セミナー アーカイブ

2009年7月30日

2009スペシャルキッズ(SK)レベルアップレッスンスタート

7月26日(日)ミリオン楽器南越谷店に於いて、SKレベルアップレッスン2年目がスタートしました。
夏休み中、久しぶりの晴天に恵まれた日曜日にも関わらず、26名のキッズ達が元気に集まってくれました。

特別講師の先生方は、昨年に引き続きP、Aコース安橋倫子先生、Bコース松本あす香先生、Cコース橋場多恵子先生にお願いいたしました。
今年の特徴の1つとして、P(プライマリー)コース未就学者を設置しました。昨年は小学1,2年生と一緒のグループでしたが、今年はより細やかなレッスンを行う事になりました。

第1回目は昨年と同様にコンサート形式で行われ、特別講師の先生方に講評を書いていただきました。
新しいSK達は、はじめての演奏にとても緊張をしていたようですが、2年目のSKは、たくさんの人の前での演奏もなれていて、余裕さえ感じられました。

特別講師の先生方から、今年はかなり基礎力のついているSKが多いと講評をいただきました。
昨年手探り状態ではじめた企画でしたが、今年は、指導されている先生方も内容を理解していただき、参加させる生徒さんを選んでいる感じがしました。
特別講師の先生方も参加させた指導者とのディスカッションで、どのようなところに重点を置いてレッスンを進めたら良いかなど、ひとりひとりのSK達の状態を熱心に聞いてくださり、「できる限り協力し、SK達を伸ばしてあげたい」と心強いお言葉をいただきました。

9月6日から公開形式の個人レッスンがはじまります。
聴講の先生方も少しずつ増え、SKレベルアップレッスンが地域に浸透していることを感じます。

今年も、どんなレッスンが繰り広げられるのでしょうか。そして来年6月の修了コンサートでどんな演奏をしてくれるか今から楽しみです。
HP_0001.jpgHP_0002.jpgHP_0003.jpgHP_0004.jpgHP_0005.jpg

2009年9月22日

2009スペシャルキッズレベルアップレッスン2回目

2009SK-2.jpg


2009年9月6日、13日(日)
真っ青な空と爽やかな風の下、SKがスタートしました。芸術の秋に相応しく向上心を胸に抱いた生徒さん達が二週に分けて集まってくれました。同じグループの演奏や、一人一人の公開アドバイスレッスンに耳を傾ける積極的な姿勢が見受けられました。

Bグループ 松本あす香先生のご指導では
「音」をキラキラさせるためのコツにつながるテクニックの意味や、弾く前の手のもっていき方と弾き終えた後の手の使い方、全ての手の動作が「音」に結びついている事をキッズ達が実感できたレッスンでした。その手応えに何かを悟ったかのように目をきらきらさせながら帰って行く姿が微笑ましかったです。 

P、Aグループ 安橋倫子先生のご指導では
一人一人に「指先に意識がいくように」との想いで、小麦粘土を鍵盤に見立てた先生手作りのカラフルな鍵盤に、小さなキッズ達は勿論の事、父兄や指導者まで夢中になりいつしか童心にかえっていました。その中で、粘土を鍵盤のように押す事ができたキッズたちは緊張もほどけ、得意気な顔で素敵な演奏を披露してくれました。最後に先生は「皆のタッチを大事にする一年にしたい」と述べられ、先生の魔法の意味の深さに感動せずにはいられませんでした。

Cグループ 橋場多恵子先生のご指導では
メロディーと伴奏の音のバランスをよく聴く事は勿論の事、オクターブがしっかり届くようになった学年だからこそ、どのように弾いたらより響きが綺麗に聴こえるか。下半身の安定感がどれだけ音の響きに繋がる重要なものであるか。一番大切に考えなくてはならない項目に真正面から確かめ合ったとても充実したレッスンでした。終わった後の心地よい余韻がとても印象的でした。

これから1年を通して、キッズたちの心と体の成長を間近で味わう事のできる幸せを、多くの指導者に体験してほしいと思いました。(s/c)

2009年11月 6日

SK指導者コース

20091104104158.jpg11月4日にSK指導者コースが行われました。運営委員会でSKの話し合いをしている時に、多くの先生方から「自分も勉強したい」との声があがりました。早速その旨を特別講師の先生方にお話しし、11月のSKの前にと一気に話が進みました。実際に参加された先生の感想をお伝えいたします。


