2017年5月12日

インヴェンションが好きになる魔法のアプローチ

170420ishimine_1.jpg2017年4月20日(木)草加市文化会館第1会議室に於いて、 石嶺尚江先生のセミナー「インヴェンションが好きになる魔法のアプローチ」を開催いたしました。
バッハのインヴェンションを3回で全て解説する企画として、1回目を2016年10月、2回目を12月に実施し今回は最終回。作曲順に勧めましたので、11.9.6.5.3.2番を解説して頂きました。 楽譜のある部分を繋ぐと十字架が浮かび上がるお話や、先生の深い分析による解釈や仮説など、聞けば聞くほどインヴェンションが楽しくなり、新たな魅力を引き出して下さいました。
参加者からは、「私も、小さい頃からこんな素敵な先生に教わりたかったなぁ...」という感想がございましたが、 今日のセミナーを活かして、是非その思いを生徒さんに向けてレッスンに望んで頂ければと思います。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
そして石嶺尚江先生、素晴らしい解説をありがとうございました! 

Rep:(株)ミリオン楽器越谷店 島田英夫

2017年4月15日

スペシャルキッズレベルアップレッスン 第9回修了コンサートを開催いたします!

ptna.JPEG


新緑の美しい季節となりました。
4月23日(日)、2016年度の受講生たちによる「第9回スペシャルキッズレベルアップ
レッスン修了コンサート」を開催いたします。
今年度も昨年9月のレッスンスタートから24名の受講生たちが、特別講師の安橋倫子先生
森山あす香先生・橋場多恵子先生のお心のこもったレッスンを懸命に受け、練習に励んでまいりました。
その集大成をコンサートで発表させて頂きます。
 今年度の受講生たちの頑張りに、そして新たな次への門出に、拍手を添えて頂けましたら
幸いです。お時間がございましたら是非会場へ足をお運び下さいませ。

2017年4月23日(日) 開場12時30分 開演13時00分
越谷市中央市民会館 劇場
入場無料


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:土田千夏 コミュニティ掲載担当:能村)

2017年4月 7日

2016年度SKのレッスンを終えて

ピアノイラスト②.png

昨年9月よりスタートしました第9回スペシャルキッズレベルアップレッスン(SK)が
3月で今年度のレッスンを終了しました。幼稚園年中から小学6年生までの24名の方が参加され、月に一度の公開レッスンに励んでまいりました。
今年度はPコース(年中・年長)が1クラスとして独立したコースとなりました事が印象的です。幼少期の基礎的学びの大切さがSKを知る地域の先生方に浸透している表れだと感じています。
安橋倫子先生を講師とするPコース並びにAコース(小1・2)では、共通課題の充実にくわえ、毎回、子どもたちが自身のレッスンの前にお名前と今月楽しかったことを発表する時間がもうけられました。まだごく小さな子どもたちが、ことばをならべて一生懸命にお話しする様子がとても愛らしかったですが、「自分の言いたいことを伝える表現力」が、音を聴く耳、楽譜を読む目と同様に養われていることに感心いたしました。3月のSKではレッスンとあわせて共通課題の仕上げの発表会が行われ、修了証が手わたされました。
Bコース(小3・4)では森山あすか先生を講師とし6名の参加者が学びました。子どもたちは個々に違うレッスン曲を毎月おさらいしてきますが、時としてレッスンの中で皆の共通テーマがもちあがる事がありました。11月には「裏拍・休符を感じること!」12月には「音の離鍵と打鍵について考えること!」と、とても興味深い瞬間でした。すべての方がAコースより継続してきている方々でしたので、皆がSKの場で育ってきている事が嬉しく、また共通課題であった「ハノン」「バッハインベンション」もしっかりとおさらいをしてあり、自ら学ぶ姿勢がとても頼もしく思いました。
Cコース(小5・6)では橋場多恵子先生のもとで6名の参加者が学びました。今年度は共通課題として連弾曲2曲が用意され、9月~翌年1月まで5回にわたりアンサンブルを学びました。プリモとなりセコンドとなり連弾の相手も次々とかわる体験の中で、様々なバランスを学ぶとても充実した時間となりました。皆さんが四苦八苦しながらも楽しそうだった事も心に残ります。そして個々のレッスンや指導者のディスカッションでは作品について学び知る事だけではなく内面についてふれたご指導やお話が随所にもりこまれ、とても奥深い時間となりました。
3月の最後のレッスンでは皆さんが修了コンサートで演奏をする曲での受講でした。
今月おこなわれるコンサートでは最後のレッスンで求められた、(発表にとらわれることなく)音楽を感じとる力をどのように表現されてこられるでしょうか。
一同とても楽しみにしております。

