レポート アーカイブ

2014年3月20日

広島安佐南ステップ開催レポート(2014.3.9)

2014年3月9日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて開催しました。
今年は109組の方にご参加いただき、4名のアドバイザーのローテーションとなりました。

2台ピアノでの参加を今年も募集したところ、9組の方が2台ピアノで参加してくださりました。今回は、先生と生徒さんとの2台ピアノも多く、この時期だからこそできるお勉強としてステップを活用していただけていると感じました。

鈴木直美先生によるトークコンサートも、第1回、第2回ともに大変盛況でした。童謡やギロックなどの小品からショパンやリストの作品まで、10分間にたくさんのすてきな演奏と楽しいお話を盛り込んでくださり、参加者の皆様にも、ご来場の皆様にも楽しい時間を過ごしていただくことができました。

来年は広島せせらぎステーション10回目のピアノステップ開催となりますので、また何か皆様に楽しんでいただける内容を考えたいと思っております。

ピアノを習い始めて間がない方も、がんばって演奏しました!
ピアノを習い始めて間がない方も、がんばって演奏しました!
伊集院紀子先生による講評のようす。
伊集院紀子先生による講評のようす。
初めての2台ピアノにドキドキ・・・
初めての2台ピアノにドキドキ・・・
小池由美先生による講評のようす。
小池由美先生による講評のようす。
第1部・第2部 継続表彰者
第1部・第2部 継続表彰者
第3部・第4部 継続表彰者
第3部・第4部 継続表彰者
第3部・第4部の継続表彰のようす。
第3部・第4部の継続表彰のようす。
第5部・第6部 継続表彰者
第5部・第6部 継続表彰者
池田先生による講評のようす。
池田先生による講評のようす。
鈴木先生によるトークコンサート★素敵な演奏と楽しいお話でした。
鈴木先生によるトークコンサート★素敵な演奏と楽しいお話でした。
鈴木先生のトークコンサートは大盛況!!
鈴木先生のトークコンサートは大盛況!!
鈴木直美先生によるトークコンサート★お話もとてもおもしろかったです♪
鈴木直美先生によるトークコンサート★お話もとてもおもしろかったです♪

2015年3月11日

広島安佐南ステップ開催レポート(2015.3.8)

2015年3月8日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて開催しました。
2005年よりスタートした広島安佐南地区ピアノステップは、今年10回目の開催を記念し、多喜靖美先生、谷口賢記先生、地元広島のヴァイオリニスト高松寛子先生、チェリストの吉長孝穂先生にご協力いただき、室内楽ステップを企画いたしました。

ステップ前日、室内楽で参加する18組の参加者は、多喜靖美先生によるとても細やかで楽しいレッスンを受け、翌日の本番を迎えました。
ステップ本番では、105組の参加者によるソロ、室内楽、2台ピアノの演奏と、大変ステキな演奏を聴かせて頂きました。

今年はトークコンサートも室内楽コンサートです。
多喜先生のピアノ、谷口先生のチェロによるデュオの演奏に続き、ヴァイオリンの高松先生にも加わって頂いてトリオの演奏や、多喜先生の楽しいお話に、参加者の皆様も、ご来場の皆様も楽しい時間を過ごすことができました。

昨年8月、広島の安佐南区は大変大きな災害に遭いました。
ステップの開催どころか、通常のレッスンをすることさえ難しかった時期を乗り越え、こうして無事10回目の安佐南地区ピアノステップを開催出来ましたのも、ご協力くださいました多喜靖美先生、谷口賢記先生、高松寛子先生、吉長孝穂先生、アドバイザーをお務めくださいました小嶋浩子先生、お力添えくださいました多くのピティナ会員の先生方、広島文化学園大学、そして、ご参加くださいました皆様に、この場をお借りし、お礼を申し上げます。

継続表彰
継続表彰
継続表彰
表彰 谷口先生
講評 小嶋先生
初めてのトリオに挑戦!
チェロの音をよく聴いて・・・
多喜先生・谷口先生・高松先生によるトークコンサート
トークコンサートは満席です♪

2016年3月10日

広島安佐南ピアノステップ開催レポート(2016.2.28)

2016年2月28日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、今回で11回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

ステップに初めて参加される方から毎年続けてご参加頂いている方まで、105組の参加者のみなさまが、本当にステキな演奏を聴かせてくださいました。

また、第1回目から毎年続けて開催しておりますトークコンサートは、高田有莉子先生にお願い致しました。先生自作のカワイイパネルを使った楽しいトークコンサートに、子どもさんから大人まで引き込まれました。

