2020年9月28日

<zoomオンラインセミナー>「子どもの意欲と能力を伸ばす指導」シリーズ 確実に基礎力を身につける導入指導 〜コンクールへの挑戦編(甲斐 環先生)

9月27日(日) 甲斐環先生を講師にお招きし、「子どもの意欲と能力を伸ばす指導」シリーズ 確実に基礎力を身につける導入指導 〜コンクールへの挑戦編 として、Zoomを使用してのオンラインセミナーを開催いたしました。

今回はオンラインでのセミナーということで、甲斐先生のレッスン室からご講義いただくという貴重な機会となりました。そして、近隣にお住まいの先生方だけでなく遠方にお住まいの先生方の参加も叶いました!甲斐先生、御参加いただいた先生方ありがとうございました。

 

初めに先生が導入期のレッスンで大切にされている、音・リズムを読めるようにする、音価・強弱を理解することについてお話しいただきました。また、先生の指導方法の基となった経験もお聞かせくださいました。
続いて、レッスンに通い始めたばかりの生徒さんへの基礎力をつけるレッスン方法をご教授いただきました。実際のレッスンの様子も動画で拝見し、小さな生徒さんたちが笑顔で楽しく取り組んでいる姿が印象的でした。
次に、甲斐先生が大切にされている、指づくりについてもお話しくださいました。先生のアイデア溢れる指づくりの方法に驚き、とても興味深く聞き入ってしまいました!

講座を通して、甲斐先生が生徒さん一人一人を理解し寄り添いレッスンをなさっている事が伝わってきました。ピアノを教えるにあたり、信念を持ち諦めないことの大切さも改めて感じました。
画面を通してではありましたが、甲斐先生の温かく明快なお人柄にも触れさせていただき、パワーを頂けたように思います。貴重なお話をたくさんお聞かせいただき、有意義なセミナーとなりました。
甲斐先生、本当にありがとうございました!

また、本部スタッフの方にもお力添えをいただき無事に開催できましたこと、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

報告者 大沢 可

2020年9月18日

第6回 深谷地区ピティナ・ピアノステップ開催記録

2020年9月5日(土)第6回目となる深谷地区ピティナ・ピアノステップを開催いたしました。アドバイザーには安嶋健太郎先生、財満和音先生をお迎えし、演奏者へのメッセージ用紙には、たくさんの温かいコメント、ご指導を賜りました。受け取られた参加者の皆様が、先生方のアドバイスを基に、今後益々研鑽を積まれピアノを楽しんでいただけましたら幸いでございます。

安嶋健太郎先生

財満和音先生

また、今年は新型コロナウィルス禍での開催となりました。
感染予防対策にご理解とご協力を賜りながら、おひとりも欠席することなく68組の皆様が演奏を終えることができました。アドバイザーの諸先生方、参加者の皆様、また関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

会場入り口前にて検温を実施いたしました。その際、間隔をとれるよう、足元には赤い線で明示し、ソーシャルディスタンスを保ちました。全員の方が体調も万全で受付を済まされました。

一般の方につきましてはご入場を制限する無観客開催となりましたため、付き添いの方のご入場も、参加者の方おひとりにつき2名までに制限させていただきました。

受付では感染予防対策として、人との接触を回避する為、パスポート・コメント用紙・レターパックを箱の中に提出するだけで受付完了となるよう工夫をいたしました。

付き添いの方には『ふっかちゃん』入りの参加の部と番号の付いた付添人シールを胸に貼っていただきました。


会場内も、左右の隣席を空け、ソーシャルディスタンスマークを活用し、座席制限をしました。

参加者の方へ、演奏後は付き添いの方とご一緒にご退場いただくよう予めお伝えし、ご協力いただきましたので、密になることもありませんでした。また、会館内は、外気を取り入れた換気を常に行っているため、演奏中はドアを閉め、休憩中は、ドアすべてを開放し更に換気に努めました。また、消毒用スプレーで座席やタッチポイントなどの消毒も行いました。

フェイスシールドを使用した司会のスタッフが進行の説明をさせていただきました。
そして、参加者の方を誘導し、演奏が始まります。
今回は飛沫感染を防ぐ為に、演奏前のアナウンスを舞台袖の影マイクで行い、参加者は会場内からステージに向かいました。

深谷地区実施事務局企画「世界一周の旅♪ポーランドの作品を弾こう!」
毎年、深谷地区では「世界一周音楽の旅♪」と題し、様々な国の作曲家の作品を弾こう!と呼び掛けております。今年の国はポーランドです。
ポーランド民謡や舞曲、ポーランド出身の作曲家の作品を選曲し演奏してくださいました26名の皆様、ご協力ありがとうございました。