講習会に参加して  (C/I)
生徒が一人、SKに参加しています。その際に、松本先生が指のはねあげなど指導して下さるのを見て、自分も真似してみるのですが、細かいところまでどうもよく分かりませんでした。
今回の講座ではそれを実際に体験でき、松本先生にご指導いただけるということで、私にとって願ってもないチャンスでした。しかし他の先生も見ている中での体験、ということで、恥ずかしいのも事実です。~けれども当日はそんな心配はまったく無用、実に明るく楽しい雰囲気の中での講習となりました。実際に体験してみると、目には見えない体の中の動きがよく分かります。この練習をするときの大切なポイントも少しわかったような気がします。
家に帰るとちょうどSKに参加しているYちゃんのレッスン。今までより、具体的な言葉で伝えられたような気がします。Yちゃんの音もきれいな音に変わっているのがはっきりわかります。
この日の講習は、Yちゃんのため、そして自分のためにもなる有意義なものでした。
お忙しい中、一人ひとりに丁寧にご指導くださった松本先生、本当にありがとうございました。

2009年11月12日

スペシャルキッズレベルアップレッスン4回目

色とりどりの落ち葉に秋の深まりを感じる中、第4回のキッズレッスンが行われました。あちこちで学級閉鎖と聞きますが、この日のキッズは、全員出席でした!

Bグループ 松本あす香先生のレッスンです。
今日も一人ずつテクニック課題をチェックします。カレンダーにはたくさん練習した○がついていて先生からごほうびシールもとびだしました。手の運び方がみんなにわかるように「みんな来て!」とキッズをピアノの周りに集めて説明する場面も。先生は既に来月の課題も作成済みで、「次はこの課題になるからね。」と予告されていました。
「今月もしっかり頑張らなきゃ!」みんなそう思ったことでしょう。松本先生には、私達指導者もセミナーを受けさせていただいたばかりだったので、日頃の指導のポイントがよくわかりました。


P・Aグループ 安橋倫子先生のレッスンです。
まずはドレミファソファミレをしっかり弾く課題から。白鍵スタート、黒鍵スタート、
できるところから無理のないように。先生は一貫してこれをしっかりしたタッチで弾けるようにとご指導して下さいますが、曲に中にはあちこちに順次進行があり、「ここ、ドレミファソファミレと同じだね。」と、キッズが自分で気がつくように言葉がけをしておられました。今日は3グループとも「おなか、しっかり元気にして!」と、お腹からしっかり支えるようにご指導を受けました。「座る位置で音は変わります。ほとんどの方が体が逃げてしまっている。腹筋を使うこと、どう座るかが大事。これができたうえで、その子なりの音量で弾くように。」という指導者に向けてのありがたいご指摘は、反省とともに感謝の気持ちでいっぱいでした。


Cグループ  橋場多恵子先生のレッスンです。
今日から一人仲間が増えました!せっかくのグループレッスンですから、お友達が増えると刺激も、吸収する事も多くなりますよね。キッズのレッスンでは先生も前の方のレッスンを聴いている事をふまえてお話されます。そしてどのグループもとても静かにお友達のレッスンを聴いています。きっと自分のレッスン以外にも沢山の事を吸収しているはずです。さて、Cグループの橋場先生は「響き」をとても大切にご指導してきださいます。今日も「響きで気持ちを表現する」「響きの種類をイメージする」・・・・・など、いろんな言葉で理想の音へと導いてくださいます。そしてキッズもそれに応えて
演が変わっていくのです。Cグループではインベンション、ツェルニー30番の曲などもレッスン曲になっていますが、どの曲もさらに音楽的に素敵な演奏になっていき、今後も楽しみです。

Cグループが終わるころ、もうとっくに陽はくれています。
私達指導者もたっぷりお勉強させて頂いた一日でした。(k/k)

2012年3月16日

【実施レポ】2012コンペ課題曲セミナー(菊地裕介先生)

blog120314abiko_kikuchi.jpg2012年3月14日(水)?ミリオン楽器 我孫子店 3階にて菊地 裕介先生による『2012年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲説明会』が開催されました。
 
A2級からC級までの課題曲の解説をしていただきました。
菊地先生の巧みな演奏、時代背景や作曲者の意図、演奏者からの視点などを、織り交ぜた独自の解説にとても惹きつけられました。受講者からは、演奏の素晴らしさ、解説の丁寧さなど大変好評でした。

菊池先生、ありがとうございました。

(Rep:株式会社ミリオン楽器我孫子店 盛 計太)