そして今回初の試みとして、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」を同大学内にて同時開催いたしました。ステップ参加者はもちろん、一般の方にもご参加いただける「音楽理論テスト」です。小学1年生から中学2年生までの52名の方にご参加頂きました。
ステップ参加者は、1日のうちにピアノの演奏と音楽理論のテスト受験があり、大変かと思いましたが、どの参加者もそれぞれを楽しんでおられるようで、大変感心しました。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、アドバイザーをお務めくださいました後藤れい子先生、高田有莉子先生、直井文子先生はじめ、ご参加くださいました皆様、ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。この場をお借りし、お礼を申し上げます。


カワイイパネルを使ってのトークコンサート
ギターでの参加者も♪
トークコンサート。すぐ近くで聴かせていただきました♪
トークコンサートは満席です♪
午前の部①
午前の部②
午後の部①
午後の部②
後藤れい子先生 講評
高田有莉子先生 講評
高田有莉子先生によるトークコンサート
次はどんなイメージかな。
第1部・第2部 継続表彰
第3部・第4部 継続表彰
第5部 継続表彰
第6部・第7部 継続表彰
直井文子先生 講評

2017年3月23日

広島安佐南地区ステップ開催レポート(2017.2.26)

2017年2月26日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、今回で12回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回も、109組という大変多くの参加者の方に演奏を楽しんで頂きました。
2台ピアノでのご参加や、ヴァイオリンとピアノの共演など、演奏者のみでなく、ご来場者の皆様にも楽しんで頂くことができました。

また、第1回目から毎年続けて開催しておりますトークコンサートは、佐藤展子先生にお願い致しました。
演奏して頂く曲についての物語や、作曲者についてなど、とても興味深いお話をして頂き、子どもさんから大人の方まで、お話と演奏に引き込まれました。

昨年より開催しております、ステーション企画「チャレンジ!音楽理論!!」も50名の方にご参加いただき、同大学内の教室で真剣に受験されました。
今回は、初めてリスニングテストも導入いたしましたが、小学校1年生から中学生まで、とても楽しんで受けて頂いたようでした。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、アドバイザーをお務めくださいました佐藤展子先生、福留真循先生、村上紀子先生はじめ、ご参加くださいました皆様、ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。
この場をお借りし、お礼を申し上げます。


2台ピアノによるご参加♪
いまからテストが始まります
トークコンサート
佐藤先生の楽しいお話♪
トークコンサートは満席です!
佐藤展子先生によるトークコンサート
第1部・第2部 継続表彰
第3部・第4部 継続表彰
第5部・第6部 継続表彰

2017年9月11日

【実施レポ】演奏を楽しむためのバロックダンスセミナー(浜中康子先生、岩淵恵美子先生)

2017年8月27日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて浜中康子先生、岩淵恵美子先生をお招きし、「演奏を楽しむためのバロックダンスセミナー」という題で講座が開催されました。受講者募集開始からお申し込みが殺到したため、開催日3週間前に受付を締め切らせて頂きましたこと、大変申し訳なく思っております。この場をお借りしお詫び申し上げます。

開催日は夏休み最後の日曜日にもかかわらず小学生の参加者も多く、会場は満席でした。また、普段のセミナーと違い、参加者にはピアノの先生以外にも、小学生-大学生までの学生、古楽器愛好家や演奏者、バロックダンス愛好家の方などがご参加くださり、お会いする機会の無かった方たちとのお話しも楽しかったです。

第1部、第2部では、浜中康子先生にバロックダンスをご指導頂きました。まずは、バロックダンスの歴史などについてお話し頂き、実践では、初めにプリエやエルヴェの基本的な動きを、そしてブレ、ガヴォット、メヌエットのステップを教えて頂きました。舞曲を演奏することの多い子どもたちや先生方も、実際に舞曲の流れに乗ってステップを踏むのは難しかったですが、浜中先生の丁寧なご指導で、小学生や初心者の参加者も後半は随分上手に踊っておられました。

第3部では、学んだダンスを演奏に生かすために、岩淵恵美子先生にご指導頂きました。演奏に使うのは二段鍵盤のチェンバロです。制作者の難波修さんにその構造について説明をして頂き、続いて小学2年生から一般の方まで19名の方が、フランス組曲、イギリス組曲、パルティータなどのメヌエット、ブレ、ガヴォット、サラバンドを実際に演奏しました。

