ピティナ支部・ステーション一覧

名称 早稲田シエスタステーション
代表者 1197waseda-siesta_nishimoto.jpg

西本 夏生

早稲田・高田馬場近辺を中心として、幅広い層の方々が集まるようなステップを初めとする活動を展開していくことを願って早稲田シエスタステーションは発足しました。
シエスタとは、スペイン語で「何をしてもよい長いお昼休み」を意味しています。活発に物事が動きだす朝、そして1日の締めの作業に追われる夜、その合間の昼の時間帯にある、自分の好きなことをリラックスしてやれる、そんな時間。この早稲田シエスタステーションが、みなさんの活動の合間にあるホッと一息抜ける場所であったり、次の活動へのエネルギーチャージとなる場所であるように願いを込めて命名しました。
早稲田地区は、たくさんの学生たちの熱気に溢れ、また多国籍な人々が集まる場所でもあり、常に熱いエネルギーに満ちています。ここに老若男女、幅広い年齢層、そして様々な活動形態を持った音楽を愛する人々が集まって、次世代につながる夢のある活動が展開されていくことを楽しみにしています。
何かひとかけらでも興味を持たれた方は、気軽にいらしてください!ここからたくさんのつながりが生まれていくことを願っています。
それでは、みなさまにお会いできることを心から楽しみにしています。

プロフィール 北海道富良野市出身。早稲田大学卒業(学士・人間科学)、東京藝術大学大学院(音楽教育・ピアノ専攻)修了。スペイン・カタルーニャ高等音楽院(ESMUC)、カステジョン高等音楽院それぞれ修士課程修了。サン・ジョバンニ・テアッティーノ国際ピアノコンクール第1位を初めとして数々の国際コンクールにて上位入賞。世界10カ国以上での演奏経験を持つ。現在は日本とスペインを拠点に国際的な演奏活動を展開中。
また、様々なバックグラウンドを持つ方たちの「弾きたい!」をサポートするため、「ピアノ教室アウラデムジカ」を主宰するなど、教育的な活動も行なっている。
中村明美、宮澤功行、木内泰子、迫昭嘉、ピエール・レアク、レオネル・モラレス各氏に師事。
設立
沿革
協力支部 千代田支部
活動内容