ピティナ・ピアノステップ
第1部、2部では、導入、基礎、応用、発展、フリーの方々が演奏されました。堂々と演奏される姿や、グランミューズの方の継続力を感じさせられる演奏がとても印象的でした。
第3部、4部では、導入、基礎、応用、フリーの方々が演奏されました。楽しく、かわいらしい曲の数々、そして、堂々と弾きこなし表現力あふれた素晴らしい演奏も多く感じられました。
第5部では、フリーの演奏となりました。音楽に真摯に向き合い、演奏される姿は本当に立派で、聴きごたえのある部となりました。
第6部、7部では、導入、基礎、応用、フリーとなりました。音楽に親しまれ、楽しく演奏されている姿が多く見受けられ、最後まで聴き手に伝わる素晴らしい音楽が会場内に響いておりました。
各参加者の演奏終了後に鍵盤を鍵盤専用クリーナーで拭き、参加者の皆様が安心して演奏に集中できるようにいたしました。

継続表彰
今年の継続表彰対象者は10名でした。
感染予防対策により、舞台上での継続表彰は行いませんでしたが、対象者の演奏終了後にステージ上でご紹介させていただきました。音楽を長く継続して学び、親しまれていることを本当に嬉しく思います。

継続表彰者の方をご紹介いたします。

【第1部】
5回継続表彰  大木 柚葉さん
5回継続表彰  小島 優彩乃さん
【第3部】
15回継続表彰 藤田 知沙さん
5回継続表彰  角田 妃愛さん
25回継続表彰 小川 英哲さん
【第5部】
20回継続表彰 中島 凛香さん
【第6部】
5回継続表彰  中島 万喜さん
【第7部】
5回継続表彰  町田 文也さん
5回継続表彰  田島 来望さん
5回継続表彰  笠井 梨生さん
ステップが、研鑽を積まれる皆様の良い機会になりますこと、そして、これからもピアノを継続し学んでいかれることを願っております。
10名の皆様おめでとうございます!!



今回の新型コロナウィルス禍のなか、皆様が安心してご参加いただけるよう、スタッフ一同、感染予防対策に努めてまいりました。終了後、参加者の方々から、ステップ開催に当たり、スタッフに対し心温まるメッセージをいただきました。改めて、ステップがピアノ学習者の皆様を応援する大切なステージであることを認識し、また前を向く機会となりました。
最後に、アドバイザーの諸先生方、参加者の皆様、関係者の皆様に支えられ、無事に終了できましたこと、深く感謝申し上げます。

次回となる第7回目は、2021年9月12日(日)に開催を予定しております。
また皆様にお会いできますことを深谷ゆりステーションスタッフ一同楽しみにしております。

報告者 吉田京子

2020年度深谷地区ステップ御礼  

2020年度深谷地区ステップを9月5日(土)、アドバイザーに安嶋健太郎先生、財満和音先生をお迎えし、無観客にて開催することができました。 

アドバイザーの先生方におかれましては、コロナ禍、また、お忙しい中、ご指導にお越し下さり感謝申し上げます。

今年は、「ポーランドの作品を弾こう♪」と、参加者の皆さんに呼び掛けました。 ご選曲いただいた皆様、ありがとうございました。 ショパンを始めポーランドのたくさんの素敵な作品を聴くことができまして感謝申し上げます。 さて、感染対策といたしまして、今回は三密を回避したステップを行いました。 特に、換気、人との接触回避に重点をおきました。 そのため、例年通りの形式では開催できないため、受付の仕方、演奏の仕方、司会、集計、アドバイザー接待、全て例年と方法を変えました。 出演者の皆様にはご不便をお掛けしましたが、こちらの方針と感染対策にご協力頂きまして、ありがとうございました。 お陰様で、68組の全員の皆様が、ステージでの演奏を楽しんで頂けましたこと、安堵すると共に皆様の素敵な演奏に、スタッフ一同癒されました。 参加者の皆様、アドバイザーの先生方のご健康と今後益々のご活躍をお祈り申し上げます。

2020年9月 2日

深谷ステップ開催します(2020.9.5)