初めてチェンバロを演奏する方は、ピアノとの違いに戸惑っておられましたが、その美しい音色を楽しみながら気持ちよく演奏されていました。バロックヴァイオリンで演奏をしてくださった方もあり、会場の皆さんもとても楽しんでおられました。また、演奏者の舞曲に合わせて浜中先生が踊ってくださり、第1部・2部でお話し頂いた、拍の感じ方や、ダンスの動きと音楽の強拍のずれについてなど、とても分かりやすかったです。

一度のセミナーで、ステップをマスターするのは難しいですが、それぞれのダンスの特徴などを理解し、演奏に生かすことの大切さをあらためて感じました。「また開催して欲しい!」という声もたくさん頂いておりますので、浜中先生、岩淵先生には、是非また広島へお越し頂き、セミナーを開催して頂きたいと思っております。

Rep:広島せせらぎステーション 村井 文

2018年3月12日

広島安佐南ステップ開催レポート(2018.3.4)

2018年3月4日(日)広島文化学園大学 音楽ホールにて、
今回で13回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回もヴァイオリンとピアノの共演や2台ピアノでのご参加など、
91組の参加者の方に演奏を楽しんで頂きました。
アドバイザーとして、保坂千里先生、橋本晃一先生、天本みどり先生に
お務めいただきましたが、保坂先生、橋本先生の作曲・編曲された曲を
演奏する参加者も多く、ご本人からのアドバイスをとても喜んでおられました。

また、第1回目から毎年続けて開催しておりますトークコンサートは、
橋本晃一先生にお願い致しました。
橋本先生には、ご自身の曲をたくさん演奏して頂き、
子どもさんから大人の方まで、とてもたくさんの方が楽しまれていました。

ピアノステップと同時開催しているステーション企画の
「チャレンジ!音楽理論!!」も今年で3回目の開催となります。
今回は33名の方にご参加いただき、
みなさん同キャンパス内の教室で真剣に受験されました。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、
アドバイザーをお務めくださいました先生方、ご参加くださいました皆様、
ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。
この場をお借りし、お礼を申し上げます。

「チャレンジ!音楽理論!!」午後の部
いよいよスタートです!
「チャレンジ!音楽理論!!」午後の部
テストについての説明も
みんなきちんと聞けました♪
「チャレンジ!音楽理論!!」午前の部
みんな真剣です!
「チャレンジ!音楽理論!!」午前の部
問題が配られます!
アドバイザーの先生方には一番
後ろの席でお聴き頂きました♪
お友だちの演奏も、
応援しながら聴きます♪
トークコンサートはいつも満席です!
ドキドキしながら順番を待ちます!
ドキドキするけど、
いっぱい楽しんでね!
橋本晃一先生のトークコンサート♪
子どもたちはすぐ近くで
聴かせていただきました♪
今回は7組の方が
2台ピアノで参加されました♪
参加者91組のうち
継続表彰受賞者は28名!!
第1部・第2部の講評
第1部・第2部継続表彰受賞者
第3部・第4部継続表彰受賞者
第5部・第6部継続表彰受賞者

2019年3月27日

【セミナー実施レポ】春の音楽探検 -色んな音楽で活躍する楽器たち-

2019年3月17日(日)に広島文化学園大学 広島 長束キャンパス 本館5F 音楽講義室(0501教室)にて末永 雅子先生をお招きし、「春の音楽探検 -色んな音楽で活躍する楽器たち-」を開催いたしました。

講師の末永雅子先生に全体の説明を受けた後「打楽器の部屋」「黒い楽器(オーボエとクラリネット)の部屋」「フルートの部屋」「ユーフォニアムの部屋」「トランペットの部屋」「ポピュラー音楽楽器(ドラム、ベース)の部屋」の6つの部屋を探検して回りました。大人、子ども合わせて45名の参加者は2チームに分かれて、それぞれの部屋を順番に回り、「探検案内人(広島文化学園大学の23名の学生さんたち)」にそれぞれの楽器の音の出る仕組み、音域や音色などの特徴をわかりやすく説明して頂きました。また、すべての楽器の演奏も聴かせて頂き、普段ピアノ以外の楽器にふれあう機会が少ない子どもたちは、興味津々で聴いていました。

