« 前の記事| 後の記事 »

【開催レポ】2018/12/16 室内楽ステップを終えて

2018室内楽ステップ③.jpg


越谷市中央市民会館劇場にて、草加越谷冬季地区ステップが開催され、当支部ではこの時期に恒例となりましたアンサンブル企画<室内楽ステップ>を行いました。
ヴァイオリン奏者の野尻弥史矢さん、チェロ奏者の坂井武尊さんをお迎えし、小学生から指導者の方まで計13名の参加者が、弦楽器とピアノの溶け合った心地よい音色で会場を包んでくださいました。
本番1週間前には、室内楽に造詣の深い橋場多恵子先生と弦奏者のお二方のお力添えで、リハーサルを兼ねたアドバイスレッスンが行われ、ピアノと弦楽器の溶け合い、そして弾き始めのタイミングなど、参加者それぞれに向けたアドバイスを頂き、本番に臨みました。
本番前は緊張の伝わる面持ちの参加者でしたが、演奏を終えると同時に、喜びの満ち溢れた豊かな笑顔に変わった瞬間が忘れられず、深く心に残っております。
12月の寒い日でしたが、ホールは弦楽器のうっとりする美しい音色に包まれ、優雅なひとときで温かい幸せな気持ちになりました。
最後になりましたが、当日は長い時間にわたり、141組の参加者ひとりひとりに温かいメッセージをくださいましたアドバイザーの諸先生方に心より感謝申し上げます。


2018室内楽ステップ②.jpg


2018室内楽ステップ①.jpg


PTNA草加・越谷南支部運営委員会
(記事担当:浅井ゆき子 コミュニティ掲載担当:能村)

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ草加・越谷南支部