2012年6月 1日

【実施レポ】「テクニック・クリニック」(石嶺尚江先生)

blog120515koshigaya_ishimine.jpg2012年5月15日10:00から12:30まで、、石嶺 尚江先生をお迎えし「テクニック・クリニック」セミナーを開催致しました。
今回は58名と、大変多くの方が受講されました。

35項目に渡る様々な問題点と改善策を全て解説頂き、非常に具体的で即レッスンに使える物ばかりの内容でした。

先生ならではのユニークかつ効果的な方法は、どれも感心させられる事ばかり!受講された先生方も資料に熱心にメモを取り、日常のレッスンと比較してみたり・納得してみたりと、関心の高さが分かりました。

受講者の方々より「次回の講座はいつ頃?」との質問が多数有りましたので、早速来年初旬頃で企画をしたいと思います。

普段から子供をレッスンしている石嶺先生だからこそ出来る素晴らしい講座だと思いますので、関東でも多数開催して地域のレベルアップを図っていきたいと願っています。

(Rep:ピティナ草加・越谷南支部

2013年3月 4日

【実施レポ】テクニック・クリニック(石嶺尚江先生)

WEB130220koshigaya_ishimine.jpg

2013年2月20日、埼玉の草加市文化会館に於いて、石嶺尚江先生
によるセミナーを開催いたしました。
過去に「導入期で決まる!必勝指導法」「テクニッククリニック」と
2回開催致しま
したが、参加者にはいずれも大好評でした。

今日はレッスンでもよくつかわれるバー
ナムピアノテクニック導入書&1巻を使用しての
「初級からのテクニック指導法」を
行いました。実際のテキストを使用することで、より普段の
レッスンに取り入れやす
い内容となっており、1曲ずつ効果的なトレーニングの仕方や、応用すると
こんな曲
も弾けるようになる!というその場限りとならない活用の仕方などを細かく丁寧に
えてくださいました。

参加者からは「非常に役立つ内容で、年に1回と言わず、数ヶ
月に1回定期的に行ってほしい!」
との要望もあり、継続を望む声が多く寄せられた
ので、早速今年11月頃にまた開催できればと
考えております。

(Rep:ピティナ草加・越谷南支部

2013年3月15日

【実施レポ】2013コンペ課題曲セミナー(赤松林太郎先生)

WEB130307abiko_akamatsu1.jpg

2013年3月7日(木) ミリオン楽器 我孫子店にて赤松林太郎先生
による 「2013年 ピティナコンペティション 課題曲説明会」 を
実施致しました。

A2級からC級のバロック・古典・ロマン・近現代曲を中心にとりあげ
解説をしていただきました。素晴らしい演奏に自らの体験やエピソードを交えながら楽しくスピーディーに分かり易く解説をして頂きました。

受講された先生方からのご意見ですが、
演奏が素晴らしい、解説がわかり易い、先生が深く勉強をされているのがよくわかる
お話が楽しい、など大変好評を頂きました。

今後また、違った企画、講座などでお越しいただいてお話を聞かせて頂きたいです  

(Rep:ピティナ草加・越谷南支部 ミリオン楽器 我孫子店 盛 計太)

2013年4月22日

【実施レポ】ツェルニー30番で「脱力奏法」をマスターしよう!(岳本恭治先生)

WEB130417abiko_takemoto2.jpg

2013年4月17日、岳本恭治先生をお迎えし、ツェルニー30番で
「脱力奏法」をマスターしよう!
セミナーを開催いたしました。
脱力奏法をマスターするにあたって一番大事なのは・・・
a)「姿勢」。背筋を伸ばし、肩を動かさず前傾せず首も動かさず。
b)「拍子」。メトロノームに合わせ拍子をとる。使うと機械的な演奏になるというのは迷信。
c)「ピアノという楽器のしくみを知る」。
 小さな音をピアノの躯体や響板でどれだけ大きく増幅しているか。
 ピアノはゆっくりフォルテが出せない楽器。打鍵する速度で強弱を付ける。
「普段の取り組み」
「鍵盤を弾くときに音を出さないように練習する方法」
鍵盤を触る(指を浮かせない状態)⇒鍵盤を押す⇒鍵盤の上に戻る力で指を戻す
五本の指先をピカピカのお皿の上に載せ、少し力を入れてキュッとならす感じで打鍵。
手の指を第一関節から先を動かすトレーニングを。第二関節から動かすと「脱力」でなく
昔ながらの「ハイフィンガー」奏法になり力んでしまう。

