レポート アーカイブ

2017年2月 1日

ステップ説明会

 去る1月24日に奈良井 巳城先生をお迎えしてステップ説明会を開催しました。 今冬は雪が少ない年だと思っていましたが、朝起きるとタイミング良く?雪が降っており、参加者の皆様がいらっしゃる事が出来るのか不安なスタートを切りました。
 しかし、蓋を開けてみれば会場いっぱいになる程の沢山の方が参加して下さいました🎶 

1485841767663.jpgのサムネール画像のサムネール画像
 奈良井先生のステップ説明のお話しは非常に分かりやすく、時折笑いも交え、場の空気を和ませながら進めて下さいました。 
1485841767912.jpg
 説明会後のピアノ指導法ミニレクチャーでは、ハノンを題材に、即、レッスンに活かせるポイントを伝授して頂きました🎵
1485402115812.jpgのサムネール画像

 本部より倉持欣持氏、宮城支部支部長の伊藤英三氏、仙台青葉ステーション代表の庄司美知子先生も応援に駆け付けて下さり、更に参加者様の中には石巻の大手楽器店サルコヤ楽器の社長井上晃雄様もいらっしゃいました❗

 大盛況で終える事が出来たステップ説明会。5月28日に行われる石巻地区での初ステップに向けて幸先の良いスタートを切れました✴









2017年5月29日

石巻市へようこそ

 
若葉のフレッシュな香りに伸びやかな気持ちになるこの頃。
昨日、待ち望んでいたサンファン石巻ステーション 第一回目のピティナ ピアノステップが無事終演いたしました。
ステップ前日である5月27日(土)の日中に、アドバイザーをしていただきました太田 留里子先生と本部の高橋 遼さんが石巻市へいらっしゃいました。
前日からの雨と寒さから一転、午後からは天気が回復し先生方を温かく迎え入れてくださいました
ステップ開催の前に石巻市を堪能していただきたいと思い、観光案内をさせていただきました。
 

まず向かった先は、サンファン石巻ステーションの由来でもあります「サン•ファン館」。
サン•ファン•バウティスタ号の老朽化に伴い東京五輪後に解体することが決まり、石巻市のシンボルを残したいと宮城支部長の伊藤 英三氏が命名して下さいました。
 
サンファンバウティスタ号.JPG
 
サンファン館では、サンファン祭に向けて屋台などの準備をしておりました。
海辺の方へ散策しますと「夢をかなえる鐘」がありました。
鳴らしてみますと、小さな鐘からは想像のつかない力強い音が響き渡りました。
一日も早く復興が進みますように、強く強く願うばかりです。
 
サンファン館 鐘.JPG
 
サンファン館の中では慶長使節の歴史や船の模型、生い立ちなどを見学しました。
長いエスカレーターを降りて、サン•ファン•バウティスタ号の前で先生方と記念撮影をさせていただきました。
 
サンファン4人太田先生高橋さん 記念写真.JPG
 
その後、太田先生の趣味が御朱印集めとのことで、絶景スポットでもあります「日和山神社」。
京都などの御朱印も集められたとのことで立派な御朱印帳をお持ちで、日和山神社では今年は酉年ということで鳥の印がおされていました
 
第一回ピティナピアノステップの成功を祈り参拝し、シュークリームが美味しいと地元で有名な「かざみどり」へ。東日本大震災のお話をとても親身になって聞いて下さり、太田先生の一つ一つの優しいお言葉に胸が打たれました。
 
かざみどり シュークリーム.JPG
 
急傾斜の坂を下り、いよいよ観光名所である「石ノ森萬画館」。
 
石ノ森萬画館 外観.JPG
 
石ノ森章太郎の手に握手をされる太田先生、気さくにこういったこともされて、車の中でも笑い声が絶えません。
ここでも素敵なスマイルをいただきました。
 
太田 留里子先生 握手 石ノ森にて.JPGのサムネール画像
 
石ノ森萬画館では、仮面ライダーのミュージアムがあったり可愛い展示がたくさんされておりました。

ステップ前日にも関わらず、疲れた顔一つ見せずに終始 笑顔でお付き合いくださいました太田先生と高橋さんには感謝いたします。
 
石ノ森萬画館 集合 2017.5.27(土).JPG

夕方には奈良井 巳城先生もご到着され、石巻ステーションのメンバーと懇親会をさせていただきました。
先生方のお話はとても面白く大いに盛り上がり、ユニークで気さくな代表の先生方に感銘を受けました。
楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ステップ成功を祈って、乾杯!
 
奈良井 巳城先生と太田 留里子先生 ステップ前日懇親会

ステップ当日のレポートへと続きます。
 
 
 
鈴木 絢佳
 
 

2017年6月11日

第一回 石巻地区ステップ、大成功!

