レポート アーカイブ

2007年11月30日

文京ポピュラー地区リポート

 bp0521-b.jpeg
 ◆第4回目を迎えるポピュラーステップは、アドバイザーに小原孝先生、橋本晃一先生、春畑セロリ先生という豪華メンバーをお迎えし、今回も音響の良い尚美学園バリオホール(256名収容)にて、64組の参加者全員がポピュラー曲を熱演しました。
ピティナHPのステップニュースにて音源の視聴や、参加者の感想がご覧になれます。あわせてご覧下さい。
◆午前中の第1・2部はグランミューズの部。遠くは神戸から参加された方も。「モーツァルト名曲メドレー」リレー連弾では、参加された8名全員がかつらをつけて楽しく演奏、その後もアドバイザーの先生方やご自身のアレンジ曲などの熱演が続きました。
bp0056.jpeg
 ◆午後の第3・4部は、今回の目玉企画、一流プレイヤー(ベース:高木伸治先生、ドラム:河崎真澄先生)とのピアノトリオに20名が挑戦!こちらも遠くは三重県からも3名参加。
2週間前のリハーサルから更に皆さん腕を上げて、本番は生のアンサンブルならではの楽しく、かつレベルの高い聴き応えのあるステージとなりました。
【トークコンサートプログラム】
♪ハナミズキ(詩の朗読付き)
♪ジルのロックンロール(オリジナルCD「風のメロディー」より)
♪ビル・ベイリ(「ギロック・ジャススタイルピアノ曲集」より)
♪大きな古時計(弾き語り)
夕方からの第5・6部はジュニアの部。アドバイザーをも唸らせるノリの良い演奏もあり、男の子の活躍も目立ちました。
bp0415.jpeg
全体的にレベルアップを実感した文京ポピュラーステップでしたが、次回2008年2月10日のポピュラーーステップ(豊島地区)は、巣鴨東音ホールにてアットホームな雰囲気で開催いたします。
こちらはクラシックでもポピュラーでもOK!初めて参加の方にもやさしいステージですので、ぜひ皆さんのご参加もお待ちしています!!情報を随時更新していきますので、詳細はこちらのホームページもぜひご覧ください。
【写真提供: フォトチョイス http://photochoice.net/】

2008年2月18日

2/10豊島地区ステップ リポート

       2/10は心配された雪の影響もなく、欠席者も一人もなくスムーズに進み、終始和やかなアットホームな雰囲気のステップとなりました。

toshima01.jpg親子アンサンブルによる「伝説のチャンピオン」   

 午前中は1曲以上ポピュラーを入れた方の部。ギロック・カバレフスキー・ショパンなどのクラシックもあれば、ジブリ・ディズニー曲なども続き、バラエティーに富んだプログラムでした。特にお母様のピアノと、大のクィーンファンという息子さんの歌よる「伝説のチャンピオン」は、インパクトがあり、「親子アンサンブルとは羨ましい」との声もしきり。

  丹内真弓先生によるトークコンサート  

丹内真弓先生によるトークコンサートは、音楽の3大要素「メロディー」「ハーモニー」「リズム」を、ポピュラー&ジャズからも体感する内容。「ジュ・テ・ヴ」、「どんぐりころころ」(その日の気分で)、「ロンドンデリーの歌」、「テイク・ファイブ」(リズム体験)、「スペイン」とノリの良い演奏が続き、ライブ感覚の熱いステージに参加者も来場者も大満足!

 

お父様の和太鼓で盛り上げた「八木節」

 午後3~5部もポピュラー曲が続き、中でもお父様の和太鼓で盛り上げた「八木節」は、観客を思わず引き込む迫力!お揃いのはっぴで、衣装も息もぴったり合った演奏でした。



田中克己先生による講評と表彰   夕方の6~7部はクラシックのみの部。アドバイザー田中克巳先生、砂原悟先生の的確な講評(演奏する際にピアノからのレスポンスをきちんと聴き、それぞれ反応の違ったピアノに対して音の表情を考えるなど)に、参加者は大きく頷いていました。 

◎次回のポピュラーステップは、11/23(日)尚美学園バリオホールで開催予定です。引き続き、一流プレイヤーとのピアノトリオ(ベース&ドラム)も企画しております。もちろんピアノソロ・連弾も可能ですので、どうぞ奮ってご参加ください!

アドバイザーの先生方とTOKYOポピュラーステーションスタッフ  

2008年4月 1日

≪ピアノ指導者のためのポピュラー指導法セミナー≫

080330-03.gif2008年3月30日(日)巣鴨の東音ホールにて、TOKYOポピュラーステーション主催、佐土原知子先生の≪ピアノ指導者のためのポピュラー指導法セミナー≫を開催いたしました。約2年ぶりのステップ課題曲セミナーとあって、遠くは鹿児島、長野、三重、神戸や福島などからも、51名のお申し込みをいただきました。

 ステップの概要やポピュラーステップ課題曲概要&選曲のポイント、ポピュラーステップについての説明等の後、前回の復習もかねて演奏のポイントを再確認してくださいました。つまりリズム・メロディー・ハーモニーそれぞれが大事なのは勿論のこと、特にポピュラーではリズムが命であること、原曲を知る(まず耳から入る)ことの重要性、ポピュラーならではの約束事があること(例えば強弱など書かれていない場合が多いが、何もつけなくていい訳ではない、冒頭にSwingと書いてあれば3連のノリで弾く)などです。

 

080330-02.gif


080330-01.gif

 そして、いよいよジャンル別に①ディズニー&ジブリ9曲、②ロック&ポップス系7曲、③バラード系・その他8曲、④ラテン系8曲、⑤ジャズ&フュージョン系12曲、の2007・2008年度新課題曲計44曲が丹内真弓先生やアシスタントの門田裕美さん・田中瑠美さんの演奏を交えながら紹介されました。

 最初に紹介された≪ビビディ・バビディ・ブー≫の、「原曲は意外とどっしりとしたテンポで歌っています~」というのを聞いただけで目からウロが落ちました。(余談ですが「『目からウロコが落ちる』は誤り」と今回辞書で確認して初めて知りました。ご存知でした?)同曲で違うレベルのアレンジの演奏も聴かせてくださったのも比較できて良かったです。それぞれの曲の解説が細かく書かれたプリントが配布され、ポイント説明がなされ、2回の休憩を挟み3時間20分の長時間でしたが、あっという間でした。

080330-04.gif 練習手順としては、『左手のリズムをまず作って(キチン弾けるようにして)から、その上にメロディーをのせていくのが基本』ということで、左手伴奏部分を両手で弾かせるとリズムが取りやすくなるというレッスン方法も伺い、なるほど!と感心しました。また、連弾の交差する手の位置を実演しながらの説明も解りやすく、『連弾は打鍵の時だけでなく離鍵も揃えると巧くいく』というお話も納得しました。

 セミナー終了後、茶菓付きの座談会にも30名程が残り、感想などを一人ずつ語りました。「先生方のファンで感激しました」「今度アンサンブルをやりたいと言う生徒
がいるので指導できるか心配・・・」「自分のステーションでポピュラー企画をやりたい」など様々な意見が出され、その都度佐土原先生がお答えになり、アットホームな雰囲気で楽しい一時を過ごせました。特に最後に丹内先生が仰った「クラシックで培ったテクニックを生かし繊細なポピュラーを目指す!」が印象的でした。

 次回のポピュラーステップは11月23日(日)尚美学園バリオホール開催します。昨年
同様プロ奏者とのアンサンブル企画もあり、11月9日(日)にヤマハ池袋でのリハーサ
ルも決定しました。アンサンブル参加の方は両日出られることが条件ですが、詳細は
5月に公開予定です。今から計画を立てて、生徒さんだけでなく先生ご自身もぜひご
参加ください!
(Rep:TOKYOポピュラーステーション /松原三恵子)

2008年12月19日

文京ポピュラーステップ開催レポート

穏やかな天候に恵まれた11/23(日)、ポピュラーに造詣の深い佐々木邦雄先生、橋本晃一先生、丹内真弓先生をアドバイザーにお迎えして、第6回目となるポピュラーステップ(文京ポピュラー地区)を尚美バリオホールにて開催いたしました。

今回の目玉も、やはり一流プロ奏者とのピアノトリオ企画!申込み受付開始一ヶ月足らずでアッという間に定員オーバーするほどの人気でしたが、今回もディズニーから本格的なジャズ、フュージョン、ラテンまで本格的な曲が続きました。

◇お父様の和太鼓も加わり、イヨ~!「八木節」(佐藤悠加さん)

post_268_yagibushi.jpg


◇サンバのリズムでノリノリ~「ブラジル」(門田裕美さん)

post_268_brazil_s.jpg


2週間前のリハーサルとは見違えるように力をつけた20名の熱演に、会場からはどよめきや、ため息があちこちから・・・

『合わせるのに精一杯ではなく、アンサンブルのエネルギー交流を感じて、化学反応が起きたような、素晴らしい演奏も多々ありました。』と、アドバイザーの先生も心底楽しめる曲ばかりだったとのこと。

◇親子で熱唱!クイーンの「Somebody To Love」(岡崎真弓さん、雄介さん)

post_268_queen.jpg


共演してくださった高木先生(ベース)、河崎先生(ドラム)の、身体全体を使った迫力ある演奏、そして温かいサポートに参加者は大感激!来年への期待も益々高まりました。

◇ご両親のギロ&ウッドブロックも楽しく「ウォーターメロン・マン」(奥澤絵理沙さん)

post_268_watermelon.jpg


◇ピアノトリオの醍醐味、ブルースで炸裂!「Billie's Bounce」(倉持欣幸さん) 

post_268_blues_s.jpg


ピティナHPステップニュースにて演奏も試聴ができます。⇒こちら

その他の部もレベルの高い、またファミリーアンサンブルなどの楽しい演奏が続き、クラシック、ポピュラーと区別することなく、両方のジャンルを自由に行き来できる参加者が増えてきていることを実感したステップとなりました。

『文京ポピュラーステップ最高でしたね。個性豊かで、レベルも高く、雰囲気も抜群です!私もポピュラーが好きなので、こんなに楽しいステップは初めてでした。』とアドバイザーの先生方にもご感想をいただきました。

☆次回は2009年5月10日(日)巣鴨・東音ホールにて豊島地区ステップを開催いたします。ポピュラーもクラシックもOK!電子楽器・CD/MDとのアンサンブルも可能ですので、奮ってご参加ください。

☆また、4月12日(日)には、同じく東音ホールにて『ポピュラー指導法セミナー』を開催予定。2009年度ステップ新課題曲の演奏法・指導法が一気に学べるチャンスです!!詳細は1月以降、公開いたします。

2009年4月24日

4/12ポピュラー指導法セミナーレポート

blog090412sugamo_0058s_sado.jpg

回を重ねるごとにバ-ジョンUPしていくと大好評の、佐土原知子先生丹内真弓先生による"ポピュラー指導法セミナー"を、4月12日東音ホールにて開催いたしました。定員に達した後も申込みの勢いが止まらず、遠くは福島・大阪・名古屋・静岡などからも!
皆さん真剣に聞き入り、熱心にメモを取る姿が印象的でした。

blog090412sugamo_sadoharaDS.jpg

★豊富な資料集の確認、ステップ概要の説明後、【新課題曲33曲+アンサンブル推薦曲4曲】
【1バラード系 2ロック&ポップス系 3ジャズ系 4ラテン系】 に分けて、映像や丹内先生のライヴ演奏などを交えながら、佐土原先生に1曲1曲のポイントをわかりやすく解説していただきました。


★先生方の生徒さん(門田裕美さん、田中瑠美さん、戸田愛さん)の演奏もあり、実際のレッスンでどのような指導をしたか、レッスン前後の変化なども惜しみなく公開してくださいました。

blog090412sugamoDSC_0066s.jpgblog090412sugamoDSC_0092s.jpg
(左)丹内真弓先生、門田裕美さんによる連弾
(右)田中瑠美さん、戸田愛さんによる2台ピアノ

★丹内先生が、「ビートを感じる練習は、片手よりも両手で行った方が身体に入れられる」
と話されると、すかさず佐土原先生からも、「キレを良くするには、休符をしっかり感じて、指も意識して上げることです」 と、お二人のコンビネーションもテンポも良く、あっという間の3時間!
特にボサノバでは、参加者も一緒にリズムに合わせて三段階のトレーニングを行い、「ノリがつかめなくて...」という方にも大変参考になったと思います。

自己紹介しながらの和やかな懇親会
自己紹介しながらの和やかな懇親会

★ポピュラー音楽の奥深さと、楽しさを十二分に実感できたセミナーとなりましたが、その後の懇親会にも約1/3(20名)の方が参加し、日頃のポピュラーへの取り組みや悩みについて積極的に意見交換を行いました。

(Rep:TOKYOポピュラーステーション 松原三恵子先生)


●当日参加された方の生の声(アンケート)はこちら

●当日の演奏曲より 映像
♪ 狼なんかこわくない・・・2台ピアノ推薦曲
♪ ラ・フィエスタ・・・展開3課題曲

●今後の、TOKYOポピュラーステーション主催ステップ
♪ 5月10日(日)東音ホール
♪ 11月22日(日)尚美バリオホール
   ※11月は【ピアノトリオ(ベース&ドラム)】も経験出来るチャンスです!
興味のある方は早めにお問い合わせください(毎年すぐ定員となってしまいます)。
もちろんソロ曲もOK!ただし、ポピュラー曲を1曲以上含めてください。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

●昨年11月の文京ポピュラー地区、アンサンブル映像

八木節』佐藤 悠加さん
モーニン』大塚 翔生さん
ウォーターメロン・マン』奥澤 絵理紗さん
ソルフェジェット』真砂 圭子さん
ブラジル』門田 裕美さん
Step By Step』戸田 愛さん
Billie's Bounce』倉持 欣幸さん
Footprints』田中 瑠美さん

