« 前の記事| 後の記事 »

和歌山秋季ステップ開催レポート(2016.10.30)

2016年10月30日
メディアアートホールにて、95組の参加者を迎え、スタッフの先生方の素晴らしいチームワークの元、無事に秋季ステップを終える事が出来ました。
初参加の方は、38組と多く、和歌山にステップが浸透しつつある事を嬉しく思います。
今回は、アドバイザーの赤松林太郎先生によるトークコンサートを、第一部、第四部の後に開催させていただきました。
先生の素晴らしい演奏とトークに、感動して会場内が、湧き立ちました。

23ステップ、フリーステージの中には、活き活きとした楽しいステージに加え、受験やコンクールの為の真剣さがひしひしと伝わってくるようなステージもありました。
年齢も、幼児からシニアの方まで幅広く、音楽性豊かなコンサートとなりました。
中でも先生と生徒の息のあった連弾、グランミューズのご夫婦での連弾は、お互いを思いやるような心に染み入るような音色で、会場を温かく包み込んでくれました。

アドバイザーの先生方の講評に、沢山の物を見て聴いて感動する気持ちを持つ事、演奏会へ行って生の音を聴いて肌で感じて、心に響く何かに出会う事、どう弾きたいか、どんな音を出したいか、考えて、イメージ力を持つ事が大切、とのアドバイスをしてくださいました。

これからも、ステップの発展を願いつつ、参加者の皆様が、気持ちよく演奏できます様にお手伝いをさせていただきたいと思います。
今後とも、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

西崎富士子


※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ和歌山支部