レポート アーカイブ

2008年5月20日

~生徒が伸びるコンクール活用法(藤原亜津子先生)~セミナーレポート

青梅支部では5月15日(木)に藤原亜津子先生をお迎えして「音楽の森ピアノ講座2008 ~生徒が伸びるコンクール活用法~」をテーマにセミナーを開催致しました。バスティンなどのセミナーでおなじみ、いつもエネルギッシュな藤原先生の明るい トークに、受講者にとって笑顔の絶えない講座となりました。

テーマは「生徒が伸びるコンクール活用法」ですが、まず藤原先生は「コンクールは生徒だけではなく、私(講師)自身が伸びるチャンスです」と強調し ておられました。ベテランである先生ですら、コンペの講評をいつも真摯に受け止め、今後の指導の糧にされているとのこと。いつもご自身を「まだまだ頑張ら なくては」と思える状況に置くというその姿勢には頭が下がります。

生徒や親御さんに、コンペ参加をお勧めする時のコミュニケーション術などにも触れ、コンペは「今の実力を追求する場」であり、ステップは「継続しつ つ今後の方向性を定める機会」と位置づけ説明、決して義務ではなく生徒自身の自由な意思でチョイスするよう心がけているとおっしゃっておられました。ま た、結果だけを求めるのでなく、失敗も成長に結びつける言葉がけも欠かさないとのことでした。

余談で「生徒や親御さんには、なかなか言いにくい事もちょっと語尾を上げると上手く伝わるものよ」ともらされたのには、参加者からもふと笑いがもれ ました。ぜひ参考にさせていただこうと思います!その後はバスティンセミナーでおなじみの、「お手玉」や「玉ひも」などの小物をあげ、導入期のテクニック の確立をわかりやすくご説明いただきました。

この時期は、コンペティションの準備として大事な時期でもあり、会場には若い先生方の姿も目立ちました。

このあとシリーズ講座は6月21日 金子恵先生の「コンペティション課題曲公開レッスン」へ、またコンペ終了後は再び藤原先生による「コンペアフターフォロー」講座へと続きます。どうぞ多数のご参加をお待ち申し上げております。

2008年6月24日

6/21 コンペティション課題曲公開レッスン(金子恵先生)

koukai1.JPG2008年6月21日、国立楽器本店 音楽の森コンサートフロアにて金子恵先生の2008年コンペ課題曲公開レッスンが行われました。

当日はA1~C級まで7名の生徒が受講、金子先生はエネルギッシュかつ丁寧に、また時には生徒の手を取りながら教えてくださいました。まずどの曲も、テンポ設定が重要であることを強調されました。フレーズを生かすためにも、また舞踊を意識するためにも、その曲を活かすテンポを見つける事が必要であり、時には実際にフレーズを歌ってみて決めるのも良いと話されました。また「教え込むだけでなく、子供自身の耳で音を判断させなければ演奏は変わらない」という言葉が、印象に残ります。


スタイル別には、バロックで必要になる軽い音のタッチの練習法や、古典での弦楽器の奏法をふまえた上での説明、アーティキュレーションの選択、またオーケストレーションを意識した音作りなど、生徒達にもわかりやすい言葉で伝えていただきました。また近現代などでは、いかに印象に残るような音楽を作るかを考えなければならないとも話されました。
弱くても響く音の出し方のコツなど、すぐに実践できる要点を余すことなく教えていただきました。


一人一人の持ち時間には限りがありますが、先生はその中でもまずその生徒の良い部分を認めてくださり、それによって心をひらいた生徒が、先生の言葉の数々に引き込まれるように夢中になっていく姿は、コンペ指導だけでなく、ぜひ普段のレッスンの参考にさせていただきたいと思いました。

課題曲セミナーからひきつづきの公開レッスンで、さぞお疲れの事と思いますが、金子先生、どうもありがとうございました!!!