2009年5月18日

豊島ステップ開催レポート

5/10に開催された豊島地区ステップは、ジャズ・ディズニー・日本の歌・懐かしのポップスなどのポピュラー曲と、クラシック曲がほどよいバランスのプログラムとなり、79組の方々の熱演が続きました。

特に第一部グランミューズの部では、ポピュラーらしいお洒落なアレンジ作品や、ヴォーカルやハープとのアンサンブルもあり、「まるでコンサートを聴いているようで楽しめました」と、聴衆の皆さんにも大変好評でした。全体で4回行われたアドバイザーの先生方の講評も、明日からすぐ実践できるためになるお話ばかりで、熱心にメモをとる姿も多く見られました。

097261801.jpg097261802.jpg
(左)親子でクイーンを熱演!(岡崎眞弓さん、雄介さん)
(右)サウルハープ、歌、ピアノによる、オリジナル曲(徳島陽子さん、石原啓子さん、田中美帆さん)

★丹内真弓先生の講評より
1、「学ぶ事は真似ること」
禅の教えの中で言われている言葉です。
ピアノも同じで、良いお手本を真似て、真似て、真似つくすと、そこから自分らしさというものも育ってきます。
2、「レパートリーは育てるもの」
本日弾いたから終わりではなく、マイレパートリーはいつでも弾けるよう、大事に育てていきましょう。
3、「ペダルと靴の関係」
本番用の靴で、前もって練習しておきましょう。ピアノもインシュレーターの加減で高さが違うことも知っておくこと。

097261803.jpg097261804.jpg
(左)男の子2人による楽しい連弾曲(澤登淳さん、吉川圭一さん)
(右)継続表彰者とアドバイザー橋本晃一先生

097261805.jpg
アドバイザーの先生方とスタッフ一同

次回のTOKYOポピュラーステーション主催ステップは、
★11月22日(日)尚美バリオホールにて開催いたします。
次回は『ポピュラー曲を1曲以上』必ず含めてくださいね!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

★アンサンブル企画(べース&ドラム)参加者も募集中!
毎年大人気の企画ですが、今年もまもなく定員となりそうな状況、興味のある方は至急お問い合わせください。

♪昨年11月の文京ポピュラー地区、アンサンブル映像
『八木節』佐藤 悠加さん
『モーニン』大塚 翔生さん
『ウォーターメロン・マン』奥澤 絵理紗さん
『ソルフェジェット』真砂 圭子さん
『ブラジル』門田 裕美さん
『Step By Step』戸田 愛さん
『Billie's Bounce』倉持 欣幸さん
『Footprints』田中 瑠美さん

2009年12月10日

☆2009文京ポピュラーステップ レポート(試聴音源有り)

会場からも思わず手拍子が!
山内奏音さん、河村優芽さん
外舘青空さん、西尾彩さん/ラ・クカラーチャ
(1台8手連弾。会場からも思わず手拍子が!)

11/22に、尚美バリオホールにて、第8回ポピュラーステップを開催いたしました。当日は、時折冷たい雨の降る中、たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

毎年の事ながら、プログラム内容の豊かさを感じます。1日を通して、質の高い、良いアレンジでのポピュラーピアノ曲の数々。皆さんの演奏を堪能できましたし、いつまで聞いていても飽きのこない、大きなコンサートのようでした。参加常連の方もいらして、頼もしい限りです。

第1部:石原啓子さん
石原啓子さん(ハープと歌とのアンサンブル)

第1部はグランミューズみなさん味わい深い大人のサウンドを聴かせてくださいました。ハープと歌、ピアノという3人でのエントリーも個性的で、ポピュラーステップの自由な雰囲気が十分に伝わります。

ベースの高木伸治先生
ベースの高木伸治先生

TOKYOポピュラーステップの大きな特徴は、ピアノトリオが体験できることですが、今回も第一線で活躍される、ベース高木伸治先生、ドラム河崎真澄先生、との共演が実現! 素晴らしいサポートを得て、回を重ねるごとに皆さんのレベルは上がり、第2部、3部は、まるでライブコンサートさながらです。歌う方、SAXとのジョイントなど、アンサンブルの組み合わせの多様化も広がって、舞台も盛り上がりを見せていますが、衣装や演出も工夫も楽しみのひとつですね。

ドラムの河崎真澄先生
ドラムの河崎真澄先生

【文京ポピュラーステップ:試聴できます(冒頭より1、2分程度)】
♪第2部5番:ラ・クカラーチャ/山内奏音さん、河村優芽さん、外舘青空さん、西尾彩さん
♪第3部4番:マイ・フェバリット・シングス/高井美和さん
♪第3部7番:スペイン/清本美帆さん
♪第3部8番:First Flight/戸田愛さん
♪第3部9番:BATUCADA/門田裕美さん
♪第3部10番:Roochoo Your Riffs/倉持 欣幸さん
☆この続き及び他の曲も、1月に映像公開予定です(^^)お楽しみに☆

特に印象深く思うのは、皆さんの個性が炸裂していたことです。誰の真似でもなく、ご自分の音楽が溢れていらっしいました。プロとの共演を体験するということは、理屈ではなく、身体で感じるものも多いので、それぞれの音楽性が引き出されて、開花する瞬間を見るようでした。参加者の皆さんは、素晴らしい体験を通して、多くのことを学ばれたことと思います。

Club IKSPIARI
若田靖さん、柚木智也さん/Club IKSPIARI
(兄弟デュオレ・フレールの連弾曲)

ジュニアの部、第4,5部は、クラシックとポピュラーという組み合わせでエントリーされる方が多く、クラシックの基本を押さえつつ、ポピュラーも取り入れていらっしゃる様子がよくわかります。どちらのジャンルもこなせる、リトルピアニストの成長が頼もしく思えました。

第6部のグランミューズは本日の締めとなるべく、豪華に、華やかに、実力揃いの演奏でした。特にディズニーものの連弾2組の演奏は、衣装も含めて大変楽しませて下さいました。

アドヴァイザーの先生方も、アレンジャーの観点から、とても貴重なアドヴァイスをいただき、『ポピュラーとアレンジ』は、切っても切れない深い関係にあることを感じさせられます。質の良いアレンジに出会うことこそが、ポピュラーへの取り組みの第一歩!レパートリー探しにも、会場に足を運ばれることもおススメします。

アドバイザーと継続表彰者
アドバイザーとの記念撮影
(石川芳先生、佐々木邦雄先生、春畑セロリ先生)

とにかく、今後のポピュラーステップからも目が離せません!さらに皆で盛り上げていけるとよいですね。来年が心待ちになりますように。

(レポート:Tokyoポピュラーステーション 丹内真弓先生より)

2010年5月21日

4/25ポピュラー指導法セミナーレポート&映像公開!

4月25日  ポピュラー指導法セミナー
講師:佐土原知子先生  於:東音ホール 

100425sugamo_sadohara-001.jpg 天候不順な日々が続いていましたが、この日は「待ってました!」とばかりのぽかぽか陽気♪
 巣鴨駅前の<東音>ホールにて、毎年恒例となった 佐土原知子先生のポピュラー指導法セミナーが開催されました。遠くは青森、秋田、福島、長野、大阪、名古屋などからも、定員を超える参加者が所狭しと会場を埋めました。

セミナーの内容は、

☆2010年度新課題曲 全曲の演奏(丹内真弓先生 他)&解説・楽譜の紹介

  100425sugamo_sadohara-003.jpgいつもながら、佐土原先生の準備万端ぶりには、頭が下がります。今回も、映画の挿入歌やすべての《原曲》もご紹介いただき、メロディーのリズムの取り方が大変よくわかりました。

☆丹内真弓先生のリズム講座

 もはや恒例のお楽しみともなった、丹内先生のリズム講座。この日の三種の神器は、おなじみの鍵盤ハーモニカに加え、新たに、トライアングルとタンバリンが仲間入り。
 ボサノヴァ(「オルフェの唄」)で、大きく2拍子をとりながらのリズム打ちは、会場が一体となった和やかムードのひとときでした。

100425sugamo_sadohara-002.jpg☆その他、ポピュラーの3本柱である ジャズ、ラテン、ロック&ポップス
それぞれの特徴や歴史、ステップ課題曲として人気の高いディズニーやジブリの曲について、豊富な参考資料が配布され、「なるほど~」と、新たな発見がいっぱい、おなかいっぱい、お土産いっぱい 盛りだくさんの3時間でした♪

☆進化し続ける新世代ピアニスト、松本あすか先生のミニライブ

課題曲である「2つのメヌエット」は、塩谷氏直々に、演奏のアドバイスをいただいたとのことで、完璧なテクニックに加え、構成感、和声感すべてにおいて素晴らしく説得力のある芸術品でございました。続いて、「バッハインベンション第1番」を、塩谷哲さん と、ご自身それぞれの編曲で。そのあともまた、クラシック曲の華麗なる大変身シリーズを奏でてくださいました。

100425sugamo_sadohara-004.jpgそれにしても、可憐な姿と あの細い指から なんて情熱的で こちらの心にズンッと響く何万色もの音たち!なんともいえない心地よいグルーヴが 伝わってきたことか。久しぶりに 心震える感覚を味わいました。
☆ティーパーティー

その後、佐土原先生のナビゲートで、松本あすかさん、丹内先生、参加者のみなさんで 楽しいお茶会をいたしました。
ここで、再度タンバリンの実習も行われ、全員でリズム体験も!日頃の悩みや質問も飛び交い、和やかなひとときとなりました。

100425sugamo_sadohara-005.jpgいまや、ポピュラーの指導は、避けて通れない世の中。
クラシックと相反するものという意識を捨て、レッスンの中で共存させつつ、ジャンルを隔てた音楽本来の魅力を、生徒に伝えながら、自分自身もますます深くハマっていくのでしょう♪
ご紹介いただいた新しい楽譜を数冊かかえ、心には 極上の宝物を携え、それぞれのレッスン室へと持ち帰りました。
     (●Rep:TOKYOポピュラーステーション 松田映子先生)

☆当日紹介されたステップ課題曲の映像

 ♪2010年度 ステップポピュラー新課題曲
  【基礎課題曲より】
   基礎2 フランス民謡 原川健・春畑セロリ編曲/クラリネットをこわしちゃった

   基礎3 メキシコ民謡 宮崎幸夫編曲/ラ・クカラーチャ

   基礎4 久石譲作曲 山上晃司編曲/崖の上のポニョ
  【応用課題曲より】
   応用5 G.M.ロドリゲス作曲宮崎幸夫編曲/ラ・クンパルシータ
  【展開課題曲より】
   展開1 C.ペッツォルト作曲 塩谷哲編曲/2つの「メヌエット」


 ♪ステップポピュラー現行課題曲
   応用2 フランス民謡 丹内真弓編曲/きらきら星スイング(4手連弾+オプションパート)

   発展3 J.S.バッハ作曲 丹内真弓編曲/インベンション第1番スイング(4手連弾)

 

2010年12月13日

2010文京ポピュラーステップ開催レポート


アドバイザーの先生方と表彰者の皆さん

4手連弾+ドラム、ベースによる「インヴェンション 第1番」

親子共演+ドラム、ベースによる「山崎 将義 One more time, One more chance」

アドバイザーの先生方と表彰者の皆さん

アドバイザーの先生方と表彰者の皆さん

ピアニカ、ピアノ連弾、コンガ+ドラム、ベースによる「情熱大陸」
穏やかな秋晴れの中、「第9回文京ポピュラーステップ」を、今年も尚美バリオホールで開催いたしました。

☆グランミューズの部
毎回グランミューズは、個性豊かで味わい深い演奏が特徴。
いろんな方を心から応援する、そんな温かい雰囲気がすでに1部から会場に溢れていました。

その方の人生が音に出る、そんな演奏をたくさん感じることができました。プロを目指して頑張っている方のフレッシュな演奏。
大人になってピアノを始めた方の、思い入れある演奏。
自作自演でオリジナリティー全開の方。
シニア初心者で、ステップが初舞台となった勇気あるエントリーの方。
ピアノ指導者の方の堂々たる演奏。聴衆を楽しませて下さいました。

☆ピアノトリオの部(ピアノ・ドラム・ベース)
今年で5回目となるピアノトリオは、毎年希望者が溢れる人気企画!今回も20名の方が、プロの奏者との共演でライブさながらの盛り上がりで会場を沸かせました。

グランミューズの選曲は、本格的なジャズやフュージョン、ラテン等々かなりかっこよく、聴き応えあるものに!
回を重ねるごとに、上達していく皆さんの様子は、リハから共演してくださるプロの先生方の温かいアドヴァイスのおかげでもあります。

「リズムにのる、とは、理屈でなく、身体で感じることが出来た!」そんな声が聞こえてきそう・・・体験することが、なによりの学習といえましょう。

☆ジュニアの部
初参加方もとても多かったのですが、どの方も、はじめてと思えないほど 堂々としていて、おじぎ等のステージマナーもよく、 このステップの特徴で あるポピュラー曲を、現代っ子らしく すばらしいリズム感で 弾きこなしていました。

最後の講評は、ピアニストでもある伊賀あゆみ先生が、本番前に緊張をほぐす「呼吸法」の極意を おしえてくださり、大変 参考になりました。
また、来年2月に 同じホールで行われるステップでは、なんと 伊賀あゆみ先生と連弾できるチャンスがあることをお知らせしたところ、みなさん 楽しみに、参加のほうも 検討されている様子でした。

☆全体を通して
ポピュラーステップの会場での楽しみ方は、皆さんの味わい深い演奏ももちろんですが、もうひとつの聴き所は、アレンジにあります。
クラシックと大きく違うのは、「アレンジの意図を汲み取っていかに表現するか」これもポピュラー曲演奏の大事な要素といえましょう。

