2019年1月28日

恒例!ライセンス筆記試験対策勉強会

まほろばステーション恒例の対策勉強会を、以下のように行います。
受験の有無に関わらず、ご興味ある方、どなたでもご参加ください。楽しくお勉強いたしましょう。

時 4月25日(木)10時半~12時半
所 泉サンリツピアノパーク
参加費 1000円

上位合格者多数。お軽にお越し下さい。待ちしておりま~す!



2018年12月12日

第5回「大人のピアノ愛好者のためのサロンコンサート」終了しました。

「愛好者のためのサロンコンサート」は、今年節目の5回目を迎えることができました!
ステーション立ち上げ時、全くのゼロからスタートした会。
ピアノ教室の垣根を超え、ただピアノが好きという愛好者の居心地の良い会を目指しておりましたが、予想をはるかに超える会に育って来ております。
そして今回は、5回の節目にふさわしく、ピアノへの愛に溢れた、びっくりするくらいレベルの高いコンサートとなりました。

「お久しぶり!」「お元気でした?」笑顔の再会のご挨拶ののち、プログラムは、ショパンエチュードop.10-1でスタートです!
ピアノの森のオープニングに使用されているこの曲、まさに始まりにぴったり。
おかわり自由のフレーバーティ、コーヒー、ジュースを飲みながら途中のケーキタイムを挟み、熱演が続きます。
新しいメンバー7人も加え、青森や福島から毎年のようにご参加くださる常連さんもいます。

弾く前に一言、ピアノとのかかわりをお話しいただくのですが、さすが大人の会。
皆様の人生が垣間見られる、曲やピアノとの関わり方をお話しくださり、それを伺った後に聴く演奏は、たぶん違って聴こえてきます。
常連の方々はさすがのコメント力。
言葉の端端から、ピアノが生活の一部となっていること、また、この一年この会を目標に練習を重ねてきたことが分かります。

今年は、ショパンの「エチュード」「英雄ポロネーズ」「ワルツ」「子守唄」「ノクターン」、ラヴェル「ソナチネ」、セヴラック「セルダーニャ組曲より」、シューマン「アラベスク」、シューベルト「即興曲」、バッハ「平均律」、ドビュッシー「グラドゥスアドパルナッスム博士」「レントより遅く」、グリンカ「ひばり」、そして、季節にぴったりのジャズやポピュラーもありました。

大人はピアノ歴、練習環境などバックグラウンドはそれぞれです。
上手い下手を問う演奏を求める会ではありませんが、会を重ねるごと、本当にピアノと練習とがお好きな方々が来てくださっているのだなぁと思わせられる、驚くべき完成度の演奏の数々。
そして、皆さん、落ち着いてリラックスしていらっしゃるように見えます。

お客様も、最後まで席をお立ちにならず、約3時間の会は、庭のイルミネーションが美しく瞬く中、無事終了いたしました。

写真を撮り合ったり、時間ぎりぎりまでおしゃべりや情報交換。
初めて会ったのにすっかり意気投合し、打ち上げに繰り出す方々も多数。

その夜から続々とメールで感想が届き、皆さんそれぞれの演奏にとても感動したご様子でした。
ご参加ありがとうございます。
主催者側も思いがけず皆様と繋がる事ができ、とても楽しみなイベントとなっています。

来年も開催します!
7月のステップと併せてまたお会いできるのを楽しみにしております‼︎

以下、当日のアンケート、またメールでの感想より抜粋です。

・こんな会を求めていた。迷ったが参加して良かった。
・ピアノが好きという事で繋がっている良い時間を共有できた。
 刺激をもらいモーチベーションが高まった。
・演奏の質は高いのに暖かい雰囲気で、リラックスして弾くことができた。
・上手い下手など関係なく、ピアノ好きな事、お互いの成長を喜び合う気持ちなど再確認できた。
・来年は転勤で東京だが、可能なら仙台まで来て参加しに来たい。
・この一年この会を目標に練習してきた。ずっと続いて欲しい。
・コメントを聞き演奏を聴く事で、また違った聴き方ができた。
 人生がかいま見え、勇気と元気をもらった。
・ケーキタイムが嬉しかった。
・自分が出て良いものか迷ったが、来て良かった。
・世代を超えた交流ができた。
・この素敵な場所に居られる幸せを感じた。次は何を弾こうか楽しみだ。
・毎回ステップとは違う発見がある。

2018年11月29日

大人のピアノ愛好者のためのコンサート 来週です!