WEB130417abiko_takemoto1.jpg「脱力」は、他の楽器やスポーツの世界でも超一流の技術。
究極の理想、テーマなので、大変興味を惹かれました。
受講された先生方がこれまで目や耳にしてきた常識や価値観と
異なる点もあるため、中には疑問や戸惑いを感じられる指導者の方も存在するのではと思いました。ですが、もしかしたら数十年後は、今日岳本先生のおっしゃっていた「脱力」の価値観が、ピアノ指導の世界でもっと当たり前になる時代が来るのかもしれないと思いました。

(Rep:ミリオン楽器 盛 計太)

2013年11月15日

【実施レポ】レッスンの初期に、表現力のための 豊かな感性づくりを!(江口文子先生)

2013年10月30日(水)ミリオン楽器我孫子店にて、江口文子先生による
『レッスンの初期に、表現力のための豊かな感性づくりを!』セミナーを開催いたしました。

レパートリー集「ちいさなリサイタル」を使用して、具体的な指導法レッスンのコツ、育てるヒント
などを教えていただきました。
その時代の様式に合わせた演奏法から、現代の演奏技術を曲に合わせて取り入れる方向に
変わってきている、というお話はとても興味深かったです。

実際の生徒さんの映像を見ながら先生のお話が聞けたことは、受講生の皆さんからとても好評でした。江口先生、ありがとうございました。

(Rep:(株)ミリオン楽器我孫子店 盛計太)

2013年11月29日

【実施レポ】ピアノの練習ABC(石嶺尚江先生)

WEB131121koshigaya_ishimine1.jpg2013年11月21日、埼玉県草加市文化会館において、
石嶺尚江先生によるセミナーを開催いたしました。

過去に「導入期で決まる!必勝指導法」「テクニック・クリニック」
「初級からのテクニック指導法」と3回開催いたしましたが、
参加者にはいずれも好評でした。

WEB131121koshigaya_ishimine2.jpg 今回は「ピアノの練習ABC」を使用してのイメージをふくらませる指導法でしたが、先生自身が持ち込んだパソコンを使用して映像や音を出し、曲と結びつけることによって、その曲のイメージがつかみやすくなり、発想豊かな表現力につながる という方法はとてもわかり易く、効果的でした。また、各曲に出てくるテクニックが他の曲にも共通する実例を上げ、このエチュードの奥深い可能性について教えてくださいました。
今回も大変内容の濃いセミナーとなりました!

 (Rep:ピティナ草加・越谷南支部

2014年5月 8日

【実施レポ】やる気を引き出す魔法のレッスン(渡部由記子先生)

2014年4月25日(金)ミリオン楽器早稲田店3Fにて、 『渡部由記子先生 やる気を引き出す"魔法のレッスン"~悪いクセの直し方~』 セミナーを開催しました。25名の方々にご参加頂きました。

生徒のやる気を引き出すために、「褒める事の大切さ」、「褒め方」、「虫眼鏡を使ってでも褒める」というお言葉が印象に残りました。 楽しみながら成功体験を積み重ね、「できる子供」に育てる。 渡部先生のご指導はピアノを通して、まさに人間教育を実践されている方だと感じました。

演奏法や悪いクセを直すために色々な事例をお話頂きました。
音楽的な弾き方、姿勢の悪さを矯正するために折り畳み傘を使ったり、 力んでしまうクセを直すために割り箸を咥えて練習したり、脱力するための方法や今日から早速指導に活かせる内容でした。

是非、シリーズで講座を開催したいと思いました。
渡部先生、素晴らしい講義をありがとうございます。

(Rep:ミリオン楽器早稲田店 根本伸勝)

2014年5月13日

室内楽体験会のお誘い

当支部運営委員会では、毎年夏休みにお子様たちにヴァイオリンとのデュオや連弾の体験をしていただきたいと、「夏休み室内楽体験会」を開催して参りました。
今年度は7月27日(日)に予定しています。今回から参加者の枠を広げ、高校生までの部と大人(高校卒業以上指導者を含む)の部の2部門での開催、更に弦楽器奏者もヴァイオリンとチェロのお二方をお迎えし、より内容の濃い体験会になるようにと計画中です。
ご指導くださるのは当支部特別講師、橋場多恵子先生です。

室内楽初参加の方も歓迎です。夏休みの1日、ぜひ室内楽を楽しんでみませんか?