また、ポピュラーステップは、課題曲の最近の傾向と、アレンジの質の高さを知るよい機会だと思います。 とても参考になる曲が多く選ばれていますので、ご自分の部だけでなく、前後の部もぜひ聴講していただければ、と思いました。
ぜひ次回のご参加、聴講もお待ちしております。

(レポート:TOKYOポピュラーステーション 丹内真弓・松田映子)

2011年12月 2日

♪11/20文京ポピュラー地区 レポート

当日は、お天気にも恵まれポカポカ陽気の中、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。お陰様で、「TOKYOポピュラーステーション」が実施する、第10回目の「ポピュラーステップ」を無事終了することができました。心より感謝申し上げます。

「トルコ行進曲~Tao~」 
「トルコ行進曲~Tao~」
第1部グラン・・・趣味の方からプロの方まで11組、大人が奏でるポピュラーは、実に味わい深い演奏が多く、選曲への思い入れにも並々ならぬものが感じられました。
ご夫婦や親子での連弾、松本あすか先生の「トルコ行進曲~Tao~」(ピアニカとピアノのデュオ)なども新鮮で、ピアノで奏でるポピュラーの奥深さを堪能できた1部でした。

第2部ジュニア(年少者)・・・かわいらしい未就園児~小学生、連弾3組を含む15組のリトルピアニストたちが、思いを込めて演奏いたしました。ディズニー、ジブリ作品を中心に、ポピュラー曲ならではの多彩なプログラミング!聴いている方も思わず口ずさみたくなる耳馴染みのあるメロディーに、小さな子供たちも、目をキラキラさせて聴き入っておりました。

先生との連弾
先生との連弾
第1・2部継続表彰
1・2部継続表彰
第3部・4部・・・グラン・ジュニア
恒例のピアノトリオの部。今回も、定員をオーバーする22組の方が、ベース高木伸治先生、ドラム河崎真澄先生の素晴らしいサポートで、活き活きと輝く演奏を披露されました。本物のグルーヴを体感できる、貴重な場を、会場の皆さんも一体となり見守る空気に溢れていました。アンサンブルをすることで、その方の持ち味がより惹き出されているようにも思いました。来年も続行予定の人気企画、「次回は私も参加してみたい!」という声もたくさん届いております。今後の展開も目が離せませんね♪


高木伸治先生(ベース)
高木伸治先生(ベース)
河崎真澄先生(ドラム)

ピアノトリオ+パーカッション
>ピアノトリオ+弾き語り
ピアノトリオ+弾き語り
第3・4部継続表彰
第3・4部継続表彰
第5部・・・ジュニア
親子連弾
親子連弾
次は小・中学生ピアニスト、16組の登場です。
夢いっぱいのディズニー、アニメソング、ジブリ、J-pop等々・・なんと楽しいプログラミングだったことでしょう!ステップの課題曲とあって、アレンジもとても良いものばかりでした。そんな中、トリをつとめてくれたのは、お父様との連弾でのギロック作曲「土曜の夜はバーボンストリート」。ビッグバンド的なサウンドで、その4本の手から、ウッドベースありトロンボーンありの、なんとも幅広い音色が繰り広げられ、会場一体ノリノリになった楽しいひとときでした。さすが親子!息もぴったりでしたね♪

第6部・・・グラン(高校生~大人)
第5・6部継続表彰
第5・6部継続表彰
いよいよ、最後の部となりました。
ぐっと大人っぽい雰囲気で、9名のグランミューズの演奏です。
倉本裕基、久石譲、ギロック、カーペンターズ、カプースチンに加え、新しいところでは、ジブリ映画「コクリコ坂から」、大河ドラマ「江」のテーマ曲など...みなさん、アンテナ張ってますね!素晴らしい!!
そして、最後の曲は、本日のアドバイザーのお一人である松本あすか先生編曲の、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番。かっこいい!!見事に、華やかな大トリをつとめてくださいました。

他にも、当日アドバイザーを務めてくださいました、佐々木邦雄先生、鈴木奈美先生の作品も何曲か演奏され、演奏する側はもちろん、先生方も喜んでくださっておりました。何より、ご本人から直接メッセージがいただけるとは、なんと有り難く貴重なことでしょう!!!(クラシックでは、なかなか叶えられないことですよね)

アドバイザー
佐々木邦雄先生
佐々木邦雄先生
鈴木奈美先生
鈴木奈美先生
松本あすか先生
松本あすか先生
来年も素晴らしいアドバイザーをお迎えして、この音響の良いバリオホールで、「ポピュラーステップ」を11月に開催予定。皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!

≪番外編≫
皆さんも普段お世話になっているピティナ本部事務局には、スゴ腕ピアニストが、何人もいらっしゃるという事実!!
皆さんご存知でしたか?
日々業務でご多忙なはずなのに、いつ練習されているのか?!基礎力が、おありなので、応用がいつでも効く?社会人の、実にかっこいいピアノとの付き合い方を垣間見た思いです。

「台風」
「台風」
「本部事務局スゴ腕ピアニスト、その1」 
有門真希さん!
1部で→pia-no-jaC←の「台風」を演奏。とてもカッコよく、抜群のテンポキープ力とビート感は圧巻!素晴らしい演奏をご披露くださいました。

「Solar」
「Solar」
「本部事務局スゴ腕ピアニスト、その2」
倉持欣幸さん!
4部のピアノトリオで、本格的フリージャズ、マイルス・デイビスの「Solar」を演奏。
アドリブはまるで生き物のように躍動。ライブハウス化した会場は拍手喝采!!で、ピアノトリオの大トリを務めてくださいました。

(Rep:TOKYOポピュラーステーション 佐土原知子、丹内真弓、松田映子)

2012年6月 1日

【実施レポ】ポピュラー指導法セミナー(佐土原知子先生)

120513sadoharaIMG_2892.jpg

新緑の美しい5月13日(日)、東京巣鴨東音ホールにて、佐土原 知子先生の「ポピュラー指導法セミナー」が行われました。毎年春開催、第10回目となるこのセミナーには、遠くは岡山、福島、静岡などからもたくさんの方が参加(70名申し込み、64名参加)。溢れ出すポピュラー曲の数々に満たされた時間を過ごすことができました。 

※今回も昨年同様に、受講料の一部と、会場内に設置された募金箱の全額を、
  「被災地にピアノを送る会」に寄付させて頂きますとのことです。(佐土原先生より)

《講座の内容》
2012年度 ピアノステップポピュラー新課題曲
ポピュラー現行課題曲
動画は、PTNAのホームページにて動画公開中、随時更新。

1部:バラード系、ディズニー、オリジナル曲、日本民謡
    ロック&ポップス系、J-POP、アニメ
2部:高木先生によるリズムトレーニングI
        ロック&ポップス系、アニメ(続き)
        ラテン系
       現行課題曲&自由曲推奨&新刊の紹介
3部:高木先生によるリズムトレーニングII
       ジャズ系
       ミニライブ

120513sadoharaIMG_2869.jpg

3部構成の全ての曲は、丹内真弓先生、門田裕美さん、戸田愛さん、そしてベースの高木伸治先生に、生演奏していただきました。
ポピュラー曲を演奏、指導するには、「原曲を知ること」「コードの理解があること」が不可欠であると、講座の中で教えていただきました。
やさしく編曲した曲には、「メロディ+ベースライン」のみのものが多いため、指導者がコード伴奏を追加して、ハーモニーを感じることができるレッスンをすることがおすすめ、とも教えていただきました。

120513sadoharaIMG_2963.jpg

今回から、課題曲の中に取り入れられた奏法、「クラスター」や「アドリブ」は、より自由に楽しめ、ウキウキですね!今回の講座で、取り入れ方を実践していただきました。
曲間に入れていただいた、高木先生のベースには、ピアノソロでは感じられない新鮮な色を感じることができました。  

120513sadohara4IMG_2931.jpg

《今回は、新刊・自由曲にお勧め曲もご紹介頂きました》

「ふぐのブルース(稲森康利作曲)」は、子供でも楽しめるジャズでした。続いて、「さどはら知子のおすすめポピュラー曲集(ミュッセ)」より、現行課題曲「トワイライト・フュージョン(三枝成彰作曲、発展3課題曲) 動画 」、「タンゴ・エチュード(ピアソラ作曲・山本京子編曲、展開2課題曲)」のフルサイズ生演奏。
K-POPメドレー(戸田愛編曲) 動画」は、
編曲者本人によるしっとりとした演奏を披露していただきました。
(ミュッセの楽譜を希望する方が殺到し、売り切れ続出でした)。

「ジェラシー(ピアノスタイル リットーミュージックより)」は、門田裕美さん(第10回ローランド・
ファンタスティック・ピアノコンクール全国大会、一般の部"優秀賞"受賞)により、情熱溢れる
演奏をしていただきました。

120513sadohara5IMG_2941.jpg『本当に役立つ練習法74』の中に紹介されている、丹内先生の指導法である、洗濯バサミ・キャンディーボール・髪ゴムの活用法(本誌に掲載)も実践していただき、目から鱗の数々でした。 



120513sadohara6IMG_2901.jpg

《高木先生によるリズムトレーニング》
アンサンブルを体験するには、ジャスト・ビートは不可欠。
「ポップス系のリズムを教えるには、どのようにメトロノームを使っていったらよいか?」について、会場の参加者と共に体験することができました。

120513sadohara7IMG_2908.jpg

Vol.Iでは、メトロノームを使って2で割る8ビート、16ビート。
Vol.IIでは、メトロノームを使って3で割るエクササイズを「ミッキーマウスマーチ」にあわせながら。
会場内の全員が、リズムの達人になったような喜びに包まれたひとときでした。

《ミニライブ》
講座のラストは、丹内先生、高木先生によるミニライブ。ベースの甘いフレーズが聴かせどころの
「酒とバラの日々(秋谷えりこ編曲)」は、ワイン片手に聴きたい酔いしれる演奏でした。
2曲目の、パワー溢れる、迫力全快!の「シング・シング・シング(春畑セロリ、丹内真弓編曲)」
に、会場内は割れんばかりの拍手に包まれました。 

120513sadohara8DSC_7133.jpg

《最後に》
この講座の内容の濃さは圧巻です!毎回、佐土原先生の進化されている情報にいつも感動しています。この資料さえあれば、ポピュラー選曲は怖くないって思える講座内容です。
次から次へと新刊が出るポピュラー曲ですが、原曲を知り、コードの知識を深めることの楽しさ、奥深さを感じることのできる講座でした。
生徒達にたくさん、パワー溢れるポピュラーを弾いてもらいたいと思っています。
今から、来年も楽しみな講座でした。

(Rep:ピティナTOKYOポピュラーステーション 板崎早苗)

2012年12月 4日

11/25文京ポピュラー地区ステップ開催レポート

当日はお天気にも恵まれ、たくさんのご来場ありがとうございました。
お陰様で無事ステップを終了することができました。心より感謝申し上げます。
以下、レポートをお届けいたします。
   
◆第1部 グランミューズ
アレグロ・タンガービレ(4手連弾)
アレグロ・タンガービレ(4手連弾)
ポピュラーステップ1部は、グランミューズで開幕。
選曲、演奏力、ともに、聴く方を楽しませる内容でした。
ポピュラーに初めて挑戦するという方もいらっしゃいますが、何も恐れることはありません。ポピュラーは自由だからです。
共通の感想としては、クラシック~ポップス~ジャズ、ジャンルを超えてどんなものも、美しく、品格があり、カッコよく演奏できる方が増えつつあることに喜びを感じました。

「こぶたぬきつねこ」他(親子連弾)
「こぶたぬきつねこ」他(親子連弾)
1部・2部の表彰者と丹内真弓先生
1部・2部の表彰者と丹内真弓先生
◆第2部 ジュニア(年少者)
大好きな曲を、練習しているうちにまたどんどん好きになった、というコメントが多かったのが印象的でした。
中には、弟が好きだから、お母さんもこの曲が好きなんてコメントもあり、練習を聴いているご家族も一緒に楽しまれているのでしょうね。先生と、兄弟と、お母さんとの連弾も楽しさが伝わってきました。
皆さん緊張した面持ちで待ってましたが、いざ演奏を始めるととても楽しげな感じで、これもポピュラーならでは、と感じました。

丹内先生からの講評に「上達するにはたくさんの演奏を聴くこと、そこからイメージを膨らませることです」とありました。
今日の演奏を聴いて次は何を弾こうかとイメージを膨らませた方も多かったのではないかと思います。

4部「CRYSTAL LOVE」(ピアノトリオ)
4部「CRYSTAL LOVE」(ピアノトリオ)
3・4部表彰者と橋本晃一先生
3・4部表彰者と橋本晃一先生
◆第3部、第4部 ピアノトリオ
当ステップの看板ともいえる、アンサンブル企画のステージです。
第3・4部あわせて総勢18組の方々が参加いたしました。共演してくださったのは、高木神治先生(ベース)と、河崎真澄先生(ドラム)。
アンサンブルステージ始まって以来、ずっと素晴らしいサポートをしてくださっております。

ベース 高木伸治先生
ベース 高木伸治先生
ドラム 河崎真澄先生
ドラム 河崎真澄先生

演奏は、弾き歌いあり、鍵盤ハーモニカあり、クラシック曲のアレンジから、ディズニーやジャズ、フュージョンなど魅力いっぱいの個性の炸裂!演奏者も聴衆も、一体となって楽しめる時間となりました。

3部「手紙」(ピアノトリオ+弾き語り)
3部「手紙」(ピアノトリオ+弾き語り)
3部「Open Arms」(ピアノトリオ+ヴォーカル)
3部「Open Arms」(ピアノトリオ+ヴォーカル)
3部「ソウル・カウボーイ」(ピアノトリオ+ピアニカ)
3部「ソウル・カウボーイ」(ピアノトリオ+ピアニカ)

