« 前の記事|

赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック編 ―インヴェンション 全3回シリーズ― 第3回

2018年9月18日(火)にヤマハミュージックリテイリング堺店 3Fサロンにて赤松 林太郎先生をお招きし、「赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック編―インヴェンション 全3回シリーズ― 第3回」を開催いたしました。

インヴェンション3回目(最終回)を実施、今回は、11番から15番までを解説いただきました。
全3回を通して、作品ごとの調性や装飾音符の意味、数字にこめられたメッセージなどを紐解いてきました。

教育のための曲集というだけに留まらず、自らの作品全てを神に捧げる、というバッハの信仰心がとても理解出来る内容でした。また、チェンバロやクラヴィコードで作曲された音符を現代のピアノで弾く為にはどの様に表現するのかを赤松先生の演奏で聴けるという事もスペシャルで、解説の内容を頭で理解し、耳から身体に入れて腑に落ちる、という素晴らしい体験でした。

11月からのシンフォニアシリーズがますます楽しみです。

Rep:門田 潔

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ堺支部