             ご挨拶

新型コロナウィルス禍の中、ピティナ・ピアノステップ深谷地区に
ご参加くださいまして、誠にありがとうございます。
深谷市は、埼玉県北西部に位置し、北部には利根川、南部には荒川が
流れる自然豊かな地域で、農産物や花の産業が盛んです。
深谷ゆりステーションは、ゆりの花の出荷量全国1位を誇る深谷市に
ちなみ命名し、お陰様で6年目を迎えることができました。
2021年に大河ドラマ主人公、2024年には新1万円札の肖像となる
深谷市の偉人「渋沢栄一翁」の遺した「忠如のこころ」(まごころ・
思いやり)をモットーに、スタッフ一同、参加者の皆様のお手伝いを
させていただきます。

深谷のゆりが大輪の花を咲かせるように、本日のステップが皆様の
大きな夢を花開かせる一つの機会となりますようお祈り申し上げます。


ピティナ深谷ゆりステーション


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2020年8月 4日

■深谷地区 感染防止対策を取ったステップ開催方針について (実施事務局より)

 皆様、お元気でいらっしゃいますか。

新型コロナウィルス感染症はとても厄介な怖い病気です。

治療薬やワクチンは、開発されてから安心して投与できるまで、とても時間が掛かります。長期に渡り不安が続く中、私たちは音楽にどんなに心癒されていることでしょう。

この感染症が長期に渡れば渡るほど、私たちは、怯えるだけでなく新型コロナウィルスについて学び、感染防止のための対策を日常の生活習慣として前向きに過ごす必要があると思います。

参加者の皆様は、ピアノ音楽に希望を持ちステップに向けて日々練習に励んでおられることでしょう。その練習の成果を安心安全の中、発表して頂きたく、現在深谷ゆりステーションでは感染防止対策について準備を進めております。

尚、今後の感染拡大等の状況により、皆様の安全を考え中止になる場合もございます。その時は、参加者の皆様お一人お一人にご連絡、ご対応させていただきます。ご了承下さいますようお願い申し上げます。

現在のところ、深谷地区ステップでは、「密閉」「密集」「密接」の三密を回避した方法での開催となります。つきましては、次の点について皆様にご協力頂きたく、ご確認の上、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

① 無観客で行います。

参加者の付き添いとしてご入場できる方は2名までとなります。やむを得ない事情で人数が2名を超える場合は、個別に対応させていただきます。

② アドバイザーは、場内の密を避けるため、2名となります。

③ 舞台上のアドバイザーによる講評、継続表彰式、トークコンサートを中止と致します。

④ 当日は、参加者及び入場される皆様にマスクの着用をお願い致します。マスクを着用されていない方の入場はできません。ご協力下さいますようお願い申し上げます。

⑤ 入場の際に検温させて頂きます。37.5度以上の発熱の方のご入場はできません。

足台の用意はございません。必要な方は、ご自身の物を忘れずご持参下さい。

更衣室の用意はございません。

メッセージ用紙とパスポートは、当日お渡しできません。後日発送いたします。

つきましては、あらかじめレターパックを郵便局でお買い求めになり、住所、氏名を記入し、当日ご持参下さい。

⑨ 講評と継続表彰はございませんので、演奏終了後は、付き添いの皆様もご一緒にご退出頂きます

⑩ 可能な限り、ステップ2週間前までに、厚生労働省の「新型コロナウィルス接触確認アプリ」をインストールし感染者と接触していないかのご確認のご協力をお願いいたします。

※詳しい当日の流れは、参加表と共にお伝え致します。あらかじめご覧になって当日お越し下さい。

2020年8月3                  深谷ゆりステーション

2019年9月20日

深谷ステップ開催レポート(2019.9.8)

2019年9月8日(日)
第5回の深谷地区ステップを開催致しました。


アドバイザーに、木住野睦子先生、白水芳枝先生、田中宏明先生、
藤井隆史先生をお迎えし、118組というたくさんの方々に
ご参加いただきました。


♪実施事務企画『世界一周音楽の旅!』アメリカの作曲家の作品を弾こう!
今回はアメリカ出身の作曲家での参加を募集したところ、
74名もの多くの方々が選奏してくださいました。
たくさんのアメリカの作品に触れることができました。
演奏してくださった皆様ありがとうございました。

♪ステップ本番
第1部~第8部まで導入・基礎・応用・フリーと、
各部が幅広いプログラムとなりました。


2部ごとにアドバイザーの先生方より、ご講評いただきました。
音楽を表現し音楽で伝えることの大切さや素晴らしさを
わかりやすくお話してくださいました。


♪継続表彰
今回は、継続表彰対象者は10名でした。
昨年より、ふっかちゃんも加わっての先生方との記念撮影ですが、
今年はアドバイザーの先生より温かなお声掛けを頂き演奏者全員でも
記念撮影しました。