◆新刊紹介 戸田愛さん
新刊紹介トーク&演奏
新刊紹介トーク&演奏
※楽譜詳細&動画はこちらから

第3部の後には、今年11月に発売された『おしゃれ韓流ドラマ&オリジナル曲集』を、戸田愛さんに演奏紹介していただきました。
収録曲は

1.Good Bye(ドラマ「美男ですね」より)
2.約束 (ドラマ「イ・サン」より)※2013年度ステップ課題曲に採用 
3.時間に逆らって(ドラマ「太陽を抱く月」より)
4.~6.戸田 愛オリジナル曲 

となっており、初級~上級の方までお楽しみいただける様々な工夫が凝らされていました。約15分間の演奏紹介、休憩時間帯だったにもかかわらず、誰一人お席から立つことなく、戸田さんの得も言われぬ温かく優しいサウンドに会場中が包まれました。その後、楽譜も飛ぶように売れ、戸田さんは、サインを求められるなど沢山のファンの方が一気に増えた様子。本当に美しいアレンジ演奏に、心癒されるひとときでした。

丹内真弓先生によるトークコンサート(ピアノトリオ)
丹内真弓先生によるトークコンサート(ピアノトリオ)
お馴染みの鍵盤ハーモニカ、今回は、なんとピアノをひきながらの演奏という名人芸を披露してくださいました。
お馴染みの鍵盤ハーモニカ、今回は、なんとピアノをひきながらの演奏という名人芸を披露してくださいました。
◆トークコンサート 丹内真弓先生
アンサンブルの部も終了し、いよいよ、本日の目玉、丹内真弓先生のトークコンサートが開催されました。ベースの高木先生、ドラムの河崎先生、引き続いての共演です。
大人気の丹内先生、インターネットやチラシでお知らせしていたこともあり、会場には溢れんばかりの聴衆が集まりました。
既に熱気に溢れた空気の中、トリオの、ノリノリのステージに、もはやバリオホールはライヴハウスさながらの盛り上がりとなりました。

曲目は、「エリーゼのために」~ステップ課題曲メドレー~「イン・ザ・ムード」丹内先生のテンポよいトークとも相まって、夢のようなポピュラーワールドに皆さん酔いしれた、お得感たっぷり!とてもとても贅沢なコンサートでした。

◆第5・6部 ジュニア
5部・6部表彰者とアドバイザーの先生方
5部・6部表彰者とアドバイザーの先生方
皆さん自分の好きな曲を弾きこんできたのでしょう。
堂々とステージに上がり落ち着きが感じられました。
ジブリ、ディズニー、j-POP、アニメとさまざまなジャンルの音楽を聴くことができました。テレビや映画、日常の生活の中で耳にして気に入った音楽を演奏できるって素敵なことですね。

加賀先生からの講評では、「ピアノはオールマイティーな楽器ですが、息継ぎしたり弓を返したりする必要がなく、つらつらとつい続けて弾けてしまいます。でもそれでは音楽的に鈍くなってしまう。フレーズを美しく奏でるためには、メロディーを自分で歌ってみる。そうすると、必ず息継ぎが必要なので、フレーズのことを考えながら、メロディーを上手に歌うことができるようになるんですよ」とのお話がありました。
「やめたいと思ったこともあったけれど、今はピアノを続けていてよかったと思っています」ともおっしゃっていました。
みなさんも弾きたい曲を見つけて末永くピアノを、音楽を楽しんでいただきたいと思います。

文京ポピュラー地区ステップは、来年も11月後半に開催予定、大好評のアンサンブル企画も続行いたします。
皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!

(Rep:TOKYOポピュラーステーション 丹内真弓、松田映子、渡部清子)

2013年6月 7日

【実施レポ】ステップポピュラー課題曲セミナー(佐土原知子先生)

毎年春に開催され今回で第11回目となる佐土原知子先生の「ポピュラー指導法セミナー」
今年も5月12日(日)東京巣鴨東音ホールにて開催されました。
WEBDSC_5038.jpg関東だけでなく、遠くは熊本、愛知、長野、福島などからもたくさんの方が参加。新課題曲説明と共に演奏上のアドバイス、指導の仕方、編曲家からのメッセージ等、ポピュラー音楽に対する様々な事を学ばせていただきました。

《講座の内容》
2013年度 ピアノステップポピュラー新課題曲
ポピュラー現行課題曲は、PTNAのホームページにて動画公開中、随時更新!

第1部:ディズニー・ジブリ曲
   バラード、童謡、民謡など
   現行課題曲&自由曲推奨&新刊の紹介

第2部:ラテン系
       ロック&ポップス系
       高木先生によるリズムトレーニング ※8・16ビート

第3部: ジャズ系
       高木先生によるリズムトレーニング※3連系
   ミニライブ

ポピュラー新課題曲44曲は資料をもとに、佐土原先生より詳しく解説して頂き、
全ての曲を丹内真弓先生、戸田愛さん、門田裕美、ベーシストの高木伸治先生に生演奏
していただきました。ポピュラー曲は編曲によって同じ曲でも七変化!!
導入や基礎の課題曲はシンプルな楽譜の為、編曲者がこだわって書いたとても大切な音
しか書かれていません。

佐土原先生よりポピュラー演奏のヒントとして、
 「譜面に隠されたハーモニーを感じること」
 「フレーズのニュアンスは原曲を聴きストリングスや楽器の音色を想像する」
 「音符の長さをどう感じて演奏するとよいか」
等々音数の少ない中でいかにポピュラーらしい演奏表現が出来るのか、初心者の方へ
指導するポイントをたくさん伝授して頂きました。


WEBDSC_5101.jpg≪高木先生によるリズムトレーニング≫
前回に続きポピュラーステップでもお馴染みのベーシストの高木伸治先生によるリズムトレーニングは、8ビートを8分のウラで捉えるための練習からスタート♪

資料に記載された歌い方を参考に、会場の皆でメトロノームに合わせながらの練習。
驚く程自然と裏に切り替わるというまさに裏ワザ!!!な方法をご紹介して頂きました。
また、後半ではミッキー・マウス・マーチに合わせて3連のウラを捉える練習もしましたが、
切り替わった後に続けるのがなんとも難しい・・・
手や口のバランスをとり自然にできるようになるまで練習したいと思います。
受講生の方も実際にピアノや手拍子で参加しながら、体験をしました。
私もポピュラー音楽を弾き初めてから「アフター・ビート」をしっかりしなきゃ!とメトロノームを使い、
裏拍の基礎練習をしますが、3連の後ろでとるのは初めはとても難しく感じていたので、高木先生のレクチャーはとても良い勉強になりました。

WEBDSC_5087.jpg第2部では、
このレクチャーで学んだビートをどう音符に感じて演奏するか。実際のベース奏法「スラップ」など、いろいろな奏法を披露してくださったので、
ピアノの左手に良く出てくるベースパート(8ビート)も、どういうベースの音色なのかを知っていれば音符の長さや重さもおのずと決まってくるというお話が印象的でした。

WEB3407.jpg第3部では、本年度よりステップに新しく「今年の1曲」としたいろいろなジャンルやレベルの~ふるさと~が追加され、応用6の「故郷」は和声がjazzっぽくお洒落な編曲でした。


WEBDSC_5090.jpgそして、丹内先生のピアニカも登場!!  
歌う=呼吸を伴って音楽を奏でる事であり、
ピアニカの持続音を利用して、音と音の間の空間エネルギーをすごく感じて演奏されていました。
まさにそのエネルギーをもって奏でる事が音楽とおっしゃっていました。
セミナーラストの「酒とバラの日々」の演奏では、丹内先生、高木先生によるピアノ&ベース演奏だけではなく、お二人の口三味線セッションも披露して頂きました!!!
ビートを細かい言葉にして、曲に"ノル"という練習は、自分の言い易い言葉に置き換えてもよいそうです。

《課題曲・自由曲推奨楽譜、トレーニング本紹介》
佐土原先生、丹内先生そして田代ユリ先生による
感性が目覚める!7つのピアノレッスン」(ドレミ楽譜出版社)より
「ハッピー・バースディ・トゥー・ユー」はわかりやすくカラー分析された資料が配布され、その日の気分で演奏を楽しんで下さいね、というお話がありました。いろいろなストーリー、シチュエーションによって表現を変えて楽しむという、「感性を開く」事がすごく心に響きました。

次に、去年発売され大好評だった
本当に役立つ!練習法74」(リットーミュージック)の第2弾が紹介されました。
身近な物を利用した活用法の中から、前回の洗濯バサミを利用した指の関節強化方法もパワーアップされ、正しいフォームを維持する為の軍手演奏を実践して頂きました。
また、譜面を押さえる役目の文鎮の使用や、丹内先生が身に着けていたボディニュアンスインナーは興味深かったです。

WEB3256.jpg

「おしゃれ韓流ドラマサウンド&オリジナルピアノ曲集(戸田愛編曲&作曲)」(東音企画)
応用2の「約束」を編曲者の戸田愛さんに演奏していただきました!響きがとてもきれいなアレンジで
休憩中にはDVDも流して下さり、また動画も全曲公開中との事。オリジナル曲もとても素晴らしかったです。

WEBDSC_5071.jpgまた「ジャズピアノバイブル・バラード・アレンジ編」(kmp) は佐土原先生おすすめのご紹介もあり楽譜は売り切れていました。       



WEBIMG_3434.jpg《ミニライブ》
毎年楽しみにしているミニライブ♪もセミナーラストに行われました。
課題曲の中から「キャラバン(国府弘子編)」「虹の彼方に(塚山エリコ編)」、アンコール「よろこびの歌(内田美雪編)」を披露された丹内先生、高木先生による迫力満点の演奏は圧巻!!会場もすごく盛り上がりました。ポピュラー音楽の醍醐味でもあるアンサンブルの楽しさを改めて感じた瞬間でした。

《最後に》
佐土原先生のセミナーは毎回充実した内容で、ポピュラーを演奏する上で大切なポイントを1曲1曲編曲者からのコメント、演奏面での工夫、様々な角度からのアドバイスを聞く事ができます。
音符の感じ方、休符、ベース、1つの音に対してそれぞれ意味のある表記になっているという
編曲家側目線のアドバイスもとても参考になりました。
またアドリブの記載している楽譜はアドリブをどうしても書いてある通り弾いてしまいがちですが、
ポピュラー演奏をする上で自分らしい"アドリブ"の表現も身につけていくことが大切だと感じました。
そして回を増すごとに進化していく課題曲、演奏のヒントがたくさん詰まった資料の多さにいつも驚きます。約4時間、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

今年のポピュラーステップは11月23日に開催します!
講座同様、今から私も参加するのがとても楽しみです。

(Rep:ピティナTOKYOポピュラーステーション 門田裕美)
 

※ 来年の「ステップポピュラー課題曲セミナー」は、2014年5月11日に開催予定です!
次回のご参加もお待ちしております。初めての方もぜひどうぞ(^.^)

【当日のアンケートより】
♪ 何と幸せな時間だったことでしょう。良い音楽にふれることは人をこんなにも幸せにしてくれる
  のですね?!!ポピュラー、クラシックの域を超えた、音楽の大切な要素を学びました。(M.T)

♪ 
毎年進化し続けるこのセミナーには感動します。あれだけの長時間にも関わらず、ダレるどころ
  かだんだんと会場全体が熱気を帯びてくるのを感じ、改めて内容の素晴らしさを実感しました!   (S.U)

♪ 
毎年このセミナーに来ると、癒され、とても刺激を受け、頑張る気力が沸いてきます。私の生徒    は、ステップでポピュラーは1曲必須となっています。とても楽しいです。生徒が全く退会しなく
  なりました。きっと生徒も楽しいんだと思います。今年度はステップを2回開催するので、
  ポピュラーをもっと広めたいです。(H.S)

♪ 今回は福島からこの講座のために来ましたが、来て良かった!!です。大人のレッスンの
  レパートリーに行き詰まっていましたので、とても参考になりました。(T.H)

♪ 
セミナー初参加です。佐土原先生もおっしゃっていたように、ポピュラーはレッスンのオマケに
  位置しがちでしたが、シンプルな曲も決してレベルが低いわけではなく、上級の曲はリズム
  のノリが息を飲む素晴らしさで、圧倒されました。(N.T)

♪ 
高木先生のリズムトレーニングを参考に地道に頑張ろうと思いました。(多数)

♪ 
初めての参加で、とても楽しく受講しました。全てためになることばかりで、佐土原先生の
  お話にもとても引き込まれました。最後の丹内先生、高木先生のミニライブは圧巻!
  素晴らしい!!また参加させていただきたいです。(M.M)

♪ 
クラシック中心のレッスンの中で、ポピュラーの要素も取り入れつつ益々生徒たちに音楽の
  素晴らしさを伝えていきたいです。ご準備も大変なことと思いますが、どうぞ来年も再来年も
  ずっと引き続きよろしくお願いいたします。(E.M)

2013年10月15日

【実施レポ】9/24(火)「ポピュラー活用法講座」~子どもから大人まで楽しく長続き!ポピュラー活用法~


無事終了しました!ご来場ありがとうございました。
(資料も内容も大好評でした(^.^))