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:能村百合香)

2017年3月30日

【実施レポ】2017年度ピティナコンペティション課題曲セミナー(赤松林太郎先生)

170316akamatsu_1.jpg 2017年3月16日(木)
(株)ミリオン楽器 我孫子店 3階 にて赤松林太郎先生をお招きし、「2017年度ピティナコンペティション課題曲セミナー」が開催されました。

【内容】
A2級-C級のバロック・古典・ロマン・近現代曲


【レポーターからの視点】
今年も赤松先生ならではの視点で、 各級それぞれの曲を弾く上でのポイントを解り易く解説して下さいました。
「指の先に自分の名前を彫りスタンプしみる」
「クレシェンドは拍ごとに」
「響かせるにはアクセントにしない」
「左手が対旋律→右手は一生懸命弾かなくてよい」
など、その他たくさんのポイントをご教授頂きました。


170316akamatsu_2.jpg 【受講者からのコメント】
「お話がとても面白い」
「内容の深さに驚かされる」
「解り易い表現でとても参考になりました」
「演奏が素晴らしかった」
などなど、今年も大好評でした。


【今後に向けて】
おかげさまで満員御礼の大盛況でした。
別の内容のセミナーも検討したいと思いました。
引き続きどうぞ宜しくお願い致します。


Rep:(株)ミリオン楽器我孫子店  盛 計

2017年3月27日

【開催レポ】平成29年度PTNA草加・越谷南支部総会

平成29年3月9日(木)10:00~11:30、(株)ミリオン楽器南越谷店に於きましてPTNA草加・越谷南支部総会を開催いたしました。
年度末のお忙しい中、当日は32名にご参加頂きました事を心より御礼申し上げます。

新事務局長島田さん.jpg

総会におきまして冒頭のご挨拶は、昨年末より新しく就任しました島田より自己紹介を兼ねてお話をさせて頂きました。
その後、平成28年度についての事業・収支報告を行いました。

当支部の会員は111名となり、毎年着実に増えております。
またピアノステップやコンペに於いては、当支部会員の生徒さん参加率が大変増えてきている状況ですので、地元地域に根ざしたイベントとして定着しつつあります。

その後、運営委員の菅原絹代先生より昨年度の活動報告と今年度の活動予定についての発表がありました。
当支部では毎年、年間を通してさまざまなイベントを開催しています。
これらのイベントでは生徒と指導者が共に学ぶことができ、ひとつひとつが心に残る貴重な場となっています。
その一例として、夏休みに行ったアンサンブル体験会の内容を運営委員の鈴木智華子先生よりご紹介し、当日の様子を少しだけビデオで放映いたしました。

今年も夏休みアンサンブル体験会を7月30日(日)に開催予定です。詳細が決まり次第こちらのコラムにてご案内致しますので、もうしばらくお待ち下さい。

安橋先生の講演.jpg

そしてその後は、当支部特別講師の安橋倫子先生による基調講演が行われました。
平成24年度より続く、会員より熱望されている講演となります。
今回は「指導のあり方を考える ~永続してピアノを楽しめる生徒を育てるために、導入期にできること~」というテーマでお話し下さいました。
聴講された会員さんからは、「改めて気をつけなければならない事が再確認でき、新年度を前に初心にかえることが出来ました!」などのお言葉を頂き、とても好評でした。

総会のあとは希望者を募り場所をお食事会場へと移し、テーブル毎に自己紹介をまじえながら会員同士の楽しい交流の時間となりました。

この度の総会に残念ながらご出席出来なかった会員の方々も、イベントでお待ちしております。
私たち事務局(島田・小池)までどうぞお気軽にお声かけ・ご相談いただき、ご興味のあるものに是非足をお運び下されば幸いです。
当支部・運営委員一同、お会いできます日を心よりお待ちしております。


全体写真.JPG

PTNA草加・越谷南支部 事務局長 島田英夫
(コミュニティ掲載担当:能村)

2016年12月22日

【実施レポ】「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)- 第2回(石嶺尚江先生)

2016年12月8日(木)10:30‐12:30、埼玉の草加市文化会館にて石嶺尚江先生をお招きし、 「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)の第2回目が開催されました。

前回の続きから作曲年代順で、8・10・13・15・14・12番の6曲を2時間で解説するというかなり無理なお願いをしておりましたが、 石嶺先生はテンポ良く次々とお話し下さり、最後には時間も余るくらいほどの素晴らしい時間配分で行って下さいました。
ですが内容のほうは大変盛り沢山で、前回同様先生のオリジナルテキストにびっちりと書き込まれたアナリーゼやアドバイスが とても分かり易く、単調になりがちなインヴェンションがどんどん魅力的になっていく解説は、とても参考になりました。

