セミナー アーカイブ

2009年11月20日

レポート:ピアノの構造と音の出し方(岳本恭治先生)

2009年11月8日(日)、岳本恭治先生による『ピアノの構造と音の出し方 -正しいタッチと脱力を学ぶ-』 セミナーが徳之島文化会館 リハーサル室において開かれました。

オルゴールを使い、ピアノのあらゆる部分から、どの様に音が伝わっていくのかという実験を行い、思いもかけない場所、キャスターや鍵盤の蓋からも音が伝わる事にとても驚きました。
又、音を出しながら同時に雑音も伝えてしまっているという事も知り、弾くことだけにとらわれて、実際どの様に耳に音が届いているのか、驚きの連続でした。

ピアノの構造と打鍵の仕組み、音の伝わり方、又、各楽器メーカーによる様々な違いなど、とてもわかりやすく、特徴を知る事ができました。

次に 「弾き心地」をなぜ感じてしまうのか について、どのピアノも鍵盤は何ら変わらぬ重さなのに、耳が重さを感じてしまう理由は、知らず知らずに「力み」が入り、無駄な力を入れてしまっている事、いつも通りに弾く事がなぜできないのか、又、私達が日々、生徒達に間違った手の形をさせてしまっていた事を知り、自分の指導の誤りに気付くことが出来、この講座を聞かなければ長い間ずっと誤った指導を続けていたかもと思うと、とてもありがたく、感謝の思いでした。

又、作曲家別の日記などからのレッスンの様子や、演奏法の特徴、をより詳しく説明していただき、指の使い方、フレーズ、手の形、細やかな練習方法など、レッスンを進める中でより取り入れやすく、即活用できる指導法を伺うことができ、本当に「目からウロコ」の講座内容でした。

♪ 今まで、色々な講座を受けてきましたが、直接ピアノの部品を手でさわった機会は初めてで、自分の指でさわった感触を通し、どの様に響きが伝わったか、指の動きと弾き方まで連なるお話を聞くことができ、とても参考になりました。

大きな音を出さなくても、無理な手の形をしなくても、自然な動き、無理のない響きを作ることができるということを知る機会を得られ、深い感謝の思いでいっぱいになりました。

遠い徳之島にいながらにして、とても充実した内容の講座を受講できました事に大変うれしく、感謝いたします。ありがとうございました。

2014年12月 1日

【実施レポ】アルゲリッチやゲルバーも習った 基礎テクニック開発法(長谷正一先生)

2014年11月16日(日)長谷正一先生による「アルゲリッチやゲルバーも習った基礎テクニック開発法」セミナーがヤマハ音楽教室 徳之島センターにおいて開催されました。

内容としては、アルゲリッチ、ゲルバー、バレンボイムの父も習ったアルゼンチンの名教師ヴィンチェンツォ・スカラムッツァ直伝の基本練習方法を長谷先生が実際にレクチャーして頂きました。
コンクールや発表会での音の出方...レッスンのときにはよく出ているのにホールで聴くと小さく聴こえるという悩みがありました。大きなコンサートホール会場の一番後ろまで響く音色、タッチにする方法を教えて頂きました。

いったいどのようなことから始めるのか...まずは身体をリラックスする事からでした。舞台での演奏時、頭が真っ白になったりという時は身体に力が入り集中できなくなってしまうからだそうです。頭から目、あご、舌、背中、お尻と順番に力を抜いていき、そしてフィンガートレーニングへと入っていきました。指先に力を入れたり、脱力の仕方、参加者全員で先生のご指導のもと体験し、お互い確認し合いながらトレーニング後には手の筋肉に効果が現れていることに全員驚きでした。

また、生徒にも実際演奏してもらいトレーニング前とトレーニング後の音の出方の違いを全員で確認することができました。実際に演奏した生徒達も「全然違う手みたい!」と感動していました。他にも曲に合った演奏法、連弾におけるバランスの取り方も合わせて教えて頂きとても参考になりました。

テクニックももちろん重要ですが、その前の段階のトレーンングについて詳しく教えて頂くことができ、とても充実した内容でした。今回の講座を生かし、普段のレッスンに取り入れさせて頂きたいと思います。本当にありがとうございました。

(Rep:ピティナ徳之島かんもぉーれステーション

2018年1月12日

【実施レポ】指導に役立つ効果的実践セミナー(森山純先生)

2017年12月17日(日)ヤマハ音楽教室 徳之島センターにて森山純先生をお招きし、「指導に役立つ効果的実践セミナー」という題で講座が開催されました。

レッスン室のドアを開けた瞬間に音楽の世界へ誘い、瞬時に生徒の心を掴んでしまう画期的な指導法という内容で皆さんわくわくした気持ちで参加させて頂きました。 今回の講座を受講された7名20代から50代の指導者の中で特にまだレッスン歴3年未満の20代の若い先生方は普段のレッスンでの引き出しが少ないとレッスンに悩みを抱えておりました。今回の講座はその悩みを一気に解決してくれるものとなりました。

パーティーAはとても重要でしっかり学習することでパーティーDまで全てがきちんと繋がっている実に素晴らしい教材であること。 また、生徒1人1人 の能力や個性に応じた活用ができると。

子供達のピアノ入門時期はそれぞれですが3才から小学2年生くらいまで幅広い年齢層にも対応できる教材であり年齢別の指導法はいつから始めても子供が音楽を楽しく大好きになれるよう興味を持ってもらうための様々なグッズの工夫、具体的活用方法を教えて頂き大変勉強になりました。

今回、森山先生の 温かいユーモアたっぷりの魔法のトークはとても分かりやすくあっという間の2時間でした。 また、グッズだけでなく手や言葉、視覚聴覚と五感をバランスよく使い音楽の大切な基礎を遊びの感覚で楽しくレッスン することで 子供の10分しか、 もたないという集中力を逆に上手く活かせてることを感じました。

近年の多様化した 生徒さんのニーズに応えるためにも 柔軟性を持てる 教材であり 指導者側が上手に取り入れることで多くの引き出しが増え 楽しいレッスンができることが素晴らしいと思います。 皆さん 普段のレッスンで早速、活かしたいと話されてました。 森山先生、大変お勉強になり、本当に有り難うございました。

Rep:徳之島かんもぉーれステーション 指宿晶代


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ徳之島かんもぉーれステーション