講師:佐土原知子、丹内真弓
会場:伊藤楽器YAMAHAピアノシティ 北習志野

≪アンケートより抜粋≫

とても楽しい講座でした。イメージをもって演奏すること、大切ですね。熱心に細やかに工夫される先生方、本当に素晴らしい講座ありがとうございました。(M.T)
幅広く中身の濃い、そしてナント楽しい講座!ピアノ指導者でなくともとても勉強になりました。(R.I)
とても分かりやすい資料で、講座の内容がよく理解できました。 佐土原先生、丹内先生の実際のレッスンでの経験のお話もありとても参考になりました。(K.N)
楽譜に書いてある通り弾くというより、自分のイメージや個性の合わせてアレンジできるということにとても感動しました。私も弾いてみたいと思いました。(F.N)
電子楽器の活用法やリズムレッスンなどもありとても楽しかったです。
たくさん聴かせていただき、もっと聴きたくなりました。(T.T)
生徒さんに対しての選曲やレッスンに取り入れるヒントが盛りだくさ んで大変勉強になりました。毎回感じることなのですが、先生の生徒さ んに対する愛☆に、何ともいえない温かい気持ちにさせられます。(H.S)
良いアレンジの曲をポイントを押さえて弾くと、これほど音が活き活 きと踊り出すかということがわかりました。戸田さんのアレンジも素晴 らしい!!(E.U)
久々に講座を受け、目から鱗でした。 マンネリ化した日頃のレッスンをもう一度見つめ直し、きょうの 講座も参考させていただきたいと思います。 ピアノ素敵!やる気が出ました。ありがとうございました。(Y.K)

2013年12月 5日

11/23 文京ポピュラー地区ステップレポート

当日はポカポカ陽気の中、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました!お陰様で大変充実したステップとなり、アドバイザーはじめ、出演者、ご来場者の皆さんが笑顔になるような、和やかで楽しい内容となりました。年々会場との一体感が強まるような気がしておりますが、今年も特に3・4部のピアノトリオでは会場が一段と沸きました。以下、レポートをお届けいたします。

♪第1部
グランミューズの1部は、出演者ご自身のアレンジで、あまちゃんメドレー弾き語りに始まり、ジャズあり、シネマサウンドあり、J-POPあり、日本の叙情歌あり、ギターとピアノのアンサンブルで弾き語り、というのも新鮮でした。まるで、企画されたコンサートのような様相で、選曲も多義にわたり、あっという間に時間がたつのを体験いたしました。

「あまちゃんメドレー」
「あまちゃんメドレー」
「上を向いて歩こう」
「上を向いて歩こう」
リベルタンゴ
「リベルタンゴ」
♪第2部
小学生を中心に、16組の元気な子供たちが思い思いの選曲でポピュラーの魅力を充分に表現しておりました。
本日、アドバイザーでいらした橋本晃一先生、轟千尋先生の作品もたくさん演奏され、実際にその曲を作曲・編曲した先生から、直接メッセージをいただける、という貴重な体験をすることが出来ました。
第2部終了後には、橋本晃一先生から講評をいただき、ポピュラー音楽を今後も楽しんでほしいこと本日のみなさんの選曲がとてもよかったことなど優しく柔らかな口調で、お話くださいました。

表彰1・2部
表彰1・2部
「きらきら星」
「きらきら星」
「ヨーホー」
「ヨーホー」
♪第3・4部ピアノトリオ(ドラム&ベース)の部
毎回、盛り上がりをみせている、大いに楽しいアンサンブル企画。
22組のご参加いただき、ベース高木伸治先生、ドラム河崎真澄先生の、素晴らしいサポートをうけながら、ジャズ~ラテン~ポップスといろんなジャンルのプログラムを展開。弾き語りあり、自作自演で編曲や作曲する方も多く、より自由度を増し進化しているコーナーでした。

ジュニアの参加も(賛助出演含め)10名あり、等身大のビートに誰もが熱い拍手を送りたくなります。グランミューズでは、ライブさながらの魅せる!聴かせる!演奏も続出。

全体の印象は、「誰もが自分らしさを大いに発揮していた」ということです。ポピュラーは自由であり、こうでなくてはイケない!という制約はありません。自分らしさを発見するためにも、是非、ポピュラーステップを体験していただければと思いました。

「テイク・ファイブ」
「テイク・ファイブ」
「The Chicken」
「The Chicken」
表彰3・4部
表彰3・4部
♪第5部~第6部
ふたたびピアノソロのステージとなりました。
小学生~中高生が、個性たっぷりに若さ溢れる熱演を繰り広げてくれました。ポピュラー曲、本当に多種多様で、選曲の大変さを感じると共に、子供たちが普段の生活で耳にしている大好きな曲、身近な音楽を、からだ全体で表現していることに、とても感動しました。

全体の終わりに、3人のアドバイザーから講評をいただきました。

やはり、ポピュラーとくにジャズは、たくさん聴いて身体全体でビートを感じ、センスを磨くこと、という大岩佳子先生のお話。
轟千尋先生は、ポピュラーとクラシックの違いについてポピュラーは、会場の皆と「縦」の刻みを共に楽しむクラシックは、「横」の流れを大切にするといった内容のお話でした。

ステップでありながら、ほぼ全員が違う選曲をし、それぞれの魅力を、個性として充分に発揮していたことに、感心いたしました。

ポピュラーの楽しさを味わうと共にポピュラー曲を通して、クラシック音楽のよさを再発見された方も、たくさんいらしたと思います。

表彰5・6部
表彰5・6部
「月明かりに踊っているのはだれ」
「月明かりに踊っているのはだれ」
アドバイザー講評
アドバイザー講評
※来年は会場を変えて「城東ポピュラー地区ステップ」として2014.11.30(日)「亀戸・カメリアホール」にて開催します!!アンサンブル企画も続行しますので、ぜひ奮ってご参加くださいね。

Rep:TOKYOポピュラーステーション 佐土原知子、丹内真弓、松田映子

2014年5月30日

【実施レポ】ポピュラー指導法セミナー(1)(佐土原知子先生)

5月11日、東京巣鴨・東音ホールにて佐土原知子先生による『ポピュラー指導法セミナー』が開催されました。
リピーターも多い中、今年も関東だけでなく全国から多数の受講者が参加されました(64名申込、57名参加)。 とても充実した内容でミニライブも素晴らしく、4時間弱、新課題曲とともにポピュラー音楽の魅力をたっぷり味わえた時間となりました。


《講座の内容》

ポピュラー現行課題曲は、PTNA のホームページにて動画公開中、随時更新!

第1部
  • バラード系(童謡、わらべ歌、日本の歌、ディズニー・ジブリなど)
  • WEB新規課題曲
  • 今年の1曲「赤とんぼ」
  • 新刊紹介(推奨楽譜、書籍、トレーニング本)
  • ☆抽選プレゼントコーナー

佐土原先生の解説のもと、全ての曲をピアノ丹内真弓先生、ベーシストの高木伸治先生、戸田愛先生、門田裕美、による生演奏でご紹介して頂きました。
課題曲には、導入から上級者向けまで幅広いレベルでの選曲があり、

原曲をしっかり聞くこと
音価をどうとらえるか
打鍵のタッチ&スピードを研究すること

など、ポピュラー曲を弾く上で大切な指導のポイントを佐土原先生よりお話頂きました。
また初級では1オクターブ以上離れないアレンジが多く、弾きやすいように考慮されているそうです。
アレンジャーが書いたコードを見てどのようなアレンジになっているのかを勉強し、指導する際には、生徒に合わせて先生がアレンジ出来るようになると本当は良いとおっしゃっていました。


≪WEB課題曲≫

今年から改訂されたWEB課題曲には、子供~大人まで大人気の「アナと雪の女王」が課題曲となりました!!

ステップ課題曲になったウェブ上の発表直後から、1週間で、7,000アクセスを超える大きな反響があったそうで、小学生などは、クラスの殆どの子が映画を見に行っており、皆歌えるのだとか。
大人気曲のためアレンジが多数流通されており、選定する際に数十種類以上もある中からソロ、連弾含め8曲を選ばれたそうです。私の講師仲間でも、楽譜を購入する際どのアレンジを購入したらよいか迷っていたので、今すぐにでも弾きたい旬の楽曲をこうして選曲して下さり本当に嬉しいかぎりです。

≪今年の1曲「赤とんぼ」≫

昨年度より新しく「今年の1曲」がステップに登場し、ピティナの編曲オーディション優秀作品を含む「いろいろなアレンジを楽しむ 赤とんぼ」(ヤマハミュージックメディア刊)から、編曲者ご本人による演奏も披露して下さいました。

♪ピアノソロ(上級)「赤とんぼ ノスタルジア(郷愁)」(発展4課題曲)

戸田愛さん編曲による作品。
タイトルの通り、詩の世界観がより色彩豊かな情景へと浮かび、この作品に込めた想いがとても伝わるアレンジ、演奏でした。

♪室内楽(クラリネットとピアノ)「赤とんぼ」

内田悦子さん編曲による作品。
内田さんのピアノ伴奏に乗せて、クラリネット奏者の旦那様とのアンサンブルを披露して下さいました。
クラリネットの優しい音色に流れる綺麗なピアノの伴奏がとても合い、心に残る素敵な演奏でした。
その他、ジャズアレンジ(応用4、発展2)、中級ソロ(発展4)、連弾、合唱など、様々な形態のアレンジを紹介して頂きましたが、11/30「城東ポピュラーステップ」でも「赤とんぼ」を取り上げるそうで、今から楽しみです!


《推奨楽譜、書籍、トレーニング本紹介》
ピアノ基礎トレ365日!(CD付き)
  丹内真弓著・演奏(リットーミュージック)

この本のプレゼントコーナーでは、高木先生から3名を抽選され、大いに盛り上がりました(^^)

5指独立!スケール強化!コード強化!と目的別に基礎力をupさせる為のたった2小節のフレーズが月~土まで365日分のトレーニング・フレーズを掲載、収録したピアノ基礎トレ集!
毎日少しずつ練習ができる為、無理なく楽しく続けられます。表紙も可愛いい☆
今回のセミナーのメインテキストとしても、随所トレーニング・フレーズをご紹介頂きました。

ピアノアレンジ:ピアニスターHIROSHI、春畑セロリ、他 (ヤマハミュージックメディア)
定番のアニメソングを1曲の中にドッキングしてあるなんともユニークな作品満載!!
コンサートや発表会で目立つこと間違いなし!面白い事が大好きな方に必見です!!

とてもやさしいアレンジで弾ける3人4手の楽譜です。いろいろなシリーズも出ているそうです。

新やさしいピアノ伴奏法1、2編著:佐土原知子 ドレミ楽譜出版社

初めてコードに取り組む方の為のテキストで、いろいろなコードが使えるようになりたい方のためのテキストです。

MP3の音声データとしていつでもどこでも勉強ができるコード進行法を一通り学んだ上級者向けの講座です。

この後の休憩時間には、選りすぐりの課題曲がすぐ購入できるとあって、楽譜を求める方の長い行列が出来ました。 

以下、第2回に続く・・・お楽しみに!

(Rep:ピティナTOKYOポピュラーステーション 門田裕美)


2014年6月 6日

【実施レポ】ポピュラー指導法セミナー(2)(佐土原知子先生)

前回に引き続き、休憩後の後半レポートをお届けします!


《講座の内容》

ポピュラー現行課題曲は、PTNA のホームページにて動画公開中、随時更新!

第2部
  • ロック&ポップス系
  • 高木先生によるリズムトレーニング 8・16ビート
第3部
  • ジャズ系
  • 高木先生によるリズムトレーニング 3連系
  • ラテン系
  • 丹内真弓先生、高木伸治先生によるミニライブ
≪高木先生によるリズムトレーニング≫
●ビート系に於ける)「ビート」と「ノリ」の関係!

ステップではお馴染みのベーシストの高木伸治先生によるリズムトレーニングは、
今回もとても分かりやすく、リズム感upの練習方法を伝授して頂きました。
8ビートを8分ウラで捉える為の練習では、
メトロノームに頼らないリズムの取り方⇒メトロノームを裏拍で捉える練習が大切という事で
先生のご紹介頂いたとても簡単に裏拍がとれる方法で参加者全員で実践しました。
また、8ビートとボサノバの「ノリ」の違いでは、同じ4拍子なのに4拍均等に重さをのせる8ビートと、2ビートで大きくとらえるというボサノバの捉え方の違いも説明いただきました。
今回も口三味線をたくさん取り入れて下さり、口で言ってみると弾くより伸ばしている音を意識できる事にびっくり!!とても良い練習方法で子供でも楽しくリズム感up出来ると思いました。


●3連系

メトロノームの3連の"ウラ"で捉えるための練習
先生の裏ワザでスムーズにウラ拍で捉えられるようになるのですが、
継続するのが難しく、、、すぐに表拍に戻ってしまい会場一同苦笑。。
ミッキーマウスマーチを歌いながら参加者で楽しくトレーニングしました。
3分間はキープしてできるようにしたいと思います!!

●16ビート・ラテン・サンバの口三味線講座

16ビートをしっかり歌うコツは、体を揺らさずじっと歌うこと!
休符をしっかりと歌い、変なアクセントをつけないのがポイントだそうです。
しっかりリズムが歌えるようになったら、16ビートの曲では1.2.3.4.と身体でのり、ラテン・サンバ系(情熱大陸、宝島etc.)の曲では1.2.1.2.と2ビートで身体でのれるようになると良いそうです。
※ご質問の多かった、高木先生おすすめのメトロノームは「BossDB90」だそうです!

