« 前の記事|

高岡ステップ開催レポート(2017.11.5)

冷たく澄んだ秋風の吹く11月5日、高岡ステップを開催致しました。

トークコンサートには芹澤佳司先生をお迎えしました。お得意とされているプログラムのうち、バルトーク「ルーマニア民俗舞曲」、プロコフィエフ「ピアノソナタ第7番 第1楽章」、バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」をご披露いただき、会場は芳醇な音色の連続で、圧巻の音楽空間に包まれました。今回は特別にステージ上にも客席をご用意し、高岡でピアノを学ぶ皆さんが芹澤先生の演奏とあたたかく親しみやすいトークを間近で楽しむ時間となりました。

また今年は通常のステップステージに加え、恒例の高岡地区企画ステージとしまして、第2部に「ベーシックステージ」「イケメンステージ」、第3部にステップ初参加の方ばかりの「デビューステージ」、第4部には、お友達やご家族、先生との連弾も交えた「ホームコンサートステージ」を開催いたしました。

今回初の試みである「デビューステージ」には、早い時期よりお申込みをたくさんいただきました。ステップにはじめて参加された皆さんで、期待と不安のステージとなりましたが、思いのこもった一生懸命な演奏に、客席で聴く皆さんも真剣に応援の視線を送り、会場の雰囲気はいつも以上に濃くなっていきました。アドバイザーの先生方にも、はじめてとは思えない立派な演奏の数々に、お褒めの言葉をいただきました。

続く第4部の「ホームコンサートステージ」には、ご家族同士でピアノを学ぶ方たちや、先生とのアンサンブルを楽しむ方たち、お友達同士の六手連弾など、和気藹々と賑やかなステージとなりました。ふだん1人で頑張ることの多いピアノですが、仲間同士で音楽を共有する醍醐味を、会場の方々とも一緒に楽しむことができたように思います。

アドバイザーの先生方、ご参加くださいました87組の皆さん、ご観覧の皆さんで、楽しく親密なステップを開催できましたこと、高岡地区スタッフ一同心より感謝申し上げます。またのご参加を楽しみにお待ちしております!

トークコンサート.JPGのサムネール画像
出演者たち.JPGのサムネール画像
継続表彰5-6部.JPG

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ高岡支部