また、曲のイメージを膨らませる為の画像はとても面白く会場にも笑いが起きましたが、生徒さんに見せたらきっとレッスンも楽しくなる事と思います。
帰りがけに次回の講座をお申込頂いた参加者が多数いた事からも、今回の好評振りが伺えます。

当日は数名の欠席者もいましたが、58名の方が来場されました。
石嶺先生、ご参加の皆様、ありがとうございました。


★さて、次回3回目はいよいよ最終回、11・9・6・5・3・2番を行います。会場の工事があるため少し先になりますが、4月20日(木)10:30‐12:30 埼玉の草加市文化会館にて開催します。 沢山のご参加、お待ちしております!



Rep:ピティナ草加・越谷南支部 島田英夫

2016年12月 2日

【開催レポ】11月23日室内楽ステップを終えて・・・♪

室内楽ステップ会場写真①.JPG


11月23日(祝・水) 
彩り豊かな晩秋のなか、越谷市中央市民会館にて
2016年度草加越谷秋季地区アンサンブル企画《室内楽ステップ》が終了しました。

今年も当支部特別講師の橋場多恵子先生をアドバイザーにお迎えし、
ヴァイオリンは野尻弥史矢さん、チェロは坂井武尊さんのお二方の弦楽奏者のお力添えで、
本番に向けてのリハーサルレッスンが2回行われました。


室内楽ステップリハーサル写真③.jpg

初回10月16日(日)
アンサンブルの相手の音を意識して捉えるためには、
先ず自分が弾くピアノパート以外の弦楽奏者のパートを歌って弾いてみること。
お互いの受渡しやバランスを把握できるようになる。とアドバイスいただきました。

2回目11月20日(日)
更に深めるためには、
曲の雰囲気を醸し出すようイメージや色合いを想像して音に繋がるように感じながら、
弦奏者の音色にも耳を傾けて弾けると良い。
音と音のあいだをもっと意識して欲しい。と弦奏者のお二方にもアドバイスをいただきました。

最後に橋場先生から「本番はどうしても緊張してテンポが速まってしまうので
落ち着いてアンサンブルを楽しんで弾きましょう。」とお言葉をいただきました。
おかげさまで本番は皆さんの緊張は感じられつつも、余韻の残る会場の中で生きいきとした演奏でした。
終了後の皆さんの笑顔がとても眩しく、来年も続けて演奏したいと私に報告する生徒さんと、
その隣りで頷くご父兄の姿が微笑ましいひとときでした。

翌日は、関東でも11月には54年ぶりという雪が降り始め、数時間のあいだ幻想的な世界になりました。
忘れられないステップの思い出となったことでしょう。

室内楽ステップ集合写真②.JPG

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:鈴木智華子 コミュニティ掲載担当:能村)

2016年11月 1日

【実施レポ】バッハ インヴェンション指導法(石嶺尚江先生)

2016年10月13日(木)10:30から12:30まで、埼玉の草加市文化会館に於いて石嶺尚江先生をお招きし、「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)の第1回が開催されました。
バッハを苦手とする先生方も多いことから、2声のインヴェンション15曲を3回に分けて じっくり行う企画です。今回はその1回目となり、58名と大変多くの方が受講されました。
バッハが生きた時代背景や作曲に至る過程、使用していた楽器やバッハの人柄など、 まるでバッハに会ったかのように楽しくお話をされていましたが、そこには石嶺先生 ならではの考察と考証を重ねた結果での事と、深く関心を致しました。
指導については、曲に入る前に生徒が興味を持つようなお話を教えてくれたり、 曲に隠された隠しメッセージなどでインヴェンションを好きにさせる工夫を伝授して頂きました。
曲に関しては、先生がアナリーゼや注意点を自筆で書き込んだオリジナルテキストを使用しましたが、キレイに色分けされてとても解かりやすく、ここまで緻密に分析をされている事には脱帽です。
今回は作曲順で1・4・7番を行いましたが、 次回12月8日(木)の第2回目は8・10・13・15・14・12番を行います。
1回目に参加出来なかった方でも、きっと楽しくインヴェンションを指導出来ると思いますので、 是非ご参加下さい!