会場、申し込み締め切りなどは、以下をクリックしてください。

多くの方のご参加をお待ちしています。

夏休みアンサンブル体験会2014(高校生以下).pdf
大人の室内楽2014.pdf
室内楽課題曲2014PTNA.pdf

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
〔記事担当:飯岡千秋 コミュニティ掲載担当:能村〕

2014年6月 2日

夏休みアンサンブル体験会&大人の室内楽

☆~ヴァイオリン、チェロとピアノのアンサンブルにチャレンジ~☆の締め切り迫る


紫陽花があちらこちらで咲きはじめ雨の季節が近いことを知らせています。
当支部運営委員会で7月27日(日)に予定しております「夏休みアンサンブル体験会&大人の室内楽」の申し込み締め切りがあと10日と迫って参りました。

今回から参加者の枠を広げ、高校生までの部と大人(高校卒業以上指導者を含む)の部の2部門での開催、更に弦楽器奏者もヴァイオリンとチェロのお二方をお迎えし、より内容の濃い体験会になるようにと計画中です。

参加された方々からは毎年「弦楽器とのアンサンブルは、とても良い体験になった。音楽の幅が広がった」また聴講された指導者からも「ピアノの指導にとてもプラスになった」というお声を頂いております。

はじめての方も大歓迎です。一度室内楽の扉を開いてみませんか?

お申込みは当支部事務局より配布いたしました要項でお申込みいただくか、前回の当支部コミュニティ「室内楽体験会のお誘い」をご覧ください。

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
〔記事担当:土田千夏 コミュニティ掲載担当:能村〕

2014年6月20日

2014年度スペシャルキッズレベルアップレッスン

 
  ~ 新規募集のお知らせ ~

2014年度新規受講生、〈Pプライマリー(年中、年長) A(小1のみ)〉計6名の募集をしています。

このコースは一人10分程度の公開レッスンですが、一人一人の生徒さんを大切にし、同じ目線に立って御指導して頂いています。

特別講師の丁寧な言葉かけで、レッスンの回数を重ねる度に少しずつ少しづつ成長していく子どもたちを目の当たりにしてきました。

指導者として、生徒さんと一緒に音を深めていきませんか。

〈日程予定 9/14,10/12,11/9,12/7,1/11,2/8,3/8,4/12「第7回修了コンサート」予定〉

尚、充実したレッスンを進めるために9月に新規参加指導者のオリエンテーションを予定しています。
初めて参加する指導者には、SKのシステムを親切にサポートいたします。

当支部事務局から配布されました申込書の締め切りが6月30日(月)となっております。
FAXにて担当指導者よりお申込みください。
(SK参加資格は当支部会員の生徒さんに限らせていただきます)

7年目を迎えるSK。運営委員一同、楽しみにしています。


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
〔記事担当:鈴木智華子 コミュニティ掲載担当:能村〕


2015年3月 9日

【実施レポ】ブルクミュラー25の練習曲(石嶺尚江先生)

2015年2月26日(木)に草加・越谷南支部(ミリオン楽器)主催で、"ブルクミュラー25番の練習曲~ブルクミュラー先生からのメッセージ~"セミナーを行いました。講師の石嶺尚江先生は、当支部では5回目のセミナーとなります。1回目の導入から行ってきてようやくブルクミュラーまで来ましたが、今回はレッスンでも使用頻度の高いテキストとあって60名の参加となりました。

内容は、きめ細かいアナリーゼやウィーン原典版との相違点から見えてくるブルクミュラー氏の本当に伝えたかった事など、石嶺先生ならではの発想力や研究で紐解いていきました。
中には常識を覆す解釈もあって、本当に目からウロコが落ちるようでした。また、それを表現する為のニュアンスのつけ方で、単調になりやすい曲がみるみると魅力的な音楽に変わっていく所は本当に素晴らしかったです。

生徒への指導法として石嶺先生お得意の映像を使う点においては、指導者側からみても本当に分かりやすくイメージが沸き易いので、受講された多くの先生方がレッスンで取り入れたいと仰っていました。

今回は1日のみでしたので、25番全ての曲を行えなかったことが残念でもあり申し訳なかったのですが、石嶺先生ファンの為にも出来るだけ早く次の企画を立てたいと思っております。決定次第セミナー情報にアップしますので、是非チェックしてください。 石嶺先生、ご来場の方々、ありがとうございました。

(Rep:ピティナ草加・越谷南支部)

