« 前の記事|

和歌山秋季ステップ開催レポート(2020.10.25)

全てが止まってしまった夏から 少しずつ動き始めた秋でした。
コロナに対しては 皆さんそれぞれ感じ方に温度差があると思います。

出演された方は 観客が居なくても 舞台で弾けて良かった、嬉しかったとお声掛けていただきました。
やはり ひとつのステージの力は 生徒さんには大きな成長に繋がると感じます。
何も無く終わった今は 開催して良かったと思いますが やはり 感染も、クラスターも無いことを祈る開催後の2週間は 長く感じました。
生徒さんにとっては 大切な一年ですから 何も無く終わるのは 辛いものです。
来年 コロナの終息を心から願っていますが
不安定な中でも 出来る範囲で 出来ることをやっていければと思っています。
上手く舞台を利用して 生徒さん方の音楽への興味が失われない様にしてもらえたらと願います。

山野 佳美

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ和歌山支部