各楽器のお部屋では、仕組み等のお話しを聞いた後、実際に楽器に触らせて頂いたり、ストローで作ったリードなどを用いて音を出す体験などをしました。トランペットのお部屋では、実際にトランペットを吹きたい人を募ると、「ぼくも!私も!!」と希望者が殺到。ジャンケンに勝ち残った4名がチャレンジしました。顔を真っ赤にしながら、必死に音を出そうとする姿が可愛らしく、微笑ましかったです。

今回は、広島文化学園大学と学生さんたちのご協力もあり、大学内のお部屋を多く使い、大変沢山の楽器を使わせて頂いた、とても贅沢な講座となりました。子どもたちが大学の中を探検し、多くの楽器に触れあい、音楽を専門に学んでいる学生さんたちと触れ合えたのは、大きな経験となると思います。ここから、子どもたちがそれぞれの探検を続けてくれることを願っています。

Rep:村井 文

2019年9月24日

【セミナー実施レポート】演奏を楽しむためのバロックダンスセミナー

190916_hiroshima_1.jpg2019年9月16日(月)に広島文化学園大学 広島長束キャンパス 音楽講義室(音楽ホール)にて浜中 康子先生、岩淵 恵美子先生をお招きし、「演奏を楽しむためのバロックダンスセミナー」を開催いたしました。

お二人の先生方には、2年前にもバロックダンスセミナーの講師として来ていただき、大変好評だったため、この度もセミナーの講師をお願いいたしました。今回の講座も参加者は幅広く、お子さんは、幼児、小学生から、大人の方も、全くの初心者からピアノの先生、バロックダンス愛好家まで、54名もの皆様にご参加いただき、楽しんでいただきました。

190916_hiroshima_2.jpg第1部、第2部では、岩淵恵美子先生にチェンバロの伴奏をしていただきながら、浜中康子先生にバロックダンスをご指導頂きました。まずは、バロックダンスの歴史などについてレクチャーして頂いた後、プリエやエルヴェなどの基本的な動きを、そして基本のステップとなるパド・ブレを教えていただき、少しずつなれてきたところで、ガヴォット、メヌエット、リゴドンなどのステップを教えて頂きました。実際に体を動かしてステップを踏んでみることで、各舞曲の音楽の流れ方を感じ、その流れの中で体がどのような動きをするのかが理解できて、舞曲を演奏することの多い子どもたちや先生方も、とても参考になったと喜んでおられました。そして何より、みなさんとても楽しそうに踊っておられ、第2部の後半には、親子やお友だち、面識の無い方同士も手をつないで、男性役、女性役に分かれてそれぞれのステップが踏めるまでになっておられたのには驚きました。

190916_hiroshima_3.jpg第3部では、学んだダンスを演奏に生かすために、岩淵恵美子先生にご指導頂きました。演奏に使うのは二段鍵盤のチェンバロです。制作者の難波修さんにその構造について説明をして頂き、続いて小学2年生から一般の方まで11名の方が、フランス組曲、イギリス組曲、パルティータなどのブレ、ジグ、ポロネーズ、アルマンド、メヌエット、ガヴォット、サラバンド、リゴドンを実際に演奏しました。初めてチェンバロを演奏する方は、ピアノとの違いに戸惑っておられましたが、その美しい音色を楽しみながら気持ちよく演奏されていました。舞曲のステップを学んだからこそ、岩淵先生のおっしゃる拍の感じ方や間の取り方、テンポの設定など、とても理解しやすく感じました。

190916_hiroshima_4.jpg今回2回目のバロックダンスセミナーでしたが、受講が2回目の方も、初めての方も、ステップを完璧にマスターすることが出来なくても、ダンスを体験したことで感じられる舞曲のイメージや特徴は、今後の演奏に必ず生かすことが出来ると思います。これをきっかけに、今回体験出来なかった舞曲にも興味を持っていただけると、とてもうれしく思います。浜中先生、岩淵先生には、是非また広島へお越し頂き、セミナーを開催して頂きたいと思っております。

Rep:村井 文

2020年2月28日

2020年2月24日 広島安佐南地区 ピアノステップの報告

2020年2月24日(月・祝)広島文化学園大学 音楽ホールにて、今回で15回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回もソロの演奏のみでなく、連弾や2台ピアノ、ユーフォニアムとピアノの共演など、アンサンブルでのご参加も多く、92組の参加者の方々に楽しんで演奏して頂きました。また、初めてステップに参加された方は22名、継続表彰を受賞された方は参加者の3分の1にあたる31名と、新しいことにチャレンジされた方も、それを継続して頑張っておられる方も多く、とても感動しました。