Rep: ピティナ草加・越谷南支部 島田英夫

2016年10月 3日

スペシャルキッズ・レベルアップレッスンがスタートしました♪

ピアノイラスト①.png


9年目を迎える当支部オリジナル企画"スペシャルキッズ・レベルアップレッス
ン"(以下SK)が、今年もスタートしました。
今年は、午前中にBコース(小3~4)、午後は、Pコース(年中・年長)、A1コー
ス(小1)、A2コース(小2)、Cコース(小5~6)の順にレッスンを行います。
アドバイザーとしてご指導下さるのは、SKスタート当初からお願いしている当
支部特別講師の先生方3名(PAコース:安橋倫子先生、Bコース:森山あす香
先生、Cコース:橋場多恵子先生)です。

以下、初回のレッスンについて簡単にご紹介させていただきます。

P・Aコースは、曲の演奏はせず、基本練習として安橋先生からいただいた課
題をご指導いただきました。年齢により、音符カードの読み方、5指ポジション
の練習、音階練習など、導入期にはあまり無理をさせず、その一方で、小さく
ても自分一人で楽譜を読み、丁寧なタッチで音を出し演奏できることを目標に、
子供に理解できる言葉を理解できる速さで伝え、正しい基本をしっかりと、丁
寧に指導していくことの大切さを学ばせていただく機会となりました。導入期の
レッスンを実際に聴講できる機会は多くありませんので、導入期の指導法を学
ばせていただく貴重な機会でもあると思いました。

Bコースは、"ギャングエイジ"と言われることもある年頃の子供たちを指導する
上で大切なこととして、大いに褒め、認め、リセットすること、そのタイミング、言
葉のかけ方を工夫すること等を学ばせていただく機会となりました。この年齢
は、身体や手指の機能が著しく発達する"ゴールデンエイジ"であり、その後の
ピアノライフに大きな影響をもたらす時期であることから、中学年の子供たち
に対する指導の在り方、進め方について、改めて考えさせられる機会にもなり
ました。

Cコースは、高学年に相応しく、自分で考えをまとめ、表現するという意識を持
たせることや、働きかけの大切さを学ばせていただく機会となりました。
自分が演奏する曲の作曲家のこと、その曲が作られた時代背景やお国柄など
を自分で調べてイメージを膨らませ、最終的には、その曲の"設計図"を想い描
いて演奏することを目標にすると良い、ということなど、"再生伝承文化"の担い
手である演奏者の育成に必要な内容を熱心にご指導いただきました。

日頃、それぞれの教室では、一人の指導者が様々な年齢のこどもたちと向か
い合うことになりますが、こどもたち一人ひとりが置かれている環境や性格に
よって、言葉のかけ方、目標の設定の仕方、課題への取り組ませ方などを変
えながら指導していくことの大切さを改めて感じます。

SKに継続して参加していくと、学年が上がる2年ごとにアドバイザーの先生が
変わり、様々な先生方から示唆に富んだアドバイスをいただくことが出来ます。
そうした機会はなかなかないと思いますし、生徒さんがSKに参加している指
導者の先生は、アドバイザーの先生のレッスンを聴講することで、日頃レッス
ンをしている時とは違った角度から生徒さんを見つめることも出来ます。

ご興味がおありの指導者の皆さま、どなたでも聴講できますので、是非一度
聴講にいらして下さい。


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:高瀬真砂恵 コミュニティ掲載担当:能村)

2016年9月17日

11月23日「室内楽ステップ」定員間近です

この度は11月23日に開催されます「草加・越谷秋季地区ステップ」に多数のお申込みをいただきありがとうございました。
お陰様で定員になりましたので、通常ステップは締め切らせていただきました。
また、同時に開催されます「室内楽ステップ」につきましても例年になく早い時期からお申込みいただき、あと1名(デュオ1・トリオ1限定)で締め切らせていただく運びとなりました。
ご参加を予定されていてまだお申込みの手続きをお済でない方、今参加をお考え中の方
締切は9月25日(日)あと1週間です。早めにお願いいたします。

今回も小学2年生から指導者まで幅広い方々にお申込みいただいております。
また、当支部特別講師の橋場多恵子先生と本番と同じ弦奏者お二人との2回のリハーサルレッスンは貴重な体験になると思います。
「秋は室内楽とともに深まっていく・・」今年はそんな素敵な秋を体験してみてはいかがですか?
運営委員一同、心よりお待ちしております。


≪本番≫(越谷市中央市民会館劇場)
    2016年11月23日(水・祝)

≪リハーサルレッスン≫(ミリオン楽器南越谷店3階ホール)
    2016年10月16日(日)
    2016年11月20日(日)

尚、ただいまPTNAホームページからのお申し込みはできない状態になっています。
お手数ですが、草加・越谷南支部運営委員会:土田まで直接ご連絡ください。
連絡先090-1765-5483


秋のこおろぎイラスト.jpg

PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:土田千夏 コミュニティ掲載担当:能村)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ草加・越谷南支部