« 前の記事| 後の記事 »

成東ステップ開催レポート

成東ステップの開催記録です(-^〇^-)。
25&26日の土・日の二日間に渡り開催された「成東ステップ」、無事終了しました。

まぁ、もろもろのアクシデントはありましたが、乗り越えて、いや踏み倒してつつがなく...(`ε´)。今年も成東ステップでは去年に引き続き、グランドピアノを二台舞台に並べて、アンサンブルにも対応出来るようにしました。ソロに加えて、連弾や二台ピアノでの演奏、フルートなど他の楽器の伴奏。ピアノ協奏曲まで飛び出し、演奏形態は4手から6手、8手まで、演奏形態も様々。ピアノという楽器の可能性を提示してくれたかなって思いますね。ピティナのホームページ、【最新のニュース】にて当日のレポートがご覧頂けます~\(^ー^)/。(→こちら

【ハロウィン・ステップ】という副題が浸透して、仮装する参加者も増えました。お姫さまにスパイダーマン、メイドや魔女、ミッキー、剣士も登場。黒いドレスにオレンジ色の飾りを付けたオシャレさんや、飾りのついたカチューシャで気分を盛り上げたオシャマさんも。皆さん、思い思いの格好で舞台を楽しんでいました。ただね~、緊張からか強張った顔が多かったかな(^。^;)。来年は笑顔も添えてね~(o^∀^o)ゞ。

今回は新しい試みとして、白石照男先生との二台ピアノでの【トークコンサート】をプログラムの合間に挟んでみました。実直で温厚なお人柄が音に現れる白石先生と、性格そのままピアノの上でもワイルド~に弾ける鈴木直美。一見ミスマッチな感じ。音楽の世界では、この個性の違いが炸裂してかえって面白かったかも知れません。「あんな風にピアノが弾けたら楽しそう。」そのような感想をいただいた時には「よっしゃ~(^◇^)┛」と、心の中でガッツポーズ!「弾けたら良いな~」と、思っていただくことが我々の目的ですからね。どうぞ次回は、あなたがチャレンジしてみて下さい(-^〇^-)。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ千葉外房ステーション