第5回「大人のピアノ愛好者のためのサロンコンサート」

12月8日(土)14時開演です。毎年、本当に素晴らしい演奏のオンパレード!

見学ご希望の方は11月30日まで、以下連絡ください。




2018年10月 9日

ライセンス試験対策勉強会、明日です!

恒例、まほろばステーション主宰、ライセンス筆記試験対策勉強会!
笑って楽しく、音楽を読み解く常識的な知識を身に付けていきましょう。
毎回上位合格者多数です。初めての方も大歓迎!


所 泉サンリツピアノパーク
時 10月10日(水)10時半~12時半
会費 1000円

お待ちしております!^^

お問い合わせは、以下まで。






2018年7月28日

第5回「大人のピアノ愛好者のためのサロンコンサート」

恒例「大人のピアノ愛好者のためのサロンコンサート」のお知らせです。

お蔭さまで、今年で5回目を迎えることができました。どなたでも、ご参加いただけます。ニューフェイス、大歓迎!まだまだ先ですが、ゆっくりご準備いただきたく、お知らせいたします。

・時  12月8日(土)14時開演(1時45分開場)
・場所 ルフラン(青葉区中央2-9-7)
・会費 お一人6500円、お客さま1500円。(全員にケーキセットがつきます。)
・申込み〆切 11月20日(定員に達し次第締め切ります。)
・曲は、お一人10分以内にてお願いいたします。ジャンルは問いません。
・曲目締切 11月20日
・お申し込み、問い合わせは、以下、仙台まほろばステーションまで。

過去のコンサートのレポートもご覧いただけます。

ご参加お待ちしております!

2018年7月27日

仙台7月ステップ開催レポート(2018.7.21)

7月21日(土曜日)仙台でも朝からぐんぐん気温が上がる中、仙台7月地区のステップが開催されました。 まほろばステーションにとって、節目の5回目となるステップ。今回も108組ものみなさんにご参加いただき、締め切り日前に定員となりました。多数のご参加ありがとうございます。

アドバイザーは、節目ということもあり初回に続きお願いいたしました林苑子先生をはじめ、トークコンサートの鈴木弘尚先生、松下知子先生、遠藤操先生と、素晴らしい先生方をお迎えできました。

緊張の面持ちの皆さんですが、スタッフがアナウンスや誘導でアットホームで暖かい雰囲気を作ってくれます。



先生方の分かりやすい中にも音楽の奥深さを感じさせる講評に、皆さん頷いておいででした。



いよいよスタッフはじめ多くの先生方が楽しみにしていた鈴木弘尚先生によるトークコンサートです。ロシアの流れを汲む先生の真骨頂ラフマニノフの「鐘」からスタート。鐘の音が会場に響き渡り、小さいお子さんが多いにもかかわらず、会場が水を打ったようにしーんとなり、響きの最後まで耳を澄ませているのが分かります。続いてご自身の編曲による華麗な「天空の城ラピュタ」。ショパンの「ノクターン」2曲、そして最後は圧巻の「英雄ポロネーズ」!予定時間を超えての熱演でした。



この演奏を、参加者の皆さんと同じ空間、同じピアノで無料で聴くことができる贅沢!このコンサートをお聴きになれた方は、本当にラッキーでした。本物の音楽が感受性豊かな生徒の皆さんの心にどんな風に入り込んだことでしょう。

その直後の部で弾いたある参加者の方は、「鈴木先生が弾く前の集中の仕方や、弾いている時の姿を真似してみた。」そうです。^^

ワンポイントレッスンも、たった10分ですが、ご自身がお弾きになっての説得力あるものでした。



所狭しとぎりぎりまでコメントを書いてくださった先生方ありがとうございました。朝から夜まで本当にお疲れ様でした!



スタッフの皆さんも、長時間お疲れ様でした!



2018年7月25日

ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか?