本日 仙台市では東北絆まつりが行われ、街中が大変賑わっております。
5月28日(日)に開催をしたサンファン石巻ステーション 第一回ピアノステップが終了してから早くも二週間が経ちました。
ステップ 横断幕.JPG

ステップでは75組の方がご参加くださり、ピアノソロはもちろん、連弾やバレエもまじえて大好評のうちに終了いたしました。
先生方の熱い思いが広がり、お集まりいただいた参加者•保護者の皆さまからも嬉しいお声がたくさん届きました。
思い思いの素晴らしい演奏をたくさん聴くことができ、お手伝いさせていただけましたこと、スタッフ一同大変光栄でございました。
 
*上から、石巻ステーション代表 阿部 綾子、奈良井 巳城先生、
宮城支部長 伊藤 英三氏、太田 留里子先生、小倉 郁子先生
代表と支部長とアドバイザーと.JPGのサムネール画像

 
アドバイザーの先生方の講評では、演奏に関するアドバイスや大きなホールで弾く時のコツなどとても勉強になるお言葉をいただきました。
 
*ワンポイントレッスン受講生 千葉 凪紗さん

ステップ ワンポイントレッスン.JPG

 
合格証と一緒にお渡しするメッセージ用紙には、短い時間の中びっちりと演奏の長所や表現•テクニックのアドバイス、そして先生からの応援の言葉もあり、参加された皆さまも今後の励みとなったのではないでしょうか。
 
今回継続されました3名の方々、おめでとうございます。
 
5回表彰:菅原 明日香さん、阿部 楓恋さん

5回継続表彰.JPG

10回表彰:小山 楓月さん

10回継続表彰.JPG

生涯にわたってピアノを続けてほしいという願いから、ピティナのステージを多く経験した方を表彰しております。
これからも、皆さまの活躍するステージの一つとして応援させていただきます。
奮ってご参加くださいませ。
ステップ終了後 集合.JPG
今回のステージで、まだまだ幼く小さな手で夢中になって弾いていた姿や、部活と両立しつつも一生懸命にピアノと向き合っていた演奏、参加された皆さまの演奏が個性豊かにキラキラと美しく輝いていらっしゃる姿が印象的でした。
ステージの楽しみを皆さまと共有することが出来て大変嬉しく思います。
こうして初開催出来ましたのも、本部の方々のご準備、周りの先生方のご協力、楽器店さんのご援助、ご参加くださいました皆さまの暖かい励ましとお力があってのことと存じます。
この場を借りて心から厚くお礼申し上げます。
 
 
翌日には奈良井巳城先生によるブルグミュラーの講座が開かれました。
奈良井先生 ブルグミュラー講座 ピアノ弾いている.JPG
 
奈良井先生 ブルグミュラー講座 指.JPGこちらもたくさんの方々にお集まりいただき、ブルグミュラーの曲解説だけでなく、その時代に生きた作曲家たちとのつながりや性格など、指導者たちは目から鱗な情報を聞かせていただきました。
時間が足りず、もっともっと聞きたいというお声が多数ありました。
奈良井巳城先生、どうもありがとうございました。
 
ステップ翌日の講座後 ランチ.JPG
これからも皆さまが喜ぶステージや企画を開催していきたいと思っております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


鈴木 絢佳

2017年9月10日

小原 孝先生による公開レッスン&ミニリサイタル

 

ご無沙汰しております。

間隔があいてしまい申し訳ございません。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

7月16日、サンファン石巻ステーションの久我真奈美先生のつながりと、小原孝先生のご厚意により、石巻市で公開レッスンとミニリサイタルが満員御礼で開催されました。

小原孝先生は東日本大震災後、心の復興支援として「逢えてよかったね友だちプロジェクト」を継続的に取り組んでおります。

今回はCD「小原孝ブルグミュラーを弾く」発売記念イベント、9月のブルグミュラーコンクール石巻地区予選に向けて、そして何より被災地に元気と子どもたちの笑顔のため、開催に至りました。

 

公開レッスンでは4名の小学生・中学生に受講していただきました。

ブルグミュラーコンクールの課題となっている、

♪進歩・佐藤美優さん(小2)

佐藤 みゆ.JPG

 

♪やさしい花・千葉凪紗さん(小3)

千葉 凪紗.JPG

 

♪タランテラ・小野寺晴香さん(小5)

3番.JPG

 

♪空気の精・茂木美空さん(中2)

4番.JPG

 

公開レッスンでは、音の方向性や拍子のとらえ方、指・手のフォーム、曲の解説や子どもたちの演奏に伴奏をつけてくださるシーンもありました。

特に印象に残った内容が、「左手に表情をつけてよく歌って弾く」こと。

パワフルな3拍子、踊りの曲をあつかうようにまろやかな3拍子、軽やかさを重視した弾ききるような3拍子、2拍目と3拍目に空間をつくったウィンナワルツのような3拍子と、右手を同じように弾いても左手に表情をつけるだけでこんなにも変わる。