2015年6月 2日

7月26日(日)室内楽体験会の参加者募集中です♪

初夏の日差しに新緑が眩しい季節になりました。

草加・越谷南支部運営委員会では毎年夏休みに「夏休みアンサンブル体験会」を開催しています。

夏休みの思い出に、また自由研究のヒントに弦楽器とのアンサンブルを楽しんで頂けたら、と始めて今年で5回目になります。昨年からは中学生、高校生にも参加枠を広げ、バスティン、バイエルの曲から本格的な室内楽曲までお楽しみ頂けるようになりました。
ヴァイオリンやチェロを間近で見たことがない、というお子さんも是非、この機会に弦楽器との響きを体験してみてはいかがでしょうか。

また、昨年ご好評頂きました「大人の室内楽」も同時開催致します。
「ヴァイオリン、チェロとのアンサンブルに興味があるけどちょっと不安」という方、体験会ですのでお気軽にご参加ください。

また、当支部では11月23日に「室内楽ステップ」を開催いたします。
大きなステージへの第一歩としても体験会をご活用いただけたら嬉しく思います。

詳しくは当事務局より配布いたしましたチラシ、曲目リストをご覧になって下さい。
(下記のファイルをクリックしてもご覧頂けます。)


夏休みアンサンブル体験会2015.pdf
大人の室内楽2015.pdf
室内楽参加申込書2015.pdf
室内楽課題曲2015.pdf


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:門脇佳澄 コミュニティ掲載担当:能村)


2015年6月16日

7月26日(日)室内楽体験会の参加者募集中です♪

先日ご案内しました室内楽体験会の申込〆切が6月20日とせまってまいりました。
弦楽器とのアンサンブルがはじめてのお子様、ピアノと室内楽が好きでデュオやトリオを
経験してみたいと考えている大人の方におすすめの体験会です。
課題曲も、ピアノ曲としてお稽古している小品に弦楽器のパートを編曲したものから本格的な室内楽曲まで幅広く選曲することができます。
現在も参加者募集中です。
ぜひお申込みください。お待ちしております・・・♪

夏休みアンサンブル体験会2015.pdf
大人の室内楽2015.pdf
室内楽参加申込書2015.pdf
室内楽課題曲2015.pdf

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:能村百合香)


2015年8月11日

9月10日(木)指導者のための室内楽お勉強会を開催します♪

向日葵が元気に咲く夏休み、当支部では、7月の最後の日曜日に「夏休みアンサンブル体験会」「大人の室内楽」という室内楽体験会を開催しています。
参加した生徒さんは間近で見るヴァイオリン、チェロに興味深々で、また弦楽器の音の広がりを感じ、音楽を楽しんでいかれます。
また、秋にはステップでも室内楽のステージをお楽しみいただけます。

室内楽には興味があるけれど、ご自身の経験がないので指導が不安という先生方、
また室内楽を体験させる、ご自身が体験することによる効果を知りたいという方・・・
「指導者のための室内楽お勉強会」に参加してみませんか?
初級の生徒さん用の曲からトリオまで、演奏を通して当支部特別講師の橋場多恵子先生に
ご指導頂けます。

聴講参加、また演奏参加もできます。この機会にぜひ、室内楽の扉をたたいてみて下さい。
(ご参加は当支部会員様限定です。)詳しくは事務局が配布するチラシをご覧ください。

日時・・9月10日(木)10:00~12:00
場所・・ミリオン楽器越谷店3階ホール
主催/PTNA草加・越谷南支部運営委員会


ピアノ指導者のための室内楽お勉強会2015.pdf


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:門脇佳澄 コミュニティ掲載担当:能村)

2015年9月10日

【中止のお知らせ】9月10日「指導者のための室内楽お勉強会」

本日の下記セミナは、悪天候のため「中止」といたします。
関係者、ご参加の予定でした先生方にはご迷惑をおかけいたしますが
どうぞよろしくお願いいたします。


「指導者のための室内楽お勉強会」
日時・・9月10日(木)10:00~12:00
場所・・ミリオン楽器越谷店3階ホール
主催/PTNA草加・越谷南支部運営委員会

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(コミュニティ掲載担当:能村百合香)

2015年9月18日

9月24日(木)指導者のための室内楽お勉強会を開催します

いよいよ秋の大型連休がスタートしました。
このたび、先日悪天候のため中止をいたしました「指導者のための室内楽お勉強会」を再び開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。
なお、申込書にて申込みのありました方にはすでにご案内をしております。
当日の受付で聴講にいらっしゃるご予定でした方は、ぜひ足をお運びいただけたらと思います。心よりお待ちしております。


