2019年12月 6日

【セミナー実施レポート】パップ晶子公開講座 バルトーク作品の演奏法、指導法

191202_kannonji_1.jpg2019年12月2日(月)に株式会社大阪屋 柞田センター(ヤマハ音楽教室)にてパップ 晶子先生をお招きし、「パップ晶子公開講座 バルトーク作品の演奏法、指導法」を開催いたしました。

バルトークの研究に熱心なパップ先生は、バルトーク作品の楽譜校訂を始め、多数の執筆活動、レクチャー、コンサートを行っております。

今回のセミナーでは、『子どものために1』を中心に、ルーマニア民族舞曲の全曲、『ミクロコスモス』から、「ハエの日記から」「6つのブルガリア・リズムのダンス」など、沢山の曲を、映像と解説を交えて、演奏して下さいました。

191202_kannonji_2.jpg『子どものために1』は、ハンガリー民謡の構造と構成要素から作られており、旋律構造や、歌詞の音節数、リズム、音階を詳しく説明して下さった上で、「遊んでいる子供たち」「古いハンガリーの旋律」「酔っ払いの歌」「豚飼いの踊り」等、代表的な9曲を抜粋して解説して下さいました。

ハンガリーの文化や情景が映し出された映像の他にも、バルトーク自身が演奏する曲やハンガリーの踊りや家畜の音が録音されたCDも流して頂き、会場の中は、すっかりハンガリーの地に居るかのような心地でした。そんな映像と音が合わさった解説の後に、パップ先生の演奏するバルトークの曲を聴くと、情景が目の前に広がり、バルトーク作品の素晴らしさを改めて実感しました。 パップ先生から教わった、曲の背景をレッスンで伝えていき、生徒達の演奏に生かしていきたいです。

パップ晶子先生、素敵な演奏と解説、本当にありがとうございました。

Rep:続木 尚子

2019年11月27日

観音寺ステップ開催します(2019.12.1)

            ごあいさつ

当地区での開催も今年で16回目を迎えることができました。
厚く御礼申し上げます。

ハイスタッフホールも3度目となり、すっかりこのホールのファンになってしまった参加者も多いのではないでしょうか。今年も「ヤマハCFX」が待っています。

こんな風にみんなが集ってピアノを楽しめるのは
当たり前のようでいて、とても有り難いことです。
元気で、練習できて、ステップに参加できることに感謝です。

今年は4名の先生方がアドバイザーとして、全国各地からはるばる観音寺までお越しくださいました。
パップ晶子先生は、一昨年に続いてバルトークの歌曲をテーマにトークコンサートを開いて下さいます。
観音寺ステーション有志も歌で参加します。どうぞお楽しみに。

令和の時代も、毎年こうしてステップでお会いできますように。
 
観音寺ステーション一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2018年11月29日

観音寺ステップ開催レポート(2018.11.18)

この地区で15回目の開催です。昨年の引きつづき、ハイスタッフホール 小ホールで、ヤマハSFXが響きわたりました。 初参加の人から継続40回の人まで、さまざまな参加者が集い、先生方から的確なアドバイスをいただきました。 内藤先生のトークコンサートでは「クープラン生誕350年」にちなんで、クープランやラヴェルの名曲を聴かせていただきました。日頃あまり弾くことのないジャンルの曲を間近に、皆さんは幸せな気持ちになったことでしょう。 来年もたくさんの参加者と再会できることを楽しみにしています。

受付
トークコンサート
継続表彰

2018年11月14日

観音寺ステップ開催します(2018.11.18)

ごあいさつ

この地での開催も今年で15回目を迎えることができました。
厚く御礼申し上げます。

昨年に引き続き、昨年4月にオープンしたハイスタッフホール小ホールでの開催です。
今年は西讃地区、愛媛東予はもちろん、遠くは岡山からの参加者も集います。
県内に1台しかない「ヤマハCFX」を庵治石のホールに響かせましょう。
おともだちの演奏のステキなところをぜひとも見つけてくださいね。

アドバイザーとして、神奈川県から内田ゆみ子先生、
大阪府から辻田裕子先生が駆けつけてくださいました。

そして、東京都からの内藤晃先生が~言葉のない歌曲~と題した
トークコンサートで、楽しいお話と美しい曲を聴かせてくださいます。

芸術の秋。音楽に満たされる一日になりますように。

                     
観音寺ステーション一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2017年12月 8日

♪パップ晶子公開講座♪ バルトーク《ミクロコスモス》の導入法 -現代的ピアノ語法でバッハの入口へ!-

171127bapu_1.jpg2017年11月27日(月)観音寺市のヤマハ音楽教室、柞田センターにてパップ晶子先生をお招きし、「♪パップ晶子公開講座♪ バルトーク《ミクロコスモス》の導入法 -現代的ピアノ語法でバッハの入口へ!-」という題で講座が開催されました。
先生は、前日に、ピティナピアノステップでのアドバイザーと、トークコンサートも担当して下さり、2日間、とてもお世話になりました。
今回のセミナーは、『バルトーク《ミクロコスモス》の導入法 ‐現代的ピアノ語法でバッハの入口へ!‐』ということで、《ミクロコスモス》第1-3巻の各曲の音組織や、リズムの特徴などを、わかりやすく解説、実演して下さりました。バルトークは、民族音楽に大変愛情を注ぎ、近辺の国の民族舞踊のリズムを曲に取り入れ、教則本作成に情熱を捧げたそうです。
具体的に、《ミクロコスモス》の23曲を取り出して、一つ一つ、解説して下さりました。
第1巻は、全曲2声で書かれ、反行や、複調、カノン、転回などが用いれられ、バッハの曲へと繋げていけます。
第2巻は、音はすくないものの、技術と表現の基本が徹底的に求められます。
第3巻は、三声、四声の作品も加わり、技術のスケールが大きくなっています。

