« 前の記事| 後の記事 »

高松春季ステップ開催レポート(2017.4.29-4.30)

2017年4月29(土)、30(日)の二日間にわたり、 サンポートホール高松にて春季ステップが開催されました。
赤松林太郎先生、小西裕美子先生、佐藤祐子先生をアドバイザーにお迎えし、
117組総勢120名以上の出演者による生き生きとした演奏がGWの高松に流れました。

コンペ前ということもあり、1日目から熱演の連続です。
演奏からはもちろん、選曲や衣装からも出演者のこだわりが伝わって参りました。
その、初日1部2部継続表彰の様子です。

続きまして、2日目の継続表彰の様子です。
まず3部4部、小さな生徒さんの愛らしい演奏を聴く事が出来ました。

5部6部では、学び盛り伸び盛りのみずみずしい演奏がたくさん!
画面いっぱいに、こんなに大勢の皆さんが表彰されました。

7部8部も、素敵な笑顔でパチリ!

9部は長くピアノを続けておられる皆さんの素晴らしい演奏ばかり!
その中でも継続10回の方が表彰されました。

そしてアドバイザーの先生方は、これら全ての出演者の皆さんに温かいご講評を下さいました。

特に、美しい音を響かせるためにピアノの弦の長さ、ピッチ、倍音について興味を持つ事、ペダリングにこだわる事をアドバイス下さった赤松先生のお話は非常に印象的でした。
3名の先生方、本当にありがとうございました。

トークコンサートでは、赤松林太郎先生による クレメンティ「ソナチネOp.36-4台1楽章」 ブルグミュラー「空気の精」 フリブレ「アンニック」 ラフマニノフ「鐘」などが演奏されました。
コンペを意識したプログラム、またアドバイスでお伝え下さる立体的な音の響きを会場の皆さん ご一緒に体験できるようなプログラムでした。

写真では分かりませんが、赤松先生の両足が絶え間なくペダルを踏み分けており、 遠くまで届く音、深く長く残る音、美しく濁る音が次々と生み出され客席を魅了しました。

当日は赤松先生のCDも販売されました。

「ふたりのドメニコ」他2枚、バロックから近現代、リベルタンゴなどに至るまで、 同じピアノでもこんなに多彩な音色が味わえるのかという、大変贅沢な内容のCD。
この日も多くの方が買い求めていました。

最後に、高松バスティン研究会の有志による鍵盤ハーモニカ部「コンセールオリヴィエ」も 出演させて頂きました。

鍵盤ハーモニカはピアノ以上に呼吸やフレーズ感のこだわりが伝わる楽器です。
著者の横田もこの時メンバーとしてステージに居ましたが、観客の皆様が笑顔で 聴いてくださっており、大変嬉しく、楽しく演奏が出来ました。

最後になりましたが「コンセールオリヴィエ」の面々、夜遅くにもかかわらず熱演をお届け下さった9部の皆様の写真をお届けして、開催レポートを終えたいと思います。

2017.5.13 記 横田明子
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナさぬき高松ステーション