日時・・9月24日(木)10:00~12:00
場所・・ミリオン楽器越谷店3階ホール
主催/PTNA草加・越谷南支部運営委員会

※都合によりヴァイオリン奏者の変更がございますことをご了承ください。
ご質問などございましたら担当:土田までお願いいたします。


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(コミュニティ掲載担当:能村百合香)

2016年4月23日

5月26日・6月23日「ピアノ指導者のための室内楽勉強会」について

室内楽勉強会2016(コミュニティ画面).GIF


当支部では秋に室内楽ステップを開催していますが、ピアノ指導者からも「室内楽は難しい」「とっつきにくい」、あるいは「どう指導したらよいかわからない」という声を聞きます。
 そこで今回、5月と6月に2回連続の室内楽講座を開催することになりました。室内楽ステップと同じスタイルで2回にわたって受講していただくことで、よりアンサンブルのコツ、曲を仕上げるコツなどが実感していただけることと思います。講師は、室内楽の演奏会も数多く行っていらっしゃる当支部特別講師の橋場多恵子先生です。実践的なアドバイスを受けながら、まずは先生方がアンサンブルを楽しんでみませんか!
 演奏での参加でも、聴講での参加でもどちらでも可能です。締め切りは4月30日です。たくさんの先生方のご参加をお待ちしています。


★申込書
2016年度ピアノ指導者のための室内楽勉強会のお知らせ(PDF).pdf

★課題曲一覧
2016年度室内楽勉強会課題曲(ヴァイオリン編)(PDF).pdf


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:田崎祐子 コミュニティ掲載担当:能村)

2016年6月10日

2016年度スペシャルキッズレベルアップレッスン参加者募集


2016年度
スペシャルキッズレベルアップレッスン参加者募集

<年中・年長> 4名

<小1>    1名


「地域で育てる」をコンセプトに2008年より始まったPTNA草加・越谷南支部オリジナル企画「スペシャルキッズレベルアップレッスン(SK)」も今年で9回目となりました。

グループごとに一人ひとり特別講師による公開レッスンを受講します。
他の参加者の演奏を聴くことや、コース別の課題を通して音楽の勉強を深めます。

年月を重ねる毎に地域でのSK参加者の成長の評価が高くなり、多くの指導者の方が興味を持って下さるようになってきました。指導者が生徒と共に学ぶことでお教室の活性化にもつながります。先生方の今後の指針にも必ずなると思いますので、是非多くの生徒さんが参加下さることを願っています。

<申し込み方法>
今年度は上記の新規参加者を募集いたします。
当支部事務局より配布された2016年度募集要項に必要事項を記入の上6月20日までにお申し込みください。

※参加は、指導者がPTNA草加・越谷南支部会員の生徒に限ります。
※申し込みが定員を超えた場合は抽選になる場合がございます。

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:菅原絹代 コミュニティ掲載担当:能村)

2016年6月14日

7月31日(日)♪夏休みアンサンブル体験会♪


夏休みアンサンブル体験会2016(コミュニティ画面).GIF

今年も夏休み期間中の7月31日(日)に
♪夏休みアンサンブル体験会♪を開催いたします。

夏休みの体験学習としてヴァイオリンとのアンサンブルを楽しんでみませんか?
一緒に一つの音楽を創りあげることで自分の演奏に責任を持ち、フレーズ感、音色やバランスなどを聴く耳が育ちます。

対象は小学生・中学生・高校生、参加曲はバイエル、ブルグミュラーなどの曲から本格的なソナタまで曲目リストからお選び頂けます。数名のグループで行いますので、自分以外の演奏を聴いて勉強し、間近でヴァイオリンを見たり聴いたり出来るチャンスでもあります。

詳しくはご案内チラシ、曲目リストをご覧ください。(下記のファイルをクリックして下さい)


2016年度夏休みアンサンブル体験会(PDF).pdf
2016年度夏休みアンサンブル体験会課題曲(ヴァイオリン編)と申込書(PDF).pdf


当支部では11月23日に室内楽ステップを開催致します。夏休みの体験を活かせる場としてのご参加をお待ちしています。

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:門脇佳澄 コミュニティ掲載担当:能村)

2016年8月31日

2016スペシャルキッズレベルアップレッスン(SK)がスタートします!

