« 前の記事| 後の記事 »

【実施レポ】バッハ インヴェンション指導法(石嶺尚江先生)

2016年10月13日(木)10:30から12:30まで、埼玉の草加市文化会館に於いて石嶺尚江先生をお招きし、「バッハ インヴェンション指導法」講座(全3回)の第1回が開催されました。
バッハを苦手とする先生方も多いことから、2声のインヴェンション15曲を3回に分けて じっくり行う企画です。今回はその1回目となり、58名と大変多くの方が受講されました。
バッハが生きた時代背景や作曲に至る過程、使用していた楽器やバッハの人柄など、 まるでバッハに会ったかのように楽しくお話をされていましたが、そこには石嶺先生 ならではの考察と考証を重ねた結果での事と、深く関心を致しました。
指導については、曲に入る前に生徒が興味を持つようなお話を教えてくれたり、 曲に隠された隠しメッセージなどでインヴェンションを好きにさせる工夫を伝授して頂きました。
曲に関しては、先生がアナリーゼや注意点を自筆で書き込んだオリジナルテキストを使用しましたが、キレイに色分けされてとても解かりやすく、ここまで緻密に分析をされている事には脱帽です。
今回は作曲順で1・4・7番を行いましたが、 次回12月8日(木)の第2回目は8・10・13・15・14・12番を行います。
1回目に参加出来なかった方でも、きっと楽しくインヴェンションを指導出来ると思いますので、 是非ご参加下さい!

Rep: ピティナ草加・越谷南支部 島田英夫
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ草加・越谷南支部