2018年7月20日(金)に山野楽器 仙台店8階 イベントスペースにて林 苑子先生をお招きし、「ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか?」を開催いたしました。

林先生の新セミナーが仙台にてスタートです!今までにない左手に特化した講座に、暑い中夏休み直前にもかかわらず多くの先生方がお集まりくださいました。
会場のピアノは、左手を見えやすくするため逆に置き、左手の特徴をそれぞれ机の上で再認識するため紙鍵盤も用意するなど、準備は万端です。

一般的には利き手ではない「左手」の特徴を理解するところから講座は始まります。

ピアノに座り両手を構えると、誰でも左手は右手に比べて、ひじの位置が低くなりがち。ひじが下がると、小指や手のひらが傾き、指が垂直に入りにくい。紙鍵盤を使って机の上で実体験です。

指は鍵盤のどのあたりにあることが望ましいのか。黒鍵を使うポジションの場合、例えばDEFや、Des,Es等のポジションで「どんぐりころころ」などを移調し弾く場合、どの指が鍵盤の奥の黒鍵の谷間にあり、どの指とどの指が開いているのか等を、受講者全員で紙鍵盤で体験し、一本づつ確認しフォームをチェックします。手や指のどこをどう意識すると直しやすいのかなど、具体的にお話しくださいます。

ピアノ学習の始めから、手のフォームをしっかり作ること。楽譜を見るだけでなく、ピアノと手をよく見る事が大切。解剖の本などを見せ、また色々なポジションの手の形を実際絵に書いてみるなど、生徒が手に興味を持つようレッスンで始めから意識付けしていく事の大切さをお話になりました。

練習も左手からやるのが望ましく、「左手コーナー」を作るなど、初期からそれが当たり前になるように指導する事が大切とのこと。

続いて、ピアノを弾く際のからだの使い方へと話は進みます。左半身、右半身、背中、かかと、丹田。
肘の裏、手の裏側をよく見て、「裏」を意識することが肝心とのこと。

「バーナム」を左手に特化しての一曲づつのレッスンポイントをご説明。さらに、4期における左手の役割、例えば、バロックの舞曲は左手は足、古典のアルベルティバスの弾き方の極意、左手を別な楽器に例えた弾き方など、話はどんどん発展します。今年のコンペの課題曲における左手の練習の仕方も詳しく丁寧に伝授。

なんと、二刀流の宮本武蔵の「五輪書」にまで話は及びました。

脳科学的にも、非利き手を使うことで、脳が活性化するだけでなく、同時に利き手の能力も高まるというデータがあるそうです。



最後は、スクリャービンの「左手のための小品」をお弾きくださり、講座は終わりました。今だ演奏活動を続けていらっしゃる林先生の左手の素晴らしい演奏に一同大変感銘を受け、全てはここに繋がるのかと納得した次第です。



「左手」というシンプルなテーマから、こんなにも多岐に渡った考察の可能性があることを教えていただきました。

Rep:大野 芳枝

2018年7月19日

林苑子先生新セミナー!明日です!「左手上手」(ヒダリテジョウズ)になりませんか?

林苑子先生新セミナー

「左手上手」(ヒダリテジョウズ)になりませんか?
~左手が変わると音楽が変わる!~

時 7月20日(金)10時半~12時半
所 銀座山野楽器仙台店 8F イヴェントホール
会費 PTNA中央支部会員 1000円、その他 3000円

お申し込みは、こちらから。



2018年7月18日

仙台7月ステップ開催します(2018.7.21)

ごあいさつ

皆様こんにちは。
仙台まほろばステーションのステップに、ようこそお越しくださいました!

本日は、108組もの方が演奏なさいます。
スタッフ一同、皆様に気持ちよく演奏していただけるよう、
心を込めて準備を進めてまいりました。
ご不明な点など、お気軽にスタッフにお声掛けください。
音楽を通じて、有意義な楽しい時間をお過ごしいただければ幸いです。

毎回お馴染みのトークコンサート。プロのピアニストの演奏やレッスンを、
身近に生で体験できるチャンスです。
今回は、ピアニスト、鈴木弘尚先生にお願いすることができました!
最高に美しい響きを、どうぞご堪能ください!

会場入り口には、いつものように「コミュニケーションカード」を
沢山ご用意しております。
演奏された方どなたへでもメッセージが送れます。
感想などを書いて赤いポストに入れると、ちゃんと相手に届きます。
もしかすると、あなたにも誰かからカードが届くかもしれませんよ!

                 
仙台まほろばステーション 代表 大野芳枝 
スタッフ一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年7月13日

ライセンス筆記試験「対策勉強会」!

まほろばステーションでは、恒例の対策勉強会を開催いたします。
毎回予想問題が的中です。

5月の試験では、和声オタクの神山先生が見事、99点で、全国一位でした!!

勉強の方向性、傾向など、ご一緒にお勉強いたしましょう。受験に関わらずどなたでもご参加いただけます。

時 10月10日(水)10時半~12時半
所 泉サンリツピアノパーク
会費 1000円

お申し込みはこちら。 

おまちしております!!


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ仙台まほろばステーション