【第1部】 5回継続表彰  石川 十吾さん


【第3部】 5回継続表彰  辺見 綺与さん
5回継続表彰  山口 翠さん
5回継続表彰  辺見 優音さん
10回継続表彰  竹渕 音羽さん
【第4部】
5回継続表彰  永島 優愛さん
5回継続表彰  森脇 裕佳さん


【第6部】
5回継続表彰  半田 想那さん


【第7部】
10回継続表彰  金井 ひなのさん
【第8部】
10回継続表彰  竹内 さくらさん


♪トークコンサート
今回はピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)の先生方に
トークコンサートをお願いしました。実施事務企画『世界一周音楽の旅!』
に沿ってアメリカの作曲家バーンスタインから始まりました。
トークのなかで、曲そのものや作曲家と出身地、また作曲家同士の関りを
お話しくだいました。流れるような構成で、まるで音楽の旅をしているような
素敵なコンサートでした。

※プログラム※
1.キャンディード序曲/バーンスタイン作曲
2.交響曲 新世界より 第2楽章「家路」/ドヴォルザーク作曲
3.ハンガリー舞曲 第6番/ブラームス作曲


♪ご当地シール
昨年より深谷地区のステップはご当地シールになりました。
『深谷のアイドル「ふっかちゃん」が、名産のひとつである
「深谷ゆり」の音符の葉っぱに乗って、皆さんの素敵な演奏に気持ちよく
揺られているイメージ』で、皆さんに感謝の気持ちをこめて作成しました。
そして、今年もふっかちゃんが応援にかけつけてくれました。また、
ご後援頂いている深谷花卉生産組合連合会会長様よりたくさんの
ゆりの花を頂戴し、ステージや受付に飾りました。ありがとうございました。


♪深谷ゆりステーションでは、スタッフ手作りによる、皆さんをお出迎えする
看板、コミュニケーションカードを届けるふっかちゃんポスト、
また出演者の皆さまに安心して貰えるよう、当日の流れを記載したプリントを
お配りしました。


アドバイザーの諸先生方、出演者の皆様、ご協力くださった全ての方々のおかげで、
第5回を迎える事ができ、無事に開催できましたこと、改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました。来年度も、参加してくださる皆様に安心して演奏をして
いただき、有意義な時間を過ごして頂けるよう、スタッフ一同、
心を込めて運営したいと考えております。


次回のステップは、2020年9月5日(土)を予定しております。
多くの方々のご参加をお待ちしております。

報告者 金田 順子

2019年9月16日

【実施レポ】連弾を楽しもう ~1+1=1! 2人で奏でる1つの音楽~ (ピアノデュオ ドゥオール)

2019年 9月7日(土) 和幸楽器熊谷店ホールに於きまして、ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史先生、白水芳江先生)をお招きし開催されました。

ピアノ指導者だけでなく、小さな生徒さんから大人のピアノ愛好者や親御さんで満員になった会場に、鮮やかなブルーのドレスに身をまとった白水先生、そして貴公子のような凛とした姿で現れた藤井先生、オープニングの「美しき青きドナウ」を演奏してくださいました。涼し気な美しいドナウの水面、また源流から太く雄大なドナウの流れを想像させる多彩な音色の演奏に、会場の皆さんが一気にドォオールの先生方の演奏に惹きつけられました。

2人白水美 セミナー.jpg

次に演奏されたグリーグのペールギュント組曲の、「朝」、「アニトラの踊り」では、世界地図を用いて、作曲者の生まれた国や曲の解説をしてくださいました。「朝」ではどんな場面の朝であるのか、何時くらいの朝か、など演奏をしながら解説をしてくださり、ピアノの音が先生方のお話により、頭の中でその場面が再現されるような感覚にとらわれました。

説明 白水 セミナー.jpg

また、「アニトラの踊り」では、仕事嫌いで道楽者、女を騙すことばかり考えているペールギュントと、酋長の娘で怪しく魅惑的なアニトラの話を二人の絶妙なやり取りでユーモアたっぷりにお話され、会場中が笑いの渦に包まれました。

次は会場に来られた生徒さんにも弾くことができる、これまでのピティナのコンペティションの課題曲を用いての解説をしてくださいました。音数の少ない曲を取り上げられた際、例えば片手では弾かず両手を使ってそれぞれの音のバランスをよりクリアに表現する、また両手ユニゾンで演奏する箇所では、部分部分で右手と左手のバランスを変えていくことが大事であるなど、本格的な連弾の妙技を生徒さんから指導者まで皆さんが理解しやすい説明で解説してくださいました。