171127bapu_2.jpgもともとバルトークの曲の構成や教え方等が、よくわからないという受講者の声が多かったのですが、初歩の段階からソルフェージュにも使える曲、生き生きとした民謡ダンスのリズムパターン、曲の中に出てくる音の意味等、詳しく教えて頂き、レッスンで活用できそうだという嬉しい言葉に変わりました。また、実際のバルトークの姿や生活の様子など、沢山の写真を見せて頂き、バルトークに親しみが持つことができて良かったです。初歩の段階から、どんどん、バルトークの曲を活用していけたら良いと感じました。 パップ晶子先生、ありがとうございました。

Rep:ピティナ観音寺ステーション  続木 尚子

2017年11月22日

観音寺ステップ開催します(2017.11.26)

ごあいさつ

この地での開催も今回で14回目を迎えることができました。
厚く御礼申し上げます。

今回からは、今年4月に開館したばかりのハイスタッフホール小ホールでの開催です。
県内屈指の音響を誇るホールで、県内に1台しかないピアノ、
ヤマハCFXを思う存分響かせましょう。

アドバイザーとして、愛知県から竹本絵巳先生が
東京都から松永晴紀先生が駆けつけて下さいました。
そして神奈川県からのパップ晶子先生は、トークコンサートで
「バルトークの楽しい民族音楽の世界」を紹介して下さいます。

美しい音楽に満ち溢れた思い出深い一日となりますように。


観音寺ステーションスタッフ一同


(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2016年11月20日

2016年度ステップ

 今回は、7部構成、107組の参加者を迎えての開催です。
 曲のジャンルは、教則本、クラシックはもちろん、ポピュラー、ジャズなど多岐に渡りました。ピアノだけでなくフルートや歌とのアンサンブルもあり、楽しいステージとなりました。先生方の講評は的確で、参加者だけでなく指導者にとってもためになる内容でした。
 また、毎年みんなが楽しみにしているトークコンサートは中村勝樹先生のオールショパンのプログラムでした。楽しいお話を交えながら、マズルカ、プレリュード、ノクターンを聴かせてくださり、ショパンがこれまでよりぐっと身近になった気がします。
 これからも毎年ステップで幸せなひと時を過ごせることを、スタッフ一同願っています。

2016年11月10日

三豊ステップ開催します(2016.11.13)

ごあいさつ


この地での開催も、おかげさまで13回目となりました。
厚くお礼申し上げます。
今回も、燧灘を臨む三豊観音寺、愛媛県東予を初め、香川県内はもちろん、遠くは徳島、岡山からも参加者が集います。
ぜひとも、お友達の演奏のステキな所を見つけてくださいね。

また第2部終了後には、中村勝樹先生によるトークコンサートがあります。
先生ならではのお話と美しいピアノの音色を、お楽しみください。

これからもこうして皆様とお会いできますよう願ってやみません。


観音寺ステーションスタッフ一同

(当日のプログラムより)
⇒スケジュール・プログラムはこちら

2015年11月15日

2015年度三豊ステップ

当地での開催は12回目。参加は過去最高の119組で8部構成、アドバイザーの先生も4名に来ていただき、これまでにない大がかりなものとなりました。

今年はヴァイオリンの島根恵先生をお迎えして、トークコンサートや地元の参加者とのアンサンブル企画で、普段は馴染みのないヴァイオリンの音色に耳を傾けました。
アンサンブルでは前日のリハーサルの成果もあり、バイエルやブルグミュラーなどの聴きなれた曲が、ヴァイオリンのとろけるような音色と溶け合って新しい魅力を発見できました。合唱曲の歌のパートも語りかけるように響き渡りました。
トークコンサートでは、江本純子先生のピアノと島根先生とのヴァイオリンで「愛の挨拶」などの名曲を楽しみました。曲のエピソードや楽器の特徴についてのお話しも聞けて良かったです。

今年は、就学前の幼児からグランミューズの方まで、幅広い年代からの参加があり、曲目も、幼児のグループのアンサンブルから音大入試を控えたショパンエチュードからピアソラからJポップにアニメソングと多岐に渡りました。
杉本宏江先生、日下部満三先生をはじめとするアドバイザーの先生方のメッセージや講評
は暖かくてしかも的を射ていて、参加者はもちろん指導者にも大変参考になりました。

それぞれの楽しみ方でステップに参加し、音楽を心の友としてみんなが心豊かな人生を送れるよう願ってやみません。

2015年11月 6日

三豊ステップ開催します。

♪ごあいさつ♪

当地での開催も12回目となりました。
今回は過去最多の119組の参加があり、6部構成から8部構成になりました。
これもご参加くださった皆様と、それを支えてくださった
ご家族のおかげです。
心より御礼申し上げます。

トークコンサートでは、島根恵先生のヴァイオリンの音色を楽しんでいただけます。
また、島根先生と地元参加者とのアンサンブル企画も
ございます。
芸術の秋。音楽に満たされる一日になりますように。

観音寺ステーション スタッフ一同

 

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ観音寺ステーション