2010年10月29日

国立支部「バロックダンス勉強会」

10282.JPG国立支部では今年から月1回の定例会議とは別枠で、支部活動会員による勉強会を行っています。その中の試みとしまして今回は初めて外部の先生をお招きし、10月28日(木)、国立音楽大学AIスタジオにて「バロックダンス勉強会」を行いました。講師は石田由美先生(桐朋音楽大学卒。古典舞踊を村井頌子・浜中康子各氏に、フォルテピアノを渡辺順生氏に師事。今年5月にルーテル市ヶ谷センターでバロックダンスとフォルテピアノのコンサートを催されました)です。


取り上げられたのは「メヌエット」、中でも「Zのメヌエット(Z型に移動する)」を実際に踊ってみようという内容です。いつもの勉強会と違い、身体を使うというイベントに、普段運動不足のメンバーはちょっとドキドキ気味です。

まずは「足の基本ポジション(1~5番)」と「プリエ、エルヴェ、ジュテ」の動きを実践し、「6拍」でひとまとまりとなるステップを練習しました。ただしこの6拍は「2拍+4拍」という複合型となります。ここがなかなか上手くとらえきれずに、はじめはぎくしゃく気味。

やっとの思いで6拍のステップが踏めるようになり、そこからは男性役、女性役二人一組でZ型に移動するという「Zのメヌエット」を踊りました。


実際に動いてみて感じた事は「拍のまとまりやフレーズ感が楽譜上の"小節"の概念とは違ってくる事」、また「各拍に入っていく感覚はそれぞれ微妙な違いがある」という事などです。やはり舞曲は踊ってみないとわからないものですね!メヌエットだけでもこれだけ奥が深いのですから、「ガボット」等などたくさんの種類のバロックダンスを理解するには相当な覚悟が要りそうです!
...しかも意外にもこのバロックダンス、つま先で歩くため体力を相当消耗し、シェイプアップも期待できそう...などとメンバーはひそかに期待を寄せるのでした。


石田先生、どうもありがとうございました。

2016年9月17日

国立支部35周年パーティー

IMG_20160917_212339.jpg

国立支部、久々の更新になります!
秋になりましたが台風が毎週のように来てあまり落ち着かない日々が続きますね。

先日、国立支部35周年記念パーティーを開きました。

総勢20名ほどのメンバーが揃い、各で出し物をしたりととにかく国立支部らしい会となりました。
ミュージックベルやピアノソロ、連弾、鍵ハモでのアンサンブルや合唱、みんなでフラダンスやぐるぐるピアノ、そして漫談までも、、、食事中には支部の先生が作られたCDを流したりととにかく盛りだくさんの出し物、どれも印象的でした。


三多摩支部という名前で発足したこの国立支部、とにかく熱意のある先生方で今の形が出来たといっても過言ではないと思います。


この支部が発足された話しやご自分のお話も一人一人がされ、またメンバーと共有した時間はとても充実した時間でした。

秋はステップ、そして講座とまだまだ支部の活動は続きます!
これからもより良い活動ができるように進んでいきたいと思います。

2016年11月24日

国立秋季ステップ開催レポート(2016.11.13)

この日は朝から気持ちの良い秋晴れでした。
音楽学校のスタジオということで、楽器はスタインウェイのフルコン。
ステージがなくて客席やアドバイザー席は写真の通りやや狭い感じですが、天井は高く、素晴らしい音響で一人一人のタッチや音色、弾き方の個性がはっきりと聞き分けられました。
アドバイザーの講評もそれを反映して、弾き方やピアノ演奏についての考え方に細かいアドバイスがありました。

※実施事務局からのお願い
時期柄、風邪などでやむを得ず欠席される場合もあるかと存じます。
会の進行に関わりますので、ご欠席の場合はご一報頂けますと幸いです。
ご参加の皆様のご協力、どうぞ宜しくお願い致します。


会場とスタインウェイ
講評風景
表彰式1,2部
表彰式3,4部
表彰式5,6部
表彰式7部


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ国立支部