« 前の記事| 後の記事 »

高松春季ステップ開催レポート(2018.4.29-30)

2018年4月29・30日の二日間に渡って、サンポートホール高松 第1小ホールにて、
高松春季ステップが行われました。
コンペ(ピティナ ピアノコンペティション)を意識した出演者も多く、
117組もの皆さんの熱い演奏がGW前の高松に響き渡りました。
アドバイザーに 赤松林太郎先生、木村理恵子先生、矢崎恵子先生をお迎えし、
コンペに向けての貴重なアドバイスを頂くことも出来ました。
では、スケジュールに沿ってプログラムを振り返って参りたいと思います。

4/29の第1部、第2部では、初めて参加の小さな生徒さんから中高生の方による、
みずみずしいソロや連弾、先生と保護者の方たちのアンサンブルなどが行われました。
コンペを意識しつつも、まずは素直に音楽を楽しみ、上達したいという気持ちが伝わる、
伸び伸びとした印象の第1部、第2部でした。
その皆さんの継続表彰の様子です。


4/30は第3部~第9部までが行われました。
午前中に行われた第3部、第4部、第5部は、習い始めたばかりの小さな生徒さんから、
部活や受験勉強と両立させながら続けている中高生の演奏でした。
ソロだけでなく、先生やお母様との連弾や声楽の披露など、
それぞれのペースで頑張っている楽しい演奏の数々が印象的でした。
その皆さんの継続表彰の様子です。


第5部の最後には、高松バスティン研究会内の鍵盤ハーモニカ部、
コンセールオリヴィエによる鍵盤ハーモニカアンサンブルも演奏させて頂き、
記者の私も楽しく参加させて頂きました。


午後からの第6部、第7部は、習い始めて数年以上の伸び盛りの生徒さんが多く、
進学しても大人になっても長く楽しみたい、
そのために上達したいという熱意の伝わる演奏でした。

コンペを意識された方も多く、音色やペダリング、音の響かせ方、
次の曲までの間の取り方など、高度なこだわりも感じられました。
その皆さんの継続表彰の様子です。


第8部は、連弾を多く含む、コンペを意識した方々の多いプログラムでした。
さらに上を目指すための攻めのセットリストの数々が並び、
小学生とは思えない深みのある音色で
ロマン派や近現代曲を歌いきった素晴らしい演奏が多かったです。

ステップ最後をしめくくる第9部は、生涯にわたってピアノや音楽との向き合い方、
人間性の深め方を追求されている、大人の方々の演奏でした。
第8部までの子供たちが弾いていたピアノと同じ楽器とは思えないような、
深みのある音色、奥行きや空間の広がりを感じる響き。
どんな思いで今日のために練習なさって来られたのかと思うと、
熱くこみ上げてくるものがありました。
その皆さんの継続表彰の様子です。

 
アドバイザーの先生方は、そんな私たちにピッタリ寄り添うような
温かいご講評をくださいました。
赤松林太郎先生からは、本番への向かい方についての具体的なアドバイス。
コンクールを意識しているなら、本番ピアノとの一発勝負の向き合い方を、
人生経験としての本番なら作品や演奏者の生き様を時間芸術として表現してほしい、
ということ。
矢崎恵子先生からは、当時のリズムを正しく知ることの大切さや、
日ごろの練習で気を付けるべきこと。
フレーズは言葉のまとまりとして意識すること。
姿勢について、すぐ立ち座り出来る場所に足があると良いこと。
木村理恵子先生からは、何となく歌うのではなく数値化したり視覚化したりして、
客観的に考えること。
厳密に計画を立てて練習すると、曲の構成を把握するのに役立つこと。
打鍵だけでなく離鍵スピードで解決する場合もあること。
感謝を忘れないことなどを、アドバイス頂きました。
先生方、どうもありがとうございました。

最後に、赤松林太郎先生によるトークコンサートについてレポートいたします。
二日間に渡り、コンペ課題曲や、
ファリャ「火祭りの踊り」、ピアソラ「リベルタンゴ」、
そしてリスト「ハンガリー狂詩曲」など聴きごたえのあるセットリスト。
千変万化の音色、繊細かつダイナミックなペダリングで客席を魅了してくださいました。

この二日間を通して、様々な年齢やレベル層によって、それぞれの音楽、
ピアノとの付き合い方、本番との付き合い方があるのだなと強く感じました。
これから色々な曲に挑戦したいという初心者の方、伸び盛りの方。
少しでも良い演奏に近づきたいという伸び盛りの方、コンペに向かっている方。
部活や受験の両立や、自分のペースでの楽しみ方を模索されている方。
大人になっても末永く楽しみたい方。
こうしてみると、ピアノは本当にどなたでも、何歳の方でも楽しむことが出来る
素晴らしい人間の財産なんだなと思います。
この二日間、会場に集った皆さんがこれからもそれぞれのペースで続けられ、
またステップで再会出来ることを願いつつ、開催報告レポートを終えさせて頂きます。
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナさぬき高松ステーション