レポート アーカイブ

2008年12月 7日

放課後キッズ・音楽プログラム「この指とまれ!ドレミ塾」 横浜より発信!!!

 
♪この指とまれ! ドレミ塾♪

歌って メロディー!
はずんで リズム!
みんなで ハーモニー!

音楽は 心を作る お友達!!!


 横浜アンサンブル・アソシエでは、昨年9月より、特定非営利活動法人(NPO)教育支援協会の依頼を受け、放課後の時間を利用して、子どもたちが音楽に触れ合う時間を提供する音楽プログラム「♪この指とまれ!ドレミ塾♪」を開始しました。
 ピティナに所属するピアノ教師2名で担当しています。(大石由起子・五十嵐栄子・笹山美由紀)


◎教育支援協会としての趣旨
すべての子どもを対象として、安全・安心な子どもの活動拠点(居場所)を設け、地域の方々の参画を得て、子どもたちと共に勉強やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動等の取組みを推進する。


◎ドレミ塾の趣旨
1.感覚が伸びる大切な時期に、色々な角度からの刺激を、多く体験することにより、情緒豊かな心優しい子供へと成長するきっかけを提供する。
2.簡単なリズム遊びや歌や鑑賞などの音楽体験を通じて、知る喜びや出来る喜び(達成感)を感じ、何事にも積極的に参加するようになること。
3.皆と協力して1つの音楽を作り上げていくことにより、協調性(輪の精神)を養い、社会性を身につけることができる。
4.音楽を通じて感じられる能力・生き生きとした生活・人格形成のお手伝いをしたい。
5.最終的に「音楽って、楽しいね!」という心を育て、音楽が生涯の友となるきっかけを提供したい。
     
    
            このプログラムは、子どもたち一人ひとりが、主役です!!!
     一人ひとりにスポットライトがあたるよう、プログラムしていきたいと思っています。


◎「この指とまれ!ドレミ塾」活動内容・形態
現在のところ、春と秋の年に2度、1時間のプログラムを8回で1クールとし、8回目に公開コンサートを開いて終了!という形で実施しています。
1クールごとにテーマを決め、少しずつでも音楽を感じ、習得してもらうことを目的としています。

             
             日時:水曜日 15:00~16:00(1時間)x8回
             場所:横浜市青葉区つつじヶ丘小学校 音楽室


第1弾:いろんな楽器を知ろう!
プログラム内容
♪.みんなで行進!ギャロップ!スキップ!
♪.ドレミ体操で、音符をキャッチ!
♪.リズムで遊ぼう!ワン・ツー・スリー!
♪.いろんな楽器を知ろう!
♪.クラリネットと一緒に遊ぼう!
♪.いろんな作曲家を知ろう!
♪.曲当てクイズ!知ってる曲あるかな?
♪.歌ってメロディー!みんなでハーモニー!
♪.さぁ、クリスマスパーティーだ!

第1回目の音楽プログラムでは、一人ひとりが音楽に触れ、楽しみながら1時間を過ごすことができました。また、8回目のクリスマス・コンサートにおきましては、保護者の方にも参観していただき、みんなで1つの音楽を作り上げていく喜びや達成感などを体感できたのではないかと思います。
 

第2弾:世界の作曲家を知ろう!!!「
プログラム内容
♪.みんなで行進!ギャロップ!スキップ!
♪.ドレミ体操で、音符をキャッチ! 世界の作曲家を知ろう!!!「日本」
♪.リズムで遊ぼう!ワン・ツー・スリー!   「ドイツ」
♪.いろんな楽器を知ろう!           「ロシア」
♪.クラリネットと一緒に遊ぼう!        「アメリカ」
♪.動物園へ行こう!知ってる動物出てくるかな?   「フランス」
♪.色々な国の踊りに、触れてみよう!          「スペイン」
♪.歌ってメロディー!みんなでハーモニー!「北欧」(ノルウェー・スウェーデン・フィンランド)
♪.みんなで合唱!合奏!
♪サマー・コンサート♪ 色々な国の音楽、演奏できるかな? さぁ、チャレンジしてみよう!

夏の音楽プログラムでは、1人ひとりが音楽に触れ、色々な楽器にも親しみながら、1時間を楽しく過ごすことができました。
また、8回目のサマー・コンサートにおきましては、お友だちや保護者の方にも参観していただき、皆緊張する中、1つの音楽を作り上げていく喜びや達成感などを体感できたのではないかと思います。
この秋からのプログラムも、年末に向かって、ベートーヴェン作曲の「第九」の有名な旋律の部分をドイツ語で歌ってみることに、チャレンジしてみようと思います。
子供たちの音楽の世界が広がることを願いながら、さぁ、秋のプログラムのスタートです!!!