また丹内先生からは、毎回手作りグッズがご紹介されますが、今回はなんと100均で購入したコルクボード&カラフルピンで作れちゃう、とっても可愛いフィンガートレーニングボードをご紹介頂きました。 これはすぐマネできてとても便利なので私もすぐ作りたいと思います♪

後半の上級課題曲については、ペダルは何も書いてない所が多いけれど、ビートを出す時にはペダルを隠し味として使用すると良いそうで、このニュアンスを出す奥深いペダルも、先生の「基礎トレ」で習得できるそうです。 また、16分音符を綺麗に弾く練習は第1関節に集中して弾く事、手首だけでなくいろんな関節に意識を持って弾く事が大切だそうです。


《ミニライブ》
丹内真弓先生、高木伸治先生によるミニライブ♪

今回もセミナーラストに行われました!!
課題曲の中から「すべてをあなたに」「ルパン3世」
しっとりバラードからの、ルパンはキレのあるリズムにカッコいいアドリブ合戦で迫力満点!!
体から溢れる情熱的な演奏で、ポピュラーピアノが大好きな私含め会場の皆さん大興奮でした。
またアンコールには「宝島」も披露してくださり、本当に白熱したミニライブとなりました。
丹内先生、高木先生による演奏を通して今年も改めてポピュラーピアノの楽しさ、奥深さを実感致しました。

《最後に》

毎年数多くの新刊が発売される中、膨大の量の楽譜の中から新課題曲として選曲して下さる1曲1曲、
弾きやすさ、華やかさ、珍しい作品、そして流行まで取り入れて下さり毎回本当に資料準備の凄さに驚きます。
ステップでは、子供から大人までポピュラーの魅力的な様々なジャンルに取り組む事が出来、またそれぞれ好きな曲&レベルに合ったアレンジを見つけて演奏ができるのでピアノを演奏するモチベーションも高まっていくとても良い機会だと思います。
セミナーを通してお話されていた、ポピュラーで大切な事は、まず原曲を知る事。
原曲を聴き、「こう弾きたい」というイメージをしっかり持つことができると良いと思います。
編曲によっては元のリズムや雰囲気を変えたアレンジもあるのでそのアレンジによって音の長さをどう弾くか。今回体験させて頂いたリズムトレーニングを習得しつつ、実際に弾くタッチ、スピードを研究していきたいです。
ポピュラーの世界は、同じ曲でも色々なアレンジがあり、弾く人のその時の気分でも変化する所がとても魅力的だと思います。私も自分らしい演奏ができるよう、想像の翼を広げてみたいと思います!!

《今年のポピュラーステップ》

今年の城東ポピュラー地区ステップは今までと場所が変わり、江東区亀戸文化センター(カメリアホール)にて 11月30日(日)に開催されます!
アドバイザーには、ポピュラーに造詣の深い丹内真弓先生、春畑セロリ先生、布施 威先生という豪華な顔ぶれ!
そして高木先生も出演してくださる大好評のアンサンブル企画(ベース&ドラム)もございます。
ポピュラー音楽の醍醐味のアンサンブル!一流のプロの方とアンサンブルすることで目に見えなくとも貴重な何かを得られる機会です。経験した事のない方は是非チャレンジしてみてください♪

(Rep:ピティナTOKYOポピュラーステーション 門田裕美)

2014年12月11日

大盛況!11/30城東ポピュラー地区ステップレポート


当日はポカポカ陽気の中、たくさんの方にご来場いただきありがとうございました!
お陰様で、会場との一体感が感じられる大変充実したステップとなりました。
スタッフ一同心より感謝申し上げます。以下、詳細レポ―ト&写真を掲載いたします。

1部 グランミューズ8名

ジャズあり、アニメソングあり、演歌あり、映画音楽に今年の1曲「赤とんぼ」ありと、多岐にわたるジャンルからの選曲にポピュラー音楽の奥深さを感じました。
演奏する方の思いの乗った音、それぞれの曲で違ったリズム、1台の同じピアノから様々な音の世界が広がっていました。
「コブラ」(連弾) 「コブラ」(連弾)

2部 ジュニア17名

ディズニーやジブリをはじめ、外国民謡や日本のわらべ歌、web課題曲の「アナと雪の女王」と第2部もいろいろなジャンルの曲を聴くことができました。
そして、「この曲が好き」「この曲が弾きたい」といったコメントが多く、自分の弾いた曲に対する思い入れの強さも伝わってきました。
「夢をかなえてドラえもん」(弾き語り) 「夢をかなえてドラえもん」(弾き語り)

表彰・講評

アドバイザーの丹内先生からは、「楽譜は見るのではなく読むもの」「ピアノを弾く時もブレス感が大事」「ブレス感を感じて歌うように弾くとよい」ということと、「ホールのフルコンサートピアノの響きを考えて弾くとよい」というアドバイスをいただきました。
フルコンサートピアノは低音がよく出る(弦が長いので)ので、バランスを考えて弾くこと、大きなホールで弾いた時の響きを感じるために、ピアノのふたを開けて練習してみるとよいと教えていただきました。
第1部~2部表彰 第1部~2部表彰

第3・4部 ピアノトリオ 22組

第3部、第4部は、今や定番となりましたポピュラーステップの目玉!アンサンブル《ピアノトリオ》のステージです。共演してくださったのは、河崎真澄先生(ドラム)、高木伸治先生(ベース)です。
お二人の寛大かつ愉快なお人柄で、初めて共演する子供たちの緊張も緩和され、とても和やかな雰囲気となり、その素晴らしいサポートで、どの出演者も楽しくセッションできました。
「Before You Accuse Me」 「Before You Accuse Me」
また、エレキギター、ヴォーカル、連弾が入ったりと、様々な形態のセッションで、みなさん存分にステージを楽しみました。
「レット・イット・ゴー」(連弾+ヴォーカル) 「レット・イット・ゴー」(連弾+ヴォーカル)
先生方にもサンタさんに扮していただき、ピアノ指導者による「クリスマスメドレー」では、連弾あり、打楽器あり、鍵盤ハーモニカありで、会場からも自然と手拍子も沸き起こり、一足早いクリスマス気分を味わいました。
「クリスマスソング・メドレー」(連弾+パーカッション) 「クリスマスソング・メドレー」(連弾+パーカッション)
このアンサンブル企画も今年で9年目となり、年々レベルアップしていくなか、戸田 愛さん、門田 裕美さんの自作曲も、軽快なビートで心地よく聴かせてくれました。
そして、今年もいらっしゃいました!大トリを飾ってくださったのは、PTNA本部の重鎮 倉持氏のオリジナル曲「Drunk Dragonfly」!
2014年度 ステップ今年の1曲「赤とんぼ」をテーマに、「お酒をたしなみ赤くなった大人とんぼ」に乗せられ、カメリアホールから一瞬にしてライヴホールへとワープしたかのような、夢の空間をプレゼントしてくださいました。
「Drunk Dragonfly」 「Drunk Dragonfly」

トークコンサート

大盛り上がりのピアノトリオの部が終了後、今度は、当日のアドバイザーである丹内真弓先生の素晴らしい「トークコンサート」です。
~赤とんぼがいっぱい~というテーマで、赤とんぼの様々なアレンジ曲、 オルゴール風、ラテン~ポップス~ジャズ、隠れテーマを探せ!のクイズと、丹内先生の軽快なおしゃべりと魅力あふれる演奏に、会場がくぎ付けになりました。
トークコンサート トークコンサート
ゲスト 戸田 愛さんには、ステップ課題曲にもなっているオリジナル曲「赤とんぼ ノスタルジー(郷愁)」を哀愁たっぷりに演奏していただきました。
最後には、スタッフもステージに上がり、会場のお客様全員参加で「赤とんぼ 大合唱」♪♪♪
今年の課題曲「赤とんぼ」を、たっぷりと堪能いたしました。
「赤とんぼ」コーラス 「赤とんぼ」コーラス

講評・表彰

布施先生から、それぞれが体内で感じるビートが、太いビートの軸となり一体感が生まれる、その瞬間を味わってほしい、というビートについてのお話がありました。
第3部~4部表彰 第3部~4部表彰

第5部 ジュニア 13名

5部では「アナと雪の女王」が大人気!今話題の曲を弾いてみたいと思ったら、練習してすぐに発表できるというのがWeb課題曲ならではですね。歌やタンバリンが入ったり、連弾もありました。打楽器が一つ入るだけでも雰囲気が変わります。アンサンブルにもいろいろな可能性が広がるのもポピュラー音楽の魅力かもしれません。

第6部 ジュニア14名

第7部 グランミューズ8名

当ステップでは、必ずポピュラー曲を含むプログラムであるため、クラシックばかりのステップとはやはりステージや会場の雰囲気が異なり、リラックスムードで楽しみました。
みなさま、思い思いにお好みの曲を楽しみ、個性あふれるステージとなっておりました。

講評・表彰

春畑先生より、曲の中の「素敵ポイント」をアピールして、曲の魅力を伝えられるように。 丹内先生より、「親指を制するとピアノは断然弾きやすくなる」親指の使い方がとても重要である、というお話がありました。
第5部~7部表彰 第5部~7部表彰
☆来年は2015.11.23(月・祝)江東区文化センターにて開催が決定しました! 皆様のご参加お待ちしております!!
江東区文化センター(511席、東京メトロ東西線「東陽町」徒歩5分)

Rep:佐土原知子、松田映子、渡部清子(TOKYOポピュラーステーション)

2015年6月 5日

【実施レポ Vol.1】ポピュラー指導法セミナー

風薫る新緑の季節、今回で13年目となる毎年恒例 佐土原知子先生による「ポピュラー指導法セミナー」が5月17日東音ホールにて開催されました。
参加者の中には北は北海道~南は熊本・長崎まで、全国各地からたくさんの方が参加されました。
演奏者は丹内真弓先生、戸田愛さん、田中瑠美さんと、私門田裕美。ゲストには毎年ポピュラーステップアンサンブルでお馴染みのドラマー河崎真澄先生をお迎えし、東音ホールでは初めてというドラムを取り入れてのセミナーが行われました。

《講座の内容》

2015年度 ピアノステップポピュラー新課題曲
ポピュラー現行課題曲は、PTNAのホームページにて動画公開中、随時更新!

【第1部】

【第2部】
  • ロック&ポップス系、河崎真澄先生によるドラムセット紹介、リズムトレーニング8・16ビート
  • Web限定課題曲、小物楽器&音楽グッズ紹介

【第3部】
  • ジャズ系、ラテン系、リズムトレーニング
  • 丹内真弓先生、河崎真澄先生によるミニライブ

<今年の1曲"夏の思い出">

3年前より導入された"今年の1曲"「故郷」、「赤とんぼ」に次ぐ2015年度は、「夏の思い出」が課題となりました。日本の美しいうたを残していきたいという想いで選定されたそうで、ソロ、連弾とさまざまなアレンジを紹介して下さいました。
佐土原先生より、歌詞のついた曲を弾く時には欠かせない"歌詞の内容をよく味わうこと"の大切さをお話されました。昔の作曲家は、日本語のイントネーションも考慮してメロディーを作られていたそうです。そして、演奏に合わせて参加者の皆で実際に歌い、改めて情景が浮かぶ歌詞とメロディーの美しさを実感いたしました。楽譜もいくつかご紹介頂き、クラシカルアレンジ、プチJAZZアレンジまで改めて原曲の素晴らしさを感じました。 

 
<バラード系>
ディズニー、ジブリ、カプースチンと紹介され、「ミッキーマウスマーチ」では河崎先生のドラムも一緒に入ったことにより"跳ねるマーチ"のノリがとても伝わってきました。言葉で説明するより、ハネたリズムをまず身体で体感する事から始めるとよいノリが作れるそうです(とはいえ、最近はスキップが出来ない子どもも多いとか・・・)。

 写真

福田優子先生によるアプリ紹介では、楽しみながら、音楽の基礎を繰り返し学習できる、読譜トレーニング用教材アプリを実際にiPadを操作しながら(ビデオによる手元UPモニターも表示)紹介して下さいました。見てみるとかわいい動物とPopな色使いなど見た目も楽しく、ランキング表示などゲームをしながら自宅学習ができて、またアメリカで生まれた教材でコードネームも勉強できるユニークな特徴がたくさんありました。最近はiPhoneを使いこなす生徒が多いので、子ども達が自ら進んでチャレンジしながら上達してくれる、現代っ子にはぴったりな画期的なアプリです!私もぜひ生徒と一緒にレッスンや自宅練習で取り入れてみようと思います。

<ドラムセットの紹介、リズムトレーニング>
リズムの基本であるドラムセットについて、河崎真澄先生より紹介していただきました。
普段リズム譜や絵柄上でしか理解していなかった一つ一つの楽器について、音を出しながら特徴などとても分かりやすく説明して下さいました。
バスドラは、ピアノでいう左手のパート。8ビート、16ビートの違いなど、アフタービートを意識した手拍子での参加も皆で行いました。

  • 一人でもアンサンブルでも、一定のパルスが常に鳴っている状態をきちんと意識する
  • 常にバックビート(アフタービート)を感じて練習する

演奏上の大切な要素2つを河崎先生よりお話頂き、また丹内真弓先生からは、3連系のリズム「この素晴らしい世界」ではメロディーを歌わせる為に、鍵盤ハーモニカを使い持続音をどのように演奏するか、音楽的なフレーズを意識してからピアノでそのイメージをもって演奏すると良いとアドバイスがあり、ゆらぎの気分を分かりやすく表現してくれました。
曲紹介とともに、佐土原先生と河崎先生によるリズムについての説明もあり、リズムイメージがすごく湧きました!大切な事は、メトロノーム練習だけではなく、上達の早道は上手な人とアンサンブルをすること。
プロの方の繰り出すリズムを感じ演奏する事で、自分のなかのリズム感もUPしていくのだと思います。
ぜひ、皆さんもアンサンブルへの挑戦をおすすめいたします!!

この続きは、第2回目レポートをお楽しみに!

