弾では両者でハーモニーを作ろう』

『秋季ステップ』
「お祭りのように音楽を楽しもう!」ということで、個性を発揮し、
グッと身近に音楽を引き寄せて、日常が楽しくなるような試みを大歓迎しております。
今回は、2人合わせて148歳のペアなど様々な連弾あり、
ミュージカルに憧れた歌あり、リトミックやグループレッスンメンバーの合奏あり...。
皆さんが面白そう楽しそうと思いついたら、
ためらわず最初の一歩を踏み出してもらえるように、 我々スタッフは今後も暖かく応援していきたいと思います。

『春畑セロリ先生のトークコンサート』
期待通り秋季にぴったりの内容で、会場の皆さんを巻き込んで
一緒に音楽を作って楽しみました。
創造力も想像力もたくさん刺激して頂いた一時でした。
とかく演奏の優劣をつけてしまう傾向に対して、別の方向性をお示し頂き、
安堵と感謝の気持ちでいっぱいになりました。



♪楽しかった春畑セロリ先生のトークコンサート♪
2017年10月9日(月)大崎みちのくステーション秋季ステップにて
観客がジーッ!と受け止めるコンサートではなく、聴衆を巻き込んだステージでした。

1回目
①ビッグベンの鐘のメロディーにどんな和音が好みか?
 挙手で決定して和音をつけていき、その先には性格判断までおまけつき。
②3グループからそれぞれ、乗り物、食べ物、洋服の中から
 選んだリズムをあげてもらい、4拍子に合う形にして同時に叩いてもらう。
 先生の4拍子のピアノとアンサンブル。
③「忘れられたブランケット」演奏
④「じゃんけんしんちゃんみっちゃん」

2回目
①先生が4拍子ピアノ【ミドソ(4分休符)】、強弱、速度、表情を変えて弾くのに
 応じて、休符のところで相応しい表現で応える。(手拍子、イェーイ!、ため息)
②「助けて醬油マン」ピアノに、合いの手の掛け声を入れて
 ストーリードラマのように表現していく。
③星空のバルコニー演奏

先生は、客席の年齢を見ながら語りかけられて、一緒に作品を作っていきました。
会話のように、音楽でポンポンコミュニケーションを取っていくので、
ジーッとボーっと待ってはいられないのです。 初めての人はびっくりしたでしょう。
でも、何かを作ることや自分が感じた事を表現することに
やみつきになるかもしれません。
想像力と創造力をたくさん刺激して頂き、楽しい時間が過ごせました。

2017年10月 4日

大崎秋季ステップ開催します(2017.10.9)

第10回PTNA大崎みちのくステーションのステップへようこそおいでくださいました。

秋季は、「お祭りのように音楽を楽しもう!」ということで、
一人一人の個性を発揮した思い思いのステージ発表をしていただき、
身近に音楽を楽しんでもらいたいと願っています。
また、本日の企画トークコンサートは、皆さんの想像力をかきたてる
素敵な体験になるように春畑セロリ先生をお招きしております。

春季は、1年のまとめやコンクールの課題を意識し、
「いろんな音楽に親しみ、課題にチャレンジしよう!」と呼びかけています。
最近は、各種コンクールに出場したり、受賞している方が増えております。
2018年5月春のステップは、バッハホール会場を予定しております。
たくさんのご参加をお待ちしております。

今日は、一人一人が一生懸命取り組んだ成果をどうぞお楽しみください。


大崎みちのくステーションスタッフ一同

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年6月13日

7/12(水)ステップ説明会開催!

7月12日に大崎みちのくステーション主催のステップ説明会を開催いたします。

stepsetumeikai.jpg

皆様のご参加をお待ちしています。

過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ大崎みちのくステーション