2016SKオリエンテーション風景.jpg


いよいよ9月。子どもたちも新学期のスタートですね。
当支部では今年度もスペシャルキッズレベルアップレッスン(SK)がはじまります。
第1回目のレッスンを9月11日(日)に控え、準備を整えている最中です。
開催に先立ちまして7月5日(火)にオリエンテーションが行われました。
安橋倫子先生を迎えP・Aコース(幼稚園児~小学2年生)をご指導する先生方にお集まりいただきました。
今年度のレッスンをより有効に活用するために、レッスンを始めるにあたって9月までにお教室でおこなっておいていただきたい事をお話し下さいました。
各コースの課題について、レッスン曲の選曲にあたって考えていただきたい事やトレーニングについて、最後に先生方の質疑応答を交えながらのとても有意義な時間となりました。
 今年度は、「SKがグループレッスンである事」の良さをよりひき出して参りたいと思っています。とても楽しみです。
 幼稚園年中から小学6年生まで、24名の方が参加します。
公開レッスン日は9月11日(日)、10月2日(日)、11月6日(日)、12月4日(日)※Bコースは都合により11月27日(日)、2017年1月15日(日)、2月12日(日)、3月5日(日)です。
レッスン時間は10:10~18:00となります。
聴講は指導者の方でしたらどなたでも聴講いただけます(聴講料を当日受付にてお支払いいただきます)ので、希望される方は、当支部事務局(小池・島田)℡048-985-5613までお問合せ・お申込をお願いいたします。

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:能村百合香)

2016年11月 1日

【実施レポ】バッハ インヴェンション指導法(石嶺尚江先生)

2016年10月13日(木)10:30から12:30まで、埼玉の草加市文化会館に於いて石嶺尚江先生をお招きし、「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)の第1回が開催されました。
バッハを苦手とする先生方も多いことから、2声のインヴェンション15曲を3回に分けて じっくり行う企画です。今回はその1回目となり、58名と大変多くの方が受講されました。
バッハが生きた時代背景や作曲に至る過程、使用していた楽器やバッハの人柄など、 まるでバッハに会ったかのように楽しくお話をされていましたが、そこには石嶺先生 ならではの考察と考証を重ねた結果での事と、深く関心を致しました。
指導については、曲に入る前に生徒が興味を持つようなお話を教えてくれたり、 曲に隠された隠しメッセージなどでインヴェンションを好きにさせる工夫を伝授して頂きました。
曲に関しては、先生がアナリーゼや注意点を自筆で書き込んだオリジナルテキストを使用しましたが、キレイに色分けされてとても解かりやすく、ここまで緻密に分析をされている事には脱帽です。
今回は作曲順で1・4・7番を行いましたが、 次回12月8日(木)の第2回目は8・10・13・15・14・12番を行います。
1回目に参加出来なかった方でも、きっと楽しくインヴェンションを指導出来ると思いますので、 是非ご参加下さい!

Rep: ピティナ草加・越谷南支部 島田英夫

2016年12月22日

【実施レポ】「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)- 第2回(石嶺尚江先生)

2016年12月8日(木)10:30‐12:30、埼玉の草加市文化会館にて石嶺尚江先生をお招きし、 「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)の第2回目が開催されました。

前回の続きから作曲年代順で、8・10・13・15・14・12番の6曲を2時間で解説するというかなり無理なお願いをしておりましたが、 石嶺先生はテンポ良く次々とお話し下さり、最後には時間も余るくらいほどの素晴らしい時間配分で行って下さいました。
ですが内容のほうは大変盛り沢山で、前回同様先生のオリジナルテキストにびっちりと書き込まれたアナリーゼやアドバイスが とても分かり易く、単調になりがちなインヴェンションがどんどん魅力的になっていく解説は、とても参考になりました。

また、曲のイメージを膨らませる為の画像はとても面白く会場にも笑いが起きましたが、生徒さんに見せたらきっとレッスンも楽しくなる事と思います。
帰りがけに次回の講座をお申込頂いた参加者が多数いた事からも、今回の好評振りが伺えます。

当日は数名の欠席者もいましたが、58名の方が来場されました。
石嶺先生、ご参加の皆様、ありがとうございました。


★さて、次回3回目はいよいよ最終回、11・9・6・5・3・2番を行います。会場の工事があるため少し先になりますが、4月20日(木)10:30‐12:30 埼玉の草加市文化会館にて開催します。 沢山のご参加、お待ちしております!



Rep:ピティナ草加・越谷南支部 島田英夫


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ草加・越谷南支部