お知らせ アーカイブ

2008年7月18日

親子で楽しむコンサート企画 第3弾

杉並ステーション主催の親子で楽しむコンサート企画の第3弾の詳細が決まりました。

9月14日(土) 14:00より杉並公会堂グランサロンにて開催。
今回のテーマは、「メヌエット」です。

「舞曲の性格?アルマンドはドイツの踊り、ガボットはどうもジャンプのありそうな踊りだな。メヌエットとは小さいという意味らしい、踊りのステップが小さいのかな、、、」
想像の世界の中でしかなかった古典舞曲でしたが、「バロックダンスへの招待」というDVDに出会ったとき、音楽とダンスとの一致に感動!
もっと知りたい!という気持ちが、今回のレクチャーコンサートの企画となりました。

音楽の始まりには色々な場面があります。その中で、私たちの感情を体を動かすことによって表現した踊り、そこから生まれた舞曲、、今回は、先のDVDを作られ、バロックダンスの第一人者でいらっしゃる浜中康子先生をお迎えして、バロックから近現代と絶えることなく作曲され続けた「メヌエット」のステップ、その魅力を探りたく思います。

後半には、「メヌエット」のリレーコンサート!今回、ユーロピアノさんのご協力で登場します家庭用チェンバロのスピネットは、12/14開催の杉並ステップでも、15人ほどの方に限定で体験(演奏)できます。
是非この機会に、バロック時代の実際の響き、楽器のタッチを味わってください。

詳細は、こちらをご覧ください。
(本多昌子)

2011年12月15日

杉並Ⅰ、Ⅱステップ開催します

ごあいさつ

一年を振り返ってみる頃に、杉並ステーション主催のステップは毎年開催させて
頂いています。
今年は誰もが忘れることの出来ない東日本大震災、多くの命が一気に失われました。
家屋の破壊、津波に飲み込まれていく家、自然、、あの衝撃的な映像はしばらくは
私達の心から消えることはないでしょう。
今なお、被災地で不自由な生活を強いられている方々を思うと、心が痛みます。
お見舞い申し上げます。

色々な情報の中で、失った悲しみ、萎えた心を支えたもののなかに、
音楽があったことを見聞きしました。音楽には不思議なエネルギーがある!!
杉並ステップのステージで、個性豊かな演奏に出会えますのを楽しみにしています。

さて、ここでちょっとお知らせです。
来年度の杉並ステップは12月15日(土)16日(日)に行います。2台ピアノ、
スピネットチェンバロに加え、弦 または 管楽器などとピアノのアンサンブルでの
参加も歓迎します。

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら(



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ杉並ステーション