2020年3月16日

4月5日 小金井4月ステップ開催

予定通り開催致します。

コロナヴァイロスの影響で諸々の事案が中止になっている世の中ですが、会場である武蔵小金井 宮地楽器さくらホールの使用も認められました。
何より、当日の除菌対策に奔走している今日この頃。
いつもとは違う形のステップになりますが、状況を考え、参加者の皆様のご理解も賜りたく存じます
参加者の皆様には、健康に留意して頂きたい気持ちで一杯です。

何卒よろしくお願い申し上げます。多摩川ステーション

2019年4月 9日

室内楽の模様

808A3276-F922-405D-9169-39FCB72E82E9.jpeg73AFC81D-9036-4419-8E0A-81A71CBD6A47.jpegEABCB8F9-3273-4F85-88D2-A1636D9CAB76.jpeg1CF213B2-187E-49E6-8825-F5B24176BC1C.jpeg

2019年4月 8日

4月7日ステップ継続表彰

699DC229-8364-49BC-B58C-503EAEC1ADCD.jpeg23AA6266-1BAB-44DC-8FC5-DA887C2018A5.jpeg3EBAA38D-E123-485F-A147-BD688E8A85E8.jpeg9F2C79B4-CB18-47D9-90D5-AEE057E98BD9.jpeg

2019年度小金井4月ステップ終了

81名の参加者の皆様に熱い演奏をしていただきました

秋葉 芳美先生、梶野 三重子先生、菅原 望先生、羽田 正明先生にお越し頂きまして、
心温まる、心の奥にまでドーンと響く本気のコメントと講評を頂戴しました。
菅原先生のトークコンサートも幾重にも拡がる音色と音楽との渦の中に浸った15分間でした。
室内楽も21組の参加者がヴァイオリン(中川和歌子先生)チェロ(中 実穂先生)の弦の響きに浸りつつ熱演されました。

81名の皆様の今後の益々のご研鑚をお祈り致します。

そして、アドバイザーの先生方も長時間に渡りありがとうございました。

2019年4月 3日

小金井4月ステップ開催します(2019.4.7)

本日は、小金井4月ステップにご参加下さり有難うございました。

「練習は不可能を可能にする」

皆様に贈る言葉です。

お陰様で、17回目を迎える事が出来ました。ピアノを愛する気持ち、継続しようという気持ち、そして、その恵まれた環境に感謝したいと思います。
今年も恒例の室内楽体験企画、ヴァイオリンの中川和歌子先生、チェロの中 実穂先生にご協力頂き、ピアノソロ以外の楽器とアンサンブルする喜びと楽しさを教えて頂き、感謝申し上げます。

益々、参加の皆様が、より上達されます様、祈念致します。
                
                多摩川ステーション 中川 さとみ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年4月11日

小金井4月ステップ終了致しました

今年で16回を迎えましたステップ。
皆さまのお陰をもちまして無事、終えることができました。
今年はプレ導入から継続表彰40回の指導者。ピアノソロは勿論、ピアノトリオ、歌、弾き語りなどバラエティに富むステップとなりました。。
アドバイザーでお迎えした宮谷理香先生のトークコンサートも春に相応しいプログラム。
そして、またまた、満席のコンサートだったのです。。
先生方にはメッセージ用紙にぎっしりと書いて頂き、感激感謝です。。

嶋名真理先生、西佳子先生、宮谷理香先生、長時間にわたり、暖かいお気持ちお言葉をありがとうございました。

2018年4月 4日

小金井4月ステップ開催します(2018.4.8)

ご挨拶

本日は、小金井4月ステップにご参加下さり有難うございました。

「やりたい」という気持ち
「やれる」という自信
「やろう」という勇気

皆様に贈る言葉です。

お陰様で、16回目を迎えることが出来ました。
16回参加して下さっている方も、初めての方も、益々継続して頂き、
ピアノを人生の友として下さい。
今年も恒例の室内楽体験企画、ヴァイオリン中川和歌子先生、
チェロ中 実穂先生にご協力を頂き、ピアノ以外の楽器の音色の美しさ、
アンサンブルの楽しさを教えて頂きまして、感謝申し上げます。
ステップ参加の皆様がより一層上達されますよう祈念致します。


多摩川ステーション 中川さとみ


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

4/3宮谷理香先生セミナー開催記録

小金井さくらホールにてセミナーが開催されました。
「これだけは押さえておきたいショパン」とテーマを頂き2時間に渡りお話、演奏をして下さいました。沢山の資料もお持ち頂き、実際に目で確認できるのは有り難いことです。特に、ショパンの手のレプリカは、生きたショパンの手に触れた様な錯覚に陥りました。マズルカ、ワルツ、ポロネーズ、ノクターンはどこがどう違うのか?だから、どう弾くのか!を話され、子供達は背伸びをせず慣れ親しみましょう!そして、練習の仕方、ポイントもお話し下さり、バラード1番の魅力的な演奏、子供達を舞台にあげてアンコールまで弾いて下さり(革命のエチュード)勿体ないくらいの見事なセミナーでした。。

時代を越えた作曲家の魂、楽譜を読むとは作曲家の遺言を読むということなので、改めて、ショパンの作品に触れ弾いてみようと思ったとおっしゃっている先生方が多かったです。。
何より、子供たちも先生方も、一気に宮谷先生のファンになったという声を沢山聞きました。。。
春休みの1日がこんなにも有意義になった!宮谷先生、ありがとうございました。
参加して下さいました受講者の方々にも御礼申し上げます。。。97C3169E-72B3-42E7-A5CF-4A02509A2C88.jpeg

2018年2月15日

宮谷理香先生のセミナーを開催いたします

ショパン国際コンクール5位入賞の宮谷理香先生のセミナーです

ショパンの作品を弾く上でこれだけはおさえておきたい!
そのポイントを素晴らしい演奏をまじえて、素敵な笑顔で中味の濃いお話しをして頂きます。。。。
申し込みが始まったばかりです

どうぞ、よろしくお願い致します

2017年4月 6日

小金井4月地区ステップ開催レポート(2017.4.2)

今年も無事終了致しました。
83名の参加者、ソロ、室内楽とバラエティに富む内容となりました。

ステップは参加目的が様々で、①一年に一回の発表会のように ②先生に勧められて ③本番前のリハなど10人10色です。

今回、一番、感動したコメントですが、「10年以上習っているけど、あがり症でそれが嫌で一回も発表会にも、何も出たことがありません。でも、今回凄い勇気を振り絞って出ました、頑張ります」と。。 。。。
この参加者の方は、室内楽参加者の方で、本番、凄く上手に弾かれていました。
この日を境に、自分に自信を持ったと確信しました。
ステップには、このような良さがあると思っています。

コンクールで良い成績をとる!それも良し。
でも、そればかりに固執しているというのも、如何にも、人間味のない味気のない、損得で世渡りする大人になること間違い無しって断言出来るっていう声も聞こえてきます。。。。
そんな大人になって貰いたくありませんが。。。。
今回強く感じたのは、心と心が通じ(綺麗な心です)、強い思いは感動に繋がる音楽を奏でるということです。

長時間心を打つコメントを書いて下さったアドバイザーの先生方。
室内楽に協力して下さった弦奏者の先生方。
裏で支えて下さるスタッフの先生方。
皆様に感謝申し上げます。



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ多摩川ステーション