新弾きながら.jpg

小学生3組のレッスンでは、小学1年生の初めての連弾にも、各々の音のバランスやフレーズの歌い方など、本格的な演奏を求められ、細かく分かりやすいレッスンに連弾初心者の生徒さんの演奏もみるみる変化していきました。「ハンガリー舞曲」では、ロマ族の話を交え、先生方がそれぞれのパートを交代し、生徒さんの内なるものを引き出す場面もあり、ハンガリー舞曲の奥深さを知るとともに、大変聴き応えのあるレッスンでした。

      小1 セミナー.jpg    セミナー小5 .JPG    小6 セミナー.JPG

セミナー最後のスメタナ作曲の「モルダウ」では、スメタナがチェコからアメリカに渡った経緯や、チェコで大変尊敬されているスメタナの半生、またモルダウ川(ヴルダヴァ川)がチェコの水源から雪解け水が集まっていく様子、川は森を抜けやがて村の結婚式の傍を通り、徐々に水量が増えやがてエルベ川に合流する・・とピアノを弾きながら解説してくださいました。

最後の通しの演奏では、目の前にヨーロッパに流れるモルダウ川を想像できるような、一音一音に魂の込められた時に繊細で時に軽快に、そしてフィナーレの壮大な演奏に会場中が感動の渦に包まれました。新遠い.jpg

お二人の説妙なやり取りの楽しいトークと素晴らしいのピアノ演奏であっという間の2時間でした。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

そして最後まで情熱的にセミナーをしてくださったドゥオールの藤井隆史先生と白水芳江先生に厚く感謝申し上げます。

   cd.jpg

(レッスン受講生との記念撮影)   (CDを購入してくださった方へのサイン会)

報告者 竹渕香代子

2019年9月 4日

深谷ステップ開催します(2019.9.8)

ご挨拶

本日は、ピティナ・ピアノステップ深谷地区にご参加くださいまして、
誠にありがとうございます。
深谷市は、埼玉県北西部に位置し、北部には利根川、
南部には荒川が流れる自然豊かな地域で、農産物や花の産業が盛んです。
深谷ゆりステーションは、ゆりの花の出荷量全国1位を誇る深谷市にちなみ命名し、
お陰様で5年目を迎えることができました。
2024年より新1万円札の肖像となる深谷市の偉人「渋沢栄一翁」の遺した
「忠如のこころ」(まごころ・思いやり)をモットーに、スタッフ一同、
参加者の皆様のお手伝いをさせていただきます。
深谷のゆりが大輪の花を咲かせるように、ステップをとおして
皆様の大きな夢を花開かせる機会となりますようお祈り申し上げます。

ピティナ深谷ゆりステーション
代表  北川由美子


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2019年8月26日

連弾を楽しもう ~1+1=1! 2人で奏でる1つの音楽~

連弾を楽しもう ~1+1=1! 2人で奏でる1つの音楽~

  • <連弾を楽しもう ~1+1=1! 2人で奏でる1つの音楽~>
  • ドゥオールの藤井先生、白水先生よるに素敵なミニ・コンサートと3組の公開レッスン付きのセミナーです。皆様のお越しをお待ちしております。
     ※公開レッスンの曲目に変更があります 〇またあした→〇丸木橋をわたろう(寺田尚彦 作曲)
    ♪ ミニ・コンサート ♪
    ・美しき青きドナウ  (Jシュトラウス2世)
    ・ペールギュント組曲より 朝・アニトラの踊り  (グリーグ)
    ・ハンガリー舞曲1,5番  (ブラームス)
    ・モルダウ  (スメタナ)

どぉーる.jpeg

  • :2019/09/07(土)  16:00-18:00
  • 講師:藤井 隆史先生、白水 芳枝
  • 会場:和幸楽器熊谷店ホール
  • 受講料:一般:3,500円 / 学生:1,000円 親子ペア: 4,000円 / ピティナ会員 3,000円 (税込) ※当日券は各々500円アップとなります。

2019年8月25日

第5回深谷地区ピティナステップ トークコンサート プログラム

第5回深谷地区ピティナステップ【9月8日㈰】ドゥオールの藤井先生、白水先生によるトークコンサートのプログラムをお知らせいたします。

・キャンディード序曲   (バーンスタイン=ハーマン)

・「新世界より」第2楽章(一部省略)   (ドヴォルザーク)

・ハンガリー舞曲第6番   (ブラームス)

皆様のお越しをお待ち申し上げております。


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ深谷ゆりステーション