第3弾:ドイツ語で「第九」を歌おう!!!
プログラム内容
♪.ドレミ体操で、音符をキャッチ!
♪.第九の音読み、開始!        ベートーヴェンについて、もっと詳しく知ろう!!
♪.ドイツ語で歌ってみよう!!! モーツァルトって、どんな人???
♪.リズムで遊ぼう!ワン・ツー・スリー! チャイコフスキーの曲、知ってるかな?
♪.秋の歌、どのくらい知ってるかな??? ラフマニノフって、どこの国の人?
♪.ワルツ・ポロネーズ・マズルカetc.
 色々な曲、聴いてみよう! あの有名なショパンの曲、どのくらい知っているかな?

♪.音楽の原点を探ってみよう!!! 音楽の父・バッハの音楽とは?
♪.歌ってメロディー!みんなでハーモニー!
♪.色々な楽器を演奏しよう!        コンサートへ向けて、ラストスパートだ!
♪.みんなで合唱!合奏!
♪.「第九を歌おう!!!」        さぁ!ドイツ語で「第九」を歌います!
 
2008-12-16-01.jpg2008-12-16-02.jpg


2008-12-16-03.jpg2008-12-16-04.jpg

◎講師の先生の感想
 ♪五十嵐栄子♪ 記
今年の春と秋にドレミ塾のお手伝いをさせていただきました。
ふだんレッスンでは、一対一という形ですので、多人数の、しかも元気な小学生たちのパワーには圧倒されました。
少々落ち着かず、放課後のお遊び気分の子どもたちに、正直、最初はヘトヘトになりましたが、
彼らは課題を与えると驚くほどの力を発揮して、それを一生懸命にこなそうとします。
毎回8回目の最終回には、それまでの成果発表ということで、ミニコンサートを開いたのですが、
大勢の観客を前にして、子どもたちの素晴らしかったこと!
こちらが「できるかな?」と思った曲も見事なチームワークで演奏し、やり遂げた子どもたちの笑顔には胸が熱くなりました。
小さなうちから身近に音があるというのは、とても大切なこと。
小さいときの遠い記憶が、いつか大きくなったときにもう一度目を覚まし、その子の心の支えになったり、勇気になってくれたら・・・と
それを願いつつ、これからも子どもたちと音楽を通して関わっていけたらと思っております。

 ♪笹山美由紀♪ 記
第3弾のプログラムを終え、「やってよかったな!」というのが、実感です。
毎回、元気いっぱいの笑顔で、音楽室へ駆け込んでくる子どもたちに、沢山のエネルギーをもらいました。
8回目のコンサートに向け、「私、がんばる!!」と目を輝かせて語る子どもに、私も答えなければと、全エネルギーを出し切っての1時間です。

円陣を組んで、「がんばるぞー!オー!!!」の掛け声と共に始めたコンサートでは、一人ひとりが立派に役目をこなし、自信に満ち溢れた表情がとても印象的でした。毎回、保護者の方の応援もあり、皆一生懸命に歌い、演奏します。
子どもたちの勇気と集中力と団結力に支えられ、1つのことを皆の力で成し遂げた達成感に満たされた瞬間、「また、やりたい!!!」の言葉に、次もがんばろう!と思うのです。

このプログラムに関わらせていただき、このように音楽と触れ合う時間を提供でき、純粋に音楽を楽しんでくれる子どもたちと出会えたことに、心より感謝しています。

2008-12-16-05.jpg

放課後を利用して、子どもたちが音楽に触れ合う時間を提供する!というシステムが、今後全国的に展開されていくことを期待します。そのため、子どもたちにとって、音楽が生涯の友となり、音楽によって救われる機会を、広く多く提供できるよう、講師を募りたいと思っております。
どうぞ、興味のある方、参加してみたい方、子どもたちの笑顔が見たい方、いらっしゃいましたら、笹山までご連絡ください。
お待ちしております。

連絡先:Tel&Fax 045-893-3132 
       mewmew-s@xf7.so-net.ne.jp


 

2015年6月24日

横浜夏季ステップ開催レポート(2015.6.14)

今回の目的は、エレクトーンアンサンブルを通して音楽を演奏するうえでのイメージ(想像力)、呼吸感(長いフレーズ)、音色の幅の広がり、リズム感を養って頂こう!でした。今年度のコンペティション課題曲を使って、A1、B、C級とエレクトーンとのアンサンブルをしましたが、どの参加者の方も確実に音楽の世界が広がり、良い経験ができたと思います。



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ横浜アンサンブルアソシエステーション