(Rep.TOKYOポピュラーステーション 門田裕美)

2015年6月11日

【実施レポvol.2】ポピュラー指導法セミナー

以下、5/17「ポピュラー指導法セミナー」レポートの後半です。                  

《WEB限定課題曲》

昨年絶大な人気の出た「アナと雪の女王」は、課題曲レベル枠が広がり使用しやすくなりました。
また同じく子ども達が歌って踊れる人気曲「妖怪ウォッチ」も、課題曲として紹介されました。
「ゲラゲラポー(入門)」などは、アーティキュレーションが書いてないので、原曲をよく聴いてレガートになりすぎないように。8ビートのリズムをしっかり感じて弾くことが大事だそうです。
「アナと雪の女王」は、それぞれのアレンジの良さや特徴の説明をしてくださり、戸田愛さんのアレンジ作品もご本人の演奏で披露してくださいました。その他「美しく響くピアノソロ(上級)(YMM )」シリーズより、戸田さんアレンジの「ララルー」や「カバティーナ」もとっても美しく、うっとりしながら聴きました。

《推奨楽譜、書籍、トレーニング本紹介》

鍵盤ハーモニカ奏者の松田昌氏による「マサさんのさぁ!はじめよう鍵盤ハーモニカの本」や、佐土原先生の「指導者のための ピアノレッスンカルテ」等ご紹介頂きました。「ピアノレッスンカルテ」は私もずっと使っており、レッスン現場でとても役立っています。この度、内容や紙質を見直してさらに使いやすくリニューアルされたそうです。
また小物楽器紹介では、オフィスタンナイ楽器製作会のメンバーによる手作り楽器の紹介があり、指導をしてくださる小竹誠さんによるカホン、ジャンベ、メンバーの板崎早苗さんによるカスタネット、門田裕美によるパーカッションブランドMEINL(マイネル)のデココンテストで優秀賞を受賞したカホンもお披露目し、キッドを組み立てるという作業工程や様子の写真付きでご紹介して下さいました。
ポピュラーを演奏していく上で、リズムを勉強しているといろいろな打楽器リズム隊に出会います。
オンリーワンの楽器を作ってみて、自身の演奏活動、レッスン現場に取り入れてみてはいかがでしょうか。
そして丹内真弓先生によるレッスン活用グッズ!!
ホワイトボード、マグネットを使った5線や、ホワイトボード用 罫線引きテープ、スゴロク、マシュマロサイコロ、他にも発表会景品にも合うとっても可愛いいちご型やてんとう虫型のオカリナの紹介もしてくださいました。
オカリナは音程が不安定な楽器なのでソルフェージュ力をUPさせるのに良い練習になるそうです!!
生徒と楽しみながら、ピアノを学べるので、即レッスン現場で取り入れたいグッズでした。今年もたくさんの手軽に作れて活躍する便利グッズをご紹介頂きありがとうございました!

《ジャズ系、ラテン系、リズムトレーニング》

さまざまなリズムパターンをドラムで叩き分けながら演奏して下さいました。
スイングJAZZは常に3連3つめを意識して、"ツクダツクダツクダツクダ"と叩いて下さり、より一層心地よいグルーブ感の中でアフタービートを感じる事が出来ました。
また、キューバ系音楽の鍵になるクラーベのリズム。クラベスという拍子木の叩き方も説明しながら、会場の皆で3-2,2-3のパターンを、ロックマンボ、アフロキューバン、ソンのリズムで叩き、楽譜からはなかなかイメージできないリズムパターンを、クラーベのリズムのノリを感じながら体感できてとても楽しかったです!! ドラムの音は常にいろいろなリズムが重なりあっていて、ドラムと合わせる場合どこを聴いたらよいか迷ってしまう方が多く、私も一生懸命リズムを聞いて合わせようとして更にズレてしまう・・・という苦い経験があります。大切なのは常に自分のリズムが見えていて、しっかりキープしのれているか、自分のリズムをしっかり持っていれば、ピタッと合うそうです!!
最後はシェーカーのレクチャーを受けながら「よろこびのうた」ボサノヴァバージョン
バスドラとスネアのリズムに分かれて、サンバは大きく2拍子を感じながら演奏に合わせて叩き、会場が一体となり、皆ノリノリムードの楽しいひと時でした。

《ミニライブ》

毎回とても熱い演奏で、セミナーの締めを飾るミニライブ!!
今年は丹内真弓先生、河﨑真澄先生によるライブで、スローバラードな大人JAZZサウンド「スイートメモリーズ」から始まり、ドラムのいろいろなパターンを楽しめるようアレンジされた「ウォーターメロンマン」では白熱した演奏で会場も盛り上がり、アンコールには課題曲の中から「ソーラン節~八木節」を披露して下さいました。
やはり日本のリズムに血が騒ぐと仰る丹内真弓先生が、八木節ではオカリナも演奏し、まさに高音の音色は篠笛のようでぴったり!!
カッコいいアレンジによって改めて日本の曲の独特な力強さを感じました。
なんと先生方のユニット名を募集しているそうです。
今後のライブなどすごく待ち遠しいです!!

最後に、今年も佐土原先生より素敵なアレンジ曲の紹介に資料、情報をたくさん提供してくださり、またそれぞれの特徴や歴史、さまざまなリズムパターンを用いてのドラムとの対話、ポピュラーピアノには欠かせない「リズム」についてたくさん学ぶ事が出来、とても有意義な時間でした。

尚、今年の城東ポピュラー地区ステップは、11/23(月・祝)江東区文化センター(東陽町、524名収容)にて開催いたします。皆様のご参加お待ちしております!
詳細情報 

(Rep.TOKYOポピュラーステーション 門田裕美)

2015年12月 3日

城東ポピュラーステップ開催レポート(2015.11.23)

当日は小雨模様の中、ステップ初開催となる「江東区文化センター」にて、76組の参加者をお迎えしました。

第1部では7名、第2部では13名の方が演奏してくださいました。
今ではすっかりお馴染みとなりました、ジブリやディズニーの作品の他に、カプースチンやガーシュインなどの難易度の高い曲も登場しました。また、連弾や自作の作品、アドバイザーとしてお越し頂きました橋本晃一先生の曲、当日スタッフでもあり、ピアノトリオで演奏された戸田愛さん編曲の曲など、いろいろな曲を様々な年代の方が演奏してくださり、楽しく素敵な時間でした。

2部1番「Let It Be(弾き語り)」
1・2部表彰
第3部、第4部は、ポピュラーステップ恒例のアンサンブルのステージ!今回も定員を早々にオーバーした、大人気の企画です。
今年は、小学生~シニア世代まで、23組の方がアンサンブルに挑戦してくださいました。
毎年ご賛助くださいます、高木伸治先生(ベース)、河崎真澄先生(ドラム)。お二人の演奏&笑顔のファンも年々増え続けております。連弾あり、パーカッションあり、鍵盤ハーモニカあり、自作曲あり・・ バラエティに富んだ内容に、参加者も、お客様も、ホールが一体となり、心から楽しめた時間となりました。
毎年 出演されている方は、本当に驚くほど 音もノリも良くなり、継続によりアンサンブルの力が定着していくことを実感いたしました。

3・4部表彰
4部1番「ミッション・インポッシブル(連弾&ベース、ドラム)」
4部3番「オルフェのサンバ」(ピアノ&ベース、ドラム、パーカッション)
4部8番「2人で気まぐれメドレー2015(連弾&ベース、ドラム、鍵盤ハーモニカ)
そして、このアンサンブル出演者は、その後ロビーで先生方との握手会です。憧れの先生方と直接お話したり、写真撮影ができる楽しいひとときを過ごしました。

アンサンブルのステージの後は、再びソロの部に戻りましたが、ホール内のテンションが上がったまま、皆様、気持ちよく演奏されておりました。

「必ずポピュラーを1曲演奏する」規定があるこのステップは、やはりクラシック一色とは違う、リラックスムードが漂います。
弾く人も聴く人も、アドバイザーの先生方もスタッフも、このステップに足を運んだ全ての人々の心に幸せをもたらす!?
本当に心あたたまる素敵なステップでした!

7部1番「さくら(歌&ピアノ)」
6・7部表彰
本日は、調律師さんにも全日立ち会いでお手伝いをいただき、ホールの方も、PAさんもたいへん好意的に接して下さったことも印象的でした。これもひとえに佐土原先生(代表)のご人徳と、ポピュラー音楽を愛する気持ちが伝わった証と感じております。
参加された方々、アドバイザーの先生方、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

  • 来年は、12/4(日)城東地区、12/18(日)文京地区 の2回開催を予定しております。
    アンサンブル企画(ベース・ドラムとのピアノトリオ)も続行しますので、皆様のご参加お待ちしております。
  • 詳細は、TOKYOポピュラーステーションにお問い合わせくださいませ。
(Rep.TOKYOポピュラーステーション 松田映子、真砂圭子)

2015年12月15日

☆【動画公開!】「城東ポピュラーステップ」アンサンブル企画

お待たせしました!2015.11.23城東ポピュラーステップ、
ピアノトリオの動画を公開しました(^O^)

  • 家庭用ビデオ撮影のため、音響・バランスは会場の聴こえ方とは異なります。
  • 来年は会場を変えて、「12/18(日)文京ポピュラーステップ」(文化シャッターBXホール)として開催いたします。
    アンサンブル企画も続行しますので、奮ってご参加くださいね!
    詳細は、TOKYOポピュラーステーション(佐土原)までお問合わせください。
共演:高木 伸治先生(ベース)、河崎 真澄先生(ドラム)

♪2人で気まぐれメドレー 板崎早苗(ピアノⅠ/鍵盤ハーモニカ)金子真美(ピアノⅡ)

2016年3月 2日

☆【動画公開!】白熱のバレンタインライブレポート!

TOKYOポピュラーステーション主催

2/14(日)銀座のど真ん中、「銀座ラウンジZero」にて開催されたバレンタインライブは、丹内真弓先生(Pf)、河崎真澄先生(Dr)、高木伸二先生(Bass)の表情や音から、その場で生まれてくる音楽がどんどん熱くなっていく様子が伝わり、パワフルで白熱!!聴いているこちらも自然とノリノリになり、本当に楽しいライブを聴かせて頂き感動致しました。

そしてピアノソロ、デュオとそれぞれの楽器をフューチャーした丹内先生の斬新なアレンジがまた素晴らしく、ベースやドラムへの愛をたくさん感じ、演奏を通して楽器の良さや可能性、トリオになる事でこんなにもハッピーで楽しい音楽になるのかと、醍醐味を感じる事ができました。

ジャズスタンダードの曲でもクラシカルな部分がたくさん盛り込まれており、大変勉強になりました。ポピュラーステップアンサンブル(12/18「文京ポピュラー地区ステップ」)への参加が今からとても楽しみです!

  また1部終了後には、佐土原知子先生、丹内真弓先生、戸田愛先生による、2016年度ステップ新課題曲紹介やお楽しみ抽選会もあり、大変盛り上がりました。
今回この素敵なライブを企画・司会・曲の解説もしてくださいました、佐土原知子先生による「ポピュラー指導法セミナー(5/15)」でも、ミニライブがあるそうで、また聴けるのが今からすごく楽しみです。 

(Rep:TOKYOポピュラーステーション 門田裕美)

≪当日の迫力を動画で!≫「ウイスキーがお好きでしょ」(抜粋)
≪当日のプログラム≫
≪当日のアンケートより≫
  • 選曲もアレンジも素晴らしく、圧倒されっぱなしでした!熱い演奏が心に響いて、明日からまた頑張れそうです。とても幸せな時間でした。(Y.T)
  • 銀座のおしゃれな会場でのライブということで、ワクワクしながら来ました。素晴らしいバレンタインのひとときでした。次回のライブが待ち遠しいです!(複数)
  • 聴衆を飽きさせないアイデアの数々、工夫で最後まで楽しむことができました。
  • 曲、演奏はもちろんのこと、進行がよかったです。(Y.K)
  • 内から出てくるエネルギーが素敵でした。音楽って、自由で楽しい!ものだと感じる
  • ことができました。(M,M)
  • 本格的な演奏とお楽しみ企画、課題曲紹介、おいしいお料理、と盛りだくさんで、
  • 楽しい時間を過ごさせていただきました!先生方のお人柄が表れた、和やかなライブだったと思います。(T.Y)
  • オルゴールの曲が自分で作れるなんてびっくり!あとはジャズあり、バラードありで、素敵な曲が満載の幸せな時間でした。どうやったらあのようにいろいろなアレンジができるのかしら?素敵な音の一片でも拾えたら・・なんて思いました。(H.O)

2016年5月30日

【実施詳細レポVol.1】ポピュラー指導法セミナー(ステップ課題曲セミナー)(2016.5.15)

5月15日、東京巣鴨・東音ホールにて佐土原知子先生による『ポピュラー指導法セミナー』が開催され、今年も関東だけでなく全国から多くの受講者の方が参加されました。 「レッスン現場でポピュラー曲を取り入れる為の分かりやすい解説」と、「演奏のヒントやコツ」「リズム体験&トレーニング」など、新課題曲とともにリズムを意識する大切さや、ポピュラー音楽の表現の奥深さを実感できた4時間となりました。
演奏者は丹内真弓先生、戸田愛先生、私門田裕美。ゲストには、ポピュラーステップアンサンブルでもお馴染みのドラマー河崎真澄先生をお迎えしました。

《講座の内容》
2016年度 ピアノステップポピュラー新課題曲21曲
ポピュラー現行課題曲は、PTNAのホームページにて動画公開中、随時更新!

<第1部>
①今年の1曲「おぼろ月夜」
②バラード系(ディズニー、シネマ、その他)
③バスティンアプリ紹介

<第2部>
①ロック&ポップス系、ラテン系、ジャズ系
②ドラムセット紹介、リズムトレーニング
③ミニライブ 丹内真弓先生(ピアノ)&河崎真澄先生(ドラム)によるデュオライブ!!