アドバイザーとして、伊井光子先生、岡本暁子先生、高橋美佳先生にお務めいただきました。先生方には大変丁寧にコメントを書いて頂き、参加された皆さんはとても喜んでおられました。また、岡本暁子先生には午前、午後、計2回のトークコンサートをお願いいたしました。子どもたちはピアノのすぐ近くで演奏を聴かせて頂き、楽しいお話しや迫力のある演奏を間近で聴かせて頂き、とても楽しんでいました。

ピアノステップと同時開催しているステーション企画の「チャレンジ!音楽理論!!」も今年で5回目の開催となります。今回は32名の方にご参加いただき、「こんな問題が出たよ~!」「楽しかった!」と、みなさん楽しくお勉強された様子でした。

今年もこうしてアットホームなステップを開催することが出来ましたのも、アドバイザーをお務めくださいました先生方、ご参加くださいました皆様、ご指導してくださいました先生方のおかげとスタッフ一同心より感謝いたしております。この場をお借りし、お礼を申し上げます。

2台ピアノでの参加者は4組!
YAMAHAさんとKAWAIさんが
協力してタイトルポスター台を
組み立ててくださいました♪
スタッフは全員マスクです。
ステーション企画
「チャレンジ!音楽理論!!」午前の部
ステーション企画
「チャレンジ!音楽理論!!」午後の部
ユーフォニアムでの参加も♪
会場は、広島文化学園大学音楽ホール
初参加の方も、
ドキドキしながら頑張りました!
岡本暁子先生による
トークコンサート。
子どもたちはピアノの近くで♪
演奏の順番を待つ間もドキドキです。
第1部・2部の継続表彰式
第1部・2部の継続表彰記念撮影
第3部・4部の継続表彰式
第3部・4部の継続表彰記念撮影
第5部・6部の継続表彰式
第5部・6部の継続表彰記念撮影
連弾での参加者は12組!

2021年3月10日

2021年2月28日 広島安佐南地区 ピアノステップの報告

2021年2月28日(日)カワイ広島コンサートサロン"パーチェ"にて、今回で16回目の広島安佐南地区ピティナ・ピアノステップを開催しました。

今回はコロナ禍での開催となり、例年会場としてお借りしていた広島文化学園大学をお借りすることができず、初めての会場での開催、そして初めての「動画収録型ステップ」としての開催は多少不安ではありました。

「動画収録型ステップ」は、演奏者には通常のステップと同じようにステージで演奏をしていただき、それを事務局で収録し、アドバイザーの先生方にはご自宅でご視聴いただく形です。何しろ初めての開催方法ですので、当日までのテストや準備が大変でしたが、何度もテストや準備にご協力くださったカワイ広島様や当運営スタッフのおかげで、どうにか当日を迎えることが出来ました。

また、新型コロナ感染症対策として消毒や3密を避ける対策もしながらの開催でしたが、当日はご来場の皆様のご理解とご協力のおかげで大変スムーズな進行となりました。スタッフ一同、心より感謝いたしております。

参加者の皆さんは、カメラやパソコンが構え、いつもとは違う雰囲気の会場での演奏に少しドキドキされていましたが、待ちに待った久しぶりのステージ、やっと叶った初ステージなど、それぞれのステージを楽しんでおられたようです。

継続表彰は、アドバイザーの先生方は会場にはおられませんので、演奏直後に私が表彰をさせていただきました。もちろん広島安佐南地区ピアノステップで私が表彰するのは初めてですので、とてもいい思い出です。受賞者も一人ずつ写真を撮ってもらい、少し照れながらも嬉しそうにされていました。

アドバイザーの池田千恵子先生、上原薫先生、パップ晶子先生には、今回お会いすることが出来ませんでしたが、いつか是非広島へお越しいただき、ピアノを楽しんでおられる方たちの生の演奏をお聴きいただける日を、参加者、スタ ッフ一同楽しみにしております。


広島せせらぎステーション
村井 文

お母さんと連弾♪
きちんと収録出来てるか、
チェックしながらの進行です
会場準備も、いつもとは違います
兄妹連弾も楽しみました
去年のステップでの連弾をきっかけに
友達になりました!
演奏後に継続表彰を行いました
現在、何番の方が演奏しているか
わかるようにしました
継続表彰記念撮影は一人ずつ


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ広島せせらぎステーション