生徒さんたちも感じ方が変わったのか、レッスンを受けてから聴講者にも上達したのが見受けられるさらに魅力的な演奏となっておりました。

公開レッスン後のミニリサイタルも、柔らかいタッチと綺麗な音色、ユニークなお話と先生のお人柄の出たとても素晴らしい時間でした。

コンサート.JPG

 

帰りには写真会、握手会、CDを手に買われる方など大満足のご様子でした。

ご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

石巻市まで音楽を届けてくださった小原先生に感謝を申し上げますとともに、ピアノを習われていらっしゃる皆さまのますますのご成長、そして被災にあわれた方々が音楽の力で少しでも元気になられますようお祈り申し上げます。

 

小原孝先生、ありがとうございました。

 

 

 

鈴木 絢佳

 

 

 

2017年11月 1日

学校クラスコンサート 開催いたしました。

 

冷たい秋風が心にもしみわたる、しみじみとした季節を迎えました。静かに更けてゆく秋の夜長を、いかがお過ごしでしょうか。

 

9月4日(月)に菅原望さんによる学校クラスコンサートが開かれました。

Readyfor企画・仙台おりひめステーション代表 武内園子先生を筆頭に、石巻市立湊小学校と石巻小学校で開催いたしました。

 

学校クラスコンサート プログラム.jpg

 

石巻市湊小学校は東日本大震災で地震・津波の多大な影響を受けた地区の一つです。

地域が壊滅的な被害を受けたことから、現在 湊第二小学校が廃止となり、湊小学校へ統合となりました。改修後の綺麗な校舎からは、休み時間の子どもたちのにぎやかな声が聞こえてきました。

 

クラスコンサートは、子どもたちの大きなご挨拶から始まりました。

湊小 整列ご挨拶.JPG

 

きちっと整列していたことから一遍、好きなところでどうぞとお話があると、一斉にピアノの周りに集まりだしました。

子どもたちで埋め尽くされ、ピアニストが見えなくなるくらいみなさんピアノに興味津々でした。

 

      ※石巻小学校                            ※湊小学校

ピアノの演奏に夢中.JPGのサムネール画像 石巻小ピアノの中を観察.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

どんな作曲家がいるか知ってるかな?

子どもたちからは知ってるー!!の嵐。

子どもたち一人一人に耳を傾け、たくさんのコミュニケーションをとっていました。

 

クイズ.JPG

 

演奏は迫力ある「革命」からはじまり、「エリーゼのために」、ファジル・サイがジャズのように編曲した「トルコ行進曲」、「月の光」とどこかで耳にしてきたであろう有名な曲を披露しました。

曲の合間に解説やクイズや楽しいトーク、菅原さんの答えに子どもたちの大爆笑もあり大喜び!

演奏クイズでは、どちらの手が主旋律なのか、何回テーマがなっていたのか、どこで弱音ペダルをはなしていたのか、ピアノを弾くうえで大変重要で必要なことをあえてクイズ形式にし、子どもたちからは集中して数える様子や静かに耳を澄ませ聴き惚れる様子、目からも耳からも心躍る演奏ばかりで子どもも先生方もくぎづけでした。

 

笑顔でくぎづけの子どもたち.JPG

 

その後も、「クシコスポスト」の演奏に運動会の曲だ!とピアノの周りを走り回る子や、スペインの情熱的な音楽「火祭りの踊り」に驚きの表情と、楽しい時間はあっという間でした。

子どもたちからは感謝の気持ちを歌にのせて、「フレンドシップ」を元気にプレゼントしてくれました。

最後は武内先生の鍵盤ハーモニカと子どもたちの合唱による共演で、「夢をかなえてドラえもん」をみんなで演奏しました。

終わった後は感動・喜びの声と、たくさんのお礼の言葉、笑顔いっぱいの終演でした。

 

石巻小 共演.JPG 共演 湊小.JPG

 

 

 

 

 

 

当日の様子は、河北新報社・テレビ局 東北放送から取材があり紹介されました。

 

学校クラスコンサート 新聞.JPG

学校クラスコンサート テレビ.jpg

 

震災後、社会の大変さを感じたであろう子どもたちが少しずつ当時の恐怖を薄らいでくれますよう祈って。

演奏してくださったピアニスト菅原望さん、当日までの準備や運営をご教授くださった武内園子先生に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

鈴木 絢佳

2017年11月 2日

ブルグミュラーコンクール 石巻地区大会を開催いたしました。

 

味覚の秋、行楽の秋、芸術の秋となりました。

 

910() 石巻市遊楽館に於いて、ブルグミュラーコンクール 石巻地区大会を開催いたしました。

 

遊楽館ホール.JPG

 

天気にも恵まれ、第一回石巻地区予選では84名の方が出場されました。

活気に満ちたステージが繰り広げられており、コンクールには多くの観客も訪れ、若い音楽家を応援する熱気に溢れていました。

純粋な音色や表情・エネルギーに、日頃より十分練習されている成果を見受けられ、これまで取り組んできた集大成を出し切ろうとする姿や演奏にスタッフ一同 心打たれました。

 

 

今回、満足する演奏表現が出来た方も、思うような演奏が出来なかった方も、ステージに立つという経験を重ねることで自信や達成感・充実感をもつことができ、緊張しても不安な気持ちや舞い上がってしまうことが少なくなり気持ちが安定します。

ひとつの経験はこれからの財産となります。緊張してもうまく向き合えるようなメンタルを保持できるよう、練習してきた時間を称えさらなる向上心をもって日々の練習に励んでいただきたく思います。

また素晴らしい成長の成果を聴かせていただけますことを楽しみにしております。

 

 

 

審査を務めてくださった先生方をご紹介いたします。

田原 さえ先生、菅原 望先生、武内 園子先生のお三方でした。

先生方、どうもありがとうございました。

 

ブルコン 審査員と.JPG

 

当日はサンファン石巻ステーションのメンバーの他に、宮城支部長と宮城支部所属の先生方にお力添えをいただきました。

 

ブルコン スタッフ.JPG

 

ご参加いただいた皆様、ならびにご支援・ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

なお、113(金・祝)に日立システムズホールに於いて、東北ファイナルが開催されます。

 

出場されます皆様、出演された皆様のご活躍と成長をお祈りいたしております。

 

 

 

 

石巻地区大会の様子が河北新報に掲載されました。

 

ブルコン 新聞.JPG

 

受賞された皆様、おめでとうございます。

受賞されました方々の一覧はこちらです。

http://www.piano.or.jp/partners/2017/09/11_23444.html?_ga=2.15673074.576818191.1509522826-788680036.1486368213

 

 

 

 

幼児 優秀賞.JPG

幼児 奨励賞?.JPGのサムネール画像

小1.2年A.JPG

小3.4年A.JPG

小3.4年B.JPG

小5.6年B.JPG

中学生.JPG

高校生~一般.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木 絢佳

2017年11月23日

若き演奏家の夕べ 終演

 

115()「若き演奏家の夕べ~杉元太・三浦梓 Joint Concert」が無事終演いたしました。

 

 

若き演奏家の夕べ プログラム.PNG

 

プログラムは、

 

J.シュトラウス2世:春の声

木下牧子:おんがく

木下牧子:竹とんぼに

F.リスト:愛の夢

ワーグナー=リスト:イゾルテの愛の死

W.A.モーツァルト:オペラ'フィガロの結婚'より「恋とはどんなものかしら」

 

E.デッラックア:ヴィラネル(牧歌)

J.オードウェイ:旅愁

野上彰:落葉松

F.リスト:コンソレーション第3番 変二長調

F.ショパン:スケルツォ第3番 嬰ハ短調 Op.39

G.プッチーニ:オペラ'ジャンニ・スキッキ'より「わたしのお父さん」

 

 

若き演奏家の夕べ 1部写真.JPG 若き演奏家の夕べ 2部写真.JPG 杉元太 ピアノソロ写真.JPG

 

 

アンコールは、

F.ロウ:マイ・フェア・レディ

中島みゆき:糸

 

若き演奏家の夕べ 花束の贈呈.JPG

 

会場には330人超のお客様にご来場いただきました。

 

若き演奏家の夕べ お客拍手 満員.JPG

 

日頃より応援して下さっている皆様、お越しくださった皆様、後援いただきました皆様、ならびに関係者の皆様、素晴らしい演奏をしてくださった出演のお二方、スタッフ一同 御礼を申し上げます。

 

終演後の写真撮影の際に、ステーションメンバーである大木利賀子先生がお誕生日ということで、即興でハッピーバースデイをみんなで歌いました。

プロの歌声とプロのピアノ伴奏、最高のお誕生日と大喜びでした。

 

若き演奏家の夕べ 集合写真.JPG

 

多くの方の温かい支え・応援と、何より出演者の素晴らしい演奏に、私たちにとってもきっとずっと忘れられない一日となりました。

感謝の思いでいっぱいです。心より感謝申し上げます。

 

この先も目が離せない注目の演奏家です。

今後もサンファン石巻ステーションでは地元の活気を願い、地元の演奏家を応援していく所存です。

 

若き演奏家の夕べ 演奏者お二方の打ち上げ.JPG

 

杉元 太さん、三浦 梓さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

鈴木 絢佳



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナサンファン石巻ステーション