≪ステップ今年の1曲"おぼろ月夜"≫
"故郷""赤とんぼ""夏の思い出"に続く第4弾!!歌曲をまずは歌詞を一度読んでみる、歌ってみるという事がとても大切で、演奏に合わせて受講生全員で歌い、改めて言葉を意識できました。
演奏上のポイントとして、言葉のイントネーションによって同音でも意味合い(気持ち)が変わる為、指使いを変えて音のニュアンスに変化をつける事がコツだそうです。 お洒落なコード進行のもの、見やすいものなど、5曲ご紹介して頂き、 アレンジャーの戸田愛さんご本人によるとても綺麗で色彩豊かな響きの演奏も聴かせて頂きました。
ムジカノーヴァ3月号掲載、ミュッセでも発売中

唱歌では昔の言葉などが出てくるため、読んだだけでは分からない言葉の意味をきちんと調べて、歌詞の意味から感じる情景をイメージしてアレンジされたそうです。
ポピュラー曲は、アレンジが入るため、同じ曲でもアレンジャーによって全く変わります。
そのため『これぞ!』と思う好きなアレンジャーを見つける事が大切で、佐土原先生はアレンジャーのお名前をまず見てから楽譜を選ぶそうです。

≪バラード系(ディズニー・シネマ・クラシック編曲もの)≫
バラード系の曲の最後に、キラキラ音が入る事で演奏がより素敵になる効果的な方法として、ドラマー河?先生によりツリーチャイムとウィンドチャイムの紹介をして頂きました。
「ララルー」と一緒にピアノで高音域オルゴール風やハンドベルでも演奏できる "おまけ楽譜"を丹内先生が作って下さり、今回プラスワン楽器として、トイピアノについてお話、演奏もして下さいました。

子供用のおもちゃピアノとして開発された"トイピアノ"ですが、今ではなんとプロの"トイピアニスト"呼ばれる方もいるそうでなかなか奥が深いそうです。 丹内先生が使用していたトイピアノは透明で中の構造が良く見え、鍵盤もカラフルでとても可愛く、癒される音色なのでツリーチャイム同様、音の世界の幅を広げる効果的な音としてレッスンやはステージで取り入れたら、とても楽しいと思いました!!

この効果音を取り入れた先生方によるアンサンブル演奏は、会場中が癒され、やさしい気持ちに浸りました♪


映画音楽などスケールが大きい楽曲は、原曲を聴きながらイメージを持ち、ソロピアノでも原曲の音色を想像しながらタッチや音質を工夫し、壮大な曲は更にピアノを良く響かせることがポイントとお話されました。
ソロピアノ&ドラムアンサンブルとして、ドラムが入る事により華やかに迫力のある演奏を聞かせて頂きました。
アレンジをされた戸田愛先生による美しいフォーレ作曲「夢のあとに」の演奏や、 コール・ポーター作曲「ソー・イング・ラブ」国府弘子先生編曲では、丹内先生の鍵盤ハーモニカの歌いあげるメロディーが重なり、音の深みが増してとても素敵でした。

☆お知らせ☆ 「アレンジワークショップ」第3弾にて、国府弘子先生、佐土原知子先生の基調講演や、丹内真弓先生が講師をされます。私も毎回楽しみで受講しているのですが、今回は発表会で弾き映えするアレンジやアンサンブルアイデアなどを教えてくださるそうです!(全3回)10/4.11/2.12/1開催です。
⇒詳細はこちら
≪バスティンデジタル教材(アプリ紹介for iPad)≫
音楽の基礎をレッスン現場や自宅で繰り返し学習できる、読譜トレーニング用教材アプリを、福田優子先生により紹介されました。
実際に受講者もiPadを操作しながら体験し、使いやすさと楽しさに感動していました。

生徒情報をまとめたり、宿題を出したり、レッスンスケジュールの管理まで出来る、 先生と生徒の為のデジタル版レッスンノートをご紹介頂きました。
最近ではタブレットを持つ生徒も増え、タブレット管理は社会の現場では多くみられるようになり気になっていたので私もピアノ教室でこの画期的なアプリを是非使ってみたいです!

休憩時間にも、熱心な質問が飛び交っていました。  この続きは、第2回目レポートをお楽しみに!
(REP. TOKYOポピュラーステーション 門田裕美)

  • このセミナーの収益の一部と、当日の募金の全てを、「ピティナ熊本県内災害義援金」へ寄付させていただきました。ご協力誠にありがとうございました。

2016年6月 6日

【実施詳細レポVol.2】ポピュラー指導法セミナー(ステップ課題曲セミナー)(2016.5.15)

≪第2部 ロック&ポップス系(8ビート、16ビート)≫
河﨑先生によるドラムセット紹介では、セットされたたくさんの楽器について、スクリーンに映しながら1つ1つ音を鳴らし、どんなジャンルの曲によく使うかなど丁寧に解説して下さいました。

私たち日本人は西洋の音楽のアフタービート(裏拍に)ノることが苦手なので、その練習として手と足を使って裏打ちリズムトレーニングをしました。
また、受講者が実際に8ビートを叩いてみよう!というドラム体験コーナーもあり、河﨑先生のアドバイスにより、丹内先生が即興でピアノを演奏し、豪華なドラム体験となり大変盛り上がりました!

クラシックの人に多い"なんとなくリズム"ではなく16分を"しっかり刻めるように"する事が大切で、音楽を聴く時は普段から体を動かす→常に足などでリズムをとる(踊る)。
そうする事でもっともっと音楽が楽しくなるそうです!!
また休符の多い曲では、休符を意識しすぎると重たくなるので、ビート感やエネルギーがなくならないように、常にバックビートを意識して演奏する事が大切だそうです。

「ハッピー」では、受講者もタンバリンを叩きリズム参加し、丹内先生より、弾きこなすためには"手首の柔軟性"が必要ということで、手をグーと下げる「手首のばし」、「指おり」、親指の付け根を意識する「親指回し」など手の体操について、貴重なお話をお伺いできました。

≪ラテン系リズムトレーニング≫
キューバ系リズム"2.3クラーベ"の練習の後に「テキーラ」に合わせていろいろな小物楽器(クラーベ、カスタネット、マラカス、シェーカー、カシシ等々)を使用しリズム体験&楽器体験しました。
会場中での大アンサンブルはノリノリな"テキーラ"演奏となりました!

続いて、ブラジル系リズムの代表、サンバとボサノバについてお話いただきました。
ボサノバは、和声的に複雑、都会的で小粋なリズム、サンバはホイッスルを使った賑やかなリズムとのことで、「波(ウェーブ)」では、癒しのボサノバから途中でノリノリなサンバへリズムを変えて演奏して下さいました。

≪ジャズ系≫
スイングジャズは3連"ドュグダ、ドュグダ"の裏を意識してイメージして弾く事が大切で、ジャズで使うブラシについて持ち方や動かし方もお話して下さり、大変勉強になりました。
実際に曲に合わせても、ドラマーがいる事で演奏上のスウィング感がすごく伝わってきました。

≪ミニライブ≫
丹内真弓先生(ピアノ)&河崎真澄先生(ドラム)によるデュオライブは、バッハのインベンション8番、4番を丹内先生の素敵なアレンジにより、カッコいいノリノリのリズムで大迫力の演奏でした!!また、アンコールでは、ジャジーでお洒落な「すべてをあなたに」を披露して下さいました。



≪まとめ≫
今回ピアノ演奏にドラムを入れながらの解説の中で、ポピュラー音楽では"リズムがいかに大切か"ピアノの4分音符1つでも音価を"タン"ではなく分割して"ツクタカ"と感じる。ドラムのリズムやバックに入る効果音などをイメージして弾く事により、更にポピュラー音楽の表現の幅が広がり、グルーブも生まれるのだと感じました。

また、「ピアノと鍵盤ハーモニカ」「ピアノとトイピアノと効果音」「ピアノとドラム」など、プラス楽器とのアンサンブル演奏もたくさん披露して下さり、ポピュラー音楽はほとんどがアンサンブル形態ということからも、原曲の世界観、リズム、音色のイメージをしっかりもって演奏する事が大切なのだと改めて感じました。

≪お知らせ≫
今年の「文京ポピュラー地区ステップ」は、12月18日(日)文化シャッターBXホールにて開催されます。
⇒詳細はこちら

また、クラシックも大歓迎の、「城東ポピュラー地区ステップ」も12月4日(日)亀戸文化センターカメリアホールにて開催されます。
⇒詳細はこちら

そして、来年の「ポピュラー指導法セミナー」は趣を変えて、2017年5月16日(火)午前に、「旬のポピュラー曲&編曲もの」を中心とした楽しいレクチャー付きの「公開録音コンサート」として開催されるそうです。
2018年3月に初開催予定の、『編曲もの&ポピュラー系コンクール』の課題曲もご紹介して下さるとのこと、来年もまた楽しみです!

(Rep.TOKYOポピュラーステーション 門田裕美)

2016年12月16日

12/4「城東地区ステップ」動画・レポート公開!!

当日はポカポカ陽気の中、たくさんの方にご来場いただきました。
Xmasシーズン到来に合わせて、受付もクリスマス仕様。舞台上には目を引くほど巨大なツリーで、ステージを華やかに演出しました。
沢山の方に喜ばれ、写真を一緒に撮る方が続出!良い記念のお手伝いも出来たでしょうか?コメント用紙の封筒にも、Xmasシールを付けて差し上げておりますので、この時期の記念になること願っております。

1部

グランミューズの気合の入った演奏から開演。目標を持って頑張っていらっしゃる方。誰かに聴いていただくための心の込もった演奏など、思いが伝わるものばかりでした。

2部~4部

これから成長していかれる年齢の方々の参加で、この年齢ならではの素直な気持ちが伝わってくる演奏でした。その中でコンクールなどの目標を持って取り組まれている方もいらっしゃいました。

♪「逢えてよかったね」企画

4部後には、舞台上にクリスマスの帽子やカチューシャを着けたスタッフによる合唱団、ドラム、ベースにハンドベルや鍵盤ハーモニカも加わり、リズミカルなピアノにのせて、ピティナ50周年企画「逢えてよかったね」を会場の方々と大合唱。
注目は、ステップ初!ペンライトを導入。(参加してくださった方には、ペンライトをプレゼント)
途中から暗くなった会場は、揺れるペンライトの光で一体感が増しました。



5部

大学のピアノサークルや、職場の同僚とアンサンブル、など音楽を楽しむ様々な様子が伺えました。
 

6部

賛助出演のドラム、ベースが入ったアンサンブルも数曲あり、ポピュラー色豊かなコーナーとなりました。本格的クラシックもあり、音楽の多様性を体感する部となりました。

7部

高い目標と、極みを目指す方々のコーナーとなり気合の演奏が続きました。
第7部終了後のアドバイザーの先生方の講評がとても良いお話しだったので、少し紹介させて頂きます。

「目標は普段の練習の時から160%を目指しましょう。本番は練習の半分くらいになるから、 80%出せれぱ十分。」
「一生懸命弾くということと、心を込めて人に伝えるということは同じではない。」

次回は、今週12/18に「文京ポピュラー地区ステップ」を開催いたします。

ぜひ皆様お誘い合わせの上、お越しくださいね!

(Rep:TOKYOポピュラーステーション丹内真弓、真砂圭子)

2017年1月 4日

12/18「文京ポピュラー地区ステップ」写真・レポート公開!

佐土原知子先生が代表をされておりますピティナTOKYOポピュラーステーションでは、今年は12月に2回ステップを開催。
その2回目である 「文京ポピュラー地区ステップ」が、12/18 文京シヤッターBXホールにて行われました。

アンサンブル、連弾を含む合計 63組の方々の演奏が 5部編成にて繰り広げられました。
様々の年齢の方がジャンルという垣根を越え、聞いている方も楽しませてくれる演奏をして下さいました。

第3部&第4部は、毎年恒例となりましたドラム及びベースギターとのピアノトリオ。今年は26組の方々が ご参加くださいました。
D.パウダー 「Bad Day 」の弾き語り(男子小学生の素晴らしい英語の発音に舌を巻きました!)に始まり、ジャズあり ボサノバあり、会場がノリノリの空気感で一体となった ポピュラーならではの楽しくリラックスした雰囲気を楽しませていただきました。
時期的に「ジングルベル」や「サンタが街にやってくる」、ベートーヴェン「第九」のアレンジなど クリスマスカラーを彷彿させる選曲も多く、参加者たちも サンタ帽あり、トナカイのカチューシャあり、と ウキウキワクワクのステージでした。

「ターザン」より
「サンタが街にやってくる」
「Bad Day」
「情熱大陸」
3・4部表彰
アンサンブル出演者記念撮影

アンサンブルステージの後は、お待ちかね!丹内真弓先生のトークコンサートでした。佐土原先生との共著として発売ホヤホヤの楽譜「プレミアム・アレンジでブルクミュラー~レッスンや発表会が楽しめるバリエーション集~」から、数曲の演奏。私達の耳慣れたブルグミュラーの練習曲が、丹内先生の腕にかかると魔法のように?変身していく様を楽しませていただきました。ピアノの可能性、音楽の多様性 その魅力をクラシック、ポピュラーの垣根を越えて実感できるひとときとなりました。

引き続き、ステーション特別企画として ポピュラーステップにも縁のある 小原孝先生の「逢えてよかったね」を大合唱。色とりどりのペンライトで星空のようなロマンティックな空間が演出されました。
今回も 素敵な笑顔と 超明るいキャラクターで素晴らしい演奏サポートしてくださいました、河崎真澄先生(ドラム)、高木伸治先生(ベース)にも 心より感謝いたします。

アドバイザーには、丹内真弓先生の他 熊本県より黒木和子先生、兵庫県より佐藤由有子先生にお越しいただきました。それぞれの先生方の愛に溢れたあたたかな講評もまた参加者の皆さんへのクリスマスプレゼントとなった事でしょう。

講評時にアドバイザーの先生方から、「自分たちの小さい時には、このように色々なジャンルの音楽に触れる機会がなかったことを残念に思う、と。
また、音楽の基本は同じで基礎がしっかりしていることが大切。ビビッドなトークコンサートで盛り上げて下さった丹内先生からはペダルについてアドバイスがありました。

 

来年もまた同じ会場にて12月10日に開催予定です。特に、アンサンブル企画は大人気のコーナーですので、お考えの方は 早めのお申し込みをお勧めいたします。

(Rep:TOKYOポピュラーステーション 松田映子、真砂圭子)



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナTOKYOポピュラーステーション