レポート アーカイブ

2007年10月19日

ピアノ指導に役立つ「音楽形式」の徹底研究~ステップ課題曲を題材に~

 blog_070930koufu.jpeg   さる9月30日 甲府支部ステップ委員会では本多昌子先生を講師としてお招きし、公開講座を実施いたしました。テーマは『ピアノ指導に役立つ「音楽形式」の徹底研究 ~ステップ課題曲を題材に~』でした。

本多先生のすばらしいピアノの演奏を混じえたご指導により、とても有意義な秋のひと時を過ごせました。内容につきましては、各時代の音楽の特性とその指導でした。少し詳しく述べさせて頂きますと、古典派では以下のようなご指導をいただきました。
「その頃のピアノの構造を考えるとアルベルティバスをどう現代のピアノで演奏するべきかみえてきます。フィンガーペダルを用いることで充実した音楽の響きができると思います」「この時代はDominantoの重要性を忘れずに」「ベートーヴェンにおける調性の意義=c moll 悲哀f moll 内なる情熱 esdur 尊敬=を理解し、想いや心を表現するよう努力を重ねていってほしい」

またロマンス派では「和音とし、増3和音 減3和音のもつ音楽のかげりを活かして表現することの大切さ、演奏に内心を映し出すことを忘れずにいてほしいこと」「メロディの重要性を感じ、そのためのレガート奏法を追求していってほしい」「また実際に歌うことにより、作曲家が表現したい音楽をより直接的に理解・感得できるのではないか」とお教えをいただきました。

本多先生のお言葉とそのピアノにうっとりした講座でありますが、終わったとき1つの芸術品を見たり聴いたりした様な思いが残りました。子供たちにはピアノを学ぶこと・楽しむことにより、私が感じたような感動を得てほしいと思いました。すばらしい公開講座に感動した秋の1日でした。

2008年10月24日

小さな子供のための音色の使い分け(稲垣千賀子先生)

2008年10月13日(月)稲垣千賀子先生による「子供のための音色の使い分け」 講座が行われました。伝えることと伝わることの違い、愛をこめ て生徒に接することの大切さ、当たり前なことですが、30分という短時間で我々ピアノ教師はどうアプローチすべきか、がとてもよくわかりました。

心から心へ 伝わる音楽文化の本質を改めて心に刻んだひとときでした。

ことばで音でのアプローチを自分で客観視しつつ、子どもに対したい気持ちでした。音楽のもつ深さ、彩りの美しさをもっともっと教師自身が表現し、感じ、伝えなくては、と思いました。

稲垣先生はそれをお伝えくださいました。「子どもを伸ばすもとは子どもと教師の心の中にあるということを」・・・感動でした。

2010年4月23日

【レポート】コンペ課題曲セミナー(弓削田優子先生)

2010年3月21日(日)弓削田優子先生をお招きしてピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナーを甲府市のナイトウハーモニーBOXにて開催いたしました。

初めにアナリーゼ楽譜とオーケストラ伴奏CDの使い方の説明が有り、大変参考になりました。
A1級からD級までを美しい音で演奏され、大切なポイントをわかり易く説明されました。
指使いに関しては、子どもが、いい音を出せる指使いを研究すると良いとアドバイスが有りました。
D級に関しては抜粋でしたが、希望をお伝えすると快く演奏してくださりとても充実したセミナーでした。日曜日でしたので小学生も参加していました。
生演奏を聴きとても良い体験をした事と思います。弓削田優子先生ありがとうございました。

2011年11月10日

甲府秋季ステップ開催レポート(2011/11/5-6)

今回は、トークコンサートで演奏頂きました松本あすか先生の"ピアノと楽しもう"というメッセージがステップの主旨となりました。

練習を重ねて音楽の内容を見つけ、心ときめかす楽しみ。
ひとつの曲を編曲し、自分の音楽と重なり合う楽しみ。
たくさんの楽しみが提示され、93組の出演者の方々が実現されました。
11/5・6の両日開催されたコンサートは、皆様から"楽しかった!"との感想を数多く頂きました。

ステップの仕事は不思議ですが全て終了すると"うれしい!よかった!音楽っていい!"
という思いで心がいっぱいになるのです。
私にとって、大変ありがたいお仕事です。
<文:甲府支部ステップ推進委員会 依田雅子先生>

2012年11月15日

甲府秋季ステップ開催レポート(2012.11.3-4)

 今回は75名の参加を頂きました。
小さいお子様方は演奏態度も素晴らしく、先生方から誉めて頂きました。
中学生の皆様は学校の勉強の合間に時間を見つけて頑張っているお話が多くありましたが、中学生も自分の意思を持った実に良い演奏でした。
さらにグランミューズでは5名が参加なされ、充実した精神性の高い演奏でございました。
先生方から「是非にグランミューズを他の皆様に聴いて頂けたら、真の心の成長ももたらすことであろう」とのお話もございました。
そのくらい感動的でした。
 鳥羽瀬先生にはトークコンサートを行って頂き、「少女」がテーマの選曲で演奏されました。秋のひととき本当に佳き時間でございました。
甲府支部ステップ推進委員:依田雅子

2012甲府秋季ステップ 2012甲府秋季ステップ 2012甲府秋季ステップ

2013年3月 4日

【実施レポ】心を動かす音作り-導入期の指導で全てが決まる!-(望月玲子先生)

WEB130222kofu_mochizuki1.jpg 2013年2月22日(日)10:30-12:30、内藤楽器ハーモニーBOXにて
望月玲子先生の講座「心を動かす音作り-導入期の指導で全てが決まる!-」 が開かれました。
2月の講座は雪が心配される時季ですが、甲府は前日の寒さとは反対に晴天となり、暖かな日となりました。導入期の指導法を学ぼうとする熱心な指導者が集まりました。
まず、望月玲子先生はご自身が今まで挫折しながら学んでこられた経緯をお話しされました。
光の音を出す子を育てるには
1.自立した子をそだてる。
2.気配り、心配り、挨拶、礼儀、が大切。
3.聴く耳を育てる。良い音、悪い音、気持ち良い音を導入期から教える。
4.音の動き3種類。〇上がる 〇下がる 〇同じ を導入期から子供自身が楽譜に書き込む

WEB130222kofu_mochizuki2.jpg講座参加者も実際に資料の楽譜で書き込みを体験しました。望月玲子先生の金賞の生徒さんのPTNAコンペティションや、発表会のDVDを観て感動し、高校3年生の生徒さんたちの卒業演奏会を観て涙を流してしまいました。

最後に 望月玲子先生は 続けることが大切とContinue を聴いて講座を終了しました。

講座中、エネルギッシュに語られる望月玲子先生とご一緒に音楽教室をされていらっしゃる平林千枝先生との連携プレイが良く、長年切磋琢磨されて来られたお二人の関係も素晴らしいと思いました。

(Rep:ピティナ甲府支部 佐藤玲子)

2013年5月24日

ピティナ・ピアノステップ開催の記録(甲府春季 2013/5/18-19)

5月のさわやかな休日、116名の方がお集まり下さいま した。
どの方も心のこもった素晴らしいピアノ演奏でした。
自分のイメージ曲のスタイルを追求した内容の濃い発表 で、アドバイザーの3名の先生方からもほめて頂きました。
特に初めてご参加下さいました、お小さい方々の仕上がり にはびっくりなさって下さいました。
運営にあたっては、13名の県内のピアノの先生方が参加 下さり、ピティナステップを支えて下さいました。
ステップに参加して下さった子供達に優しく語りかけて下 さり本当に有難かったです。
先生方、事務局の皆さんに感謝でございます。

日本音楽教育学会員 ピティナ甲府ステップ 推進委員: 依田雅子

2013年11月28日

甲府秋季ステップ開催レポート(2013.11.10)

秋の美しい休日、ピティナピアノステップが催されま した。今回は子供さんが中心で総80名出演頂きました。皆様の熱演にアドバイザーの先生方 大嶺未来先生、守麗子先生、 安野直子先生から、"レベルが高く一生懸命さが伝わる" と、お誉めの言葉を頂きました。

運営している私も、このピティナの活動がいよいよ山 梨の文化向上のために貢献できているのではと思える感をもちました。

参加下さった方々、ご協力頂きました県内の先生方に 心から感謝致します。

午後3:00頃からは、大嶺先生によるトークコン サートが行われ、約100名のお客様がすばらしいピアノに耳を傾けて下さいました。

曲はラフマニノフの「ロマンス、ユモレスク」や、 チャイコフスキーの「トロイカ」、ショパンの「前奏曲」などロマン派のあふれる感性を表現した重厚なハーモニーなどに感動致しました。

次は春のステップです。花の季節に、またすてきなコ ンサートが出来ましたら幸いです。皆様ありがとうございました。

日本音楽教育学会員 ピティナ甲府ステップ 推進委員: 依田雅子

2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ 2013甲府秋季ステップ

2015年5月28日

甲府春季ステップ開催レポート(2015.5.17)

 今回は100名の方のご参加を頂きましt。どの部も熱演でした。最後の部では51回目の参加で音大卒の方が立派な演奏を聴かせてくださいました。その先輩の姿に中高生も刺激され、とても有意義な時でした。
 また今回もピティナ新聞を発刊して前回参加の皆様の活躍のお写真を掲載いたしました。コラムではESD(持続可能学習)について、拙作ですが述べました。ピティナでの演奏が、将来の音楽愛好への発展の礎になることを願っているところです。
 ステップ演奏後の恒例のインタビューでは、一人ずつ振り返りが語られ、会場の皆様にも温かく受け止められ、とてもありがたい時間でした。その中でも、先に述べた出演51回目の方と、30回目の男の子には特別質問もさせて頂き、"長く続けたことで学べたこと"を語って頂き、とても勉強になりました。アドヴァイザーの3名の先生方からは、ピアノへの向き合い方、タッチ、拍の取り方など、詳しく尚且つ心のこもった講評を頂きました。
甲府支部 正会員 依田雅子

2015年11月19日

甲府秋季ステップ開催レポート(2015.11.8)

秋の紅葉美しい11月8日、ピティナ秋のステップが行われました。全52名のご参加でした。アドヴァイ ザーの先生方からもすばらしいレベルのステップとほめて頂きました。甲府地区の先生方の指導に対する情熱と学習の深さがそうさせていると存じました。特にグランミューズでは、ラフマニノフ、イベール、西村由紀江、シューマン=リスト、ご自分で編曲なさられた方の発表もあり、素敵ですばらしい時でした。ピアノ学習の目指すところと存じました。トークコンサートでは新納先生の本当にすばらしいピアノに会場中で感動致しました。
ショパン バラードなどは涙が出てしまう程の音の深さでございました。
本当に素晴らしい1日でし た。
ピティナ正会員 甲府支部 依田雅子先生より

2015甲府秋季ステップ
2015甲府秋季ステップ
2015甲府秋季ステップ
2015甲府秋季ステップ
2015甲府秋季ステップ
2015甲府秋季ステップ

2016年3月31日

【実施レポ】2016年度 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 トークコンサート(黒田亜樹先生)

160313kuroda1.jpg2016年3月13日(日)ナイトウハーモニーBOXにて黒田 亜樹先生をお招きし、「2016年度 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 トークコンサート」という題で講座が開催されました。

160313kuroda2.jpg黒田先生とアシスタントの小林先生によります連弾曲シューベルトの軍隊行進曲に始まり、A2級・A1級・B級・C級のロマンスタイルを除く全曲、D級バロックスタイルと近・現代スタイル全曲を丁寧な解説を入れて演奏され、最後はチョップスティックの連弾で終わりました。
160313kuroda3.jpg出席の子ども達は、コンペで演奏する曲をどれにしようかと考えながら、真剣にそして楽しそうに聴いていました。また間近でお二人の先生のピアノの音や呼吸を体感できて、いい経験になったと思います。 もっともっと聴いていたかったです。

黒田先生、小林先生ありがとうございました。

Rep:甲府支部 佐藤玲子

2016年11月14日

【実施レポ】「四期」の知っておくべきこと‐作曲家とその時代の音楽的語法‐バロック(赤松林太郎先生)

2016年10月14日(金)甲府市の内藤楽器ハーモニーBOXにて赤松林太郎先生をお招きし、「「四期」の知っておくべきこと‐作曲家とその時代の音楽的語法‐バロック」という題で講座が開催されました。

昨年は「四期」をサーッと説明して頂き、今回は、「バロック」にしぼり、詳しくお話していただきました。
先ず、バロックはテンポが大切であり、様式の違いを明確にすべきである事をJ.S.バッハ作曲インヴェンション3番(フランス式)とインヴェンション4番(イタリア式)を例にとり、演奏時の知っておくべきことを話されました。
J.S.バッハのフランス組曲では、舞曲の種類や様式の違いで テンポ・アクセント・装飾音 の付け方が変わることを、実演で説明されました。

バロック時代の作曲家

  • スカルラッティは、イタリア人でイタリア式
  • リュリはイタリア人だがフランスのルイ14世に使えたのでフランス式
  • J.S.バッハは、ドイツ人でイタリア式とフランス式の両方の様式で作曲

今回もアッという間に2時間過ぎてしまいました。
次回(2017年10月20日)は、今回の続きをお話して頂く予定です。とても楽しみです。

2017年6月26日

甲府春季ステップ開催レポート(2017.5.21)

5月21日、若葉も美しい時、春季のステップを実施致しました。
6部に渡り84組の皆様方がとても一生懸命とりくんで下さいました。

アドヴァイザーの先生方からは、ピアノに向かうときの姿勢、タッチの多様性、
作品に対する洞察力の向上などを丁寧に教えて頂きました。

学生の方々の他、グランミューズのご参加の方も熱力で
美しい演奏を繰りひろげて下さりました。
幅広い年齢層の方に参加して頂きとても充実したステップになりました。

ステップニュースでは、愛着をもって生徒達にレッスンしていくと
生徒の成長の可能性は深まるとのコラムを掲載しました。
レスナーの皆様方の御参考となれば幸いです。


日本音楽教育学会員
ピティナ正会員
ピティナ甲府支部ステップ推進委員:依田 雅子

2017年10月25日

【開催レポ】10月20日赤松林太郎先生 バロックpart.2講座

10月20日金曜日甲府市内藤楽器ハーモニーBOX で赤松林太郎先生の
バロックpart.2講座を開催致しました。

◎プレインヴェンションでは舞曲の特徴を解説
◎インヴェンションでは第1番~第4番を先生直筆入りの楽譜で
 それぞれの特徴を解説
◎シンフォニアでは合奏譜によるJ.S.バッハシンフォニア(東音企画)の
 使い方を説明と解説

2時間で濃い内容を[立て板に水]の如く講演していただきました。

もっと聞きたいという受講者の声で、次回の来年10月12日も楽しみにしています。

2017年11月27日

甲府秋季ステップ開催レポート(2017.11.12)

秋のひととき、57組のご参加を戴きピテイナピアノステップを開催致しました。
初めて参加なさった方も多く、ステージがとてもフレッシュで爽やかな感じが致しました。
どの方も丁寧に仕上げられ、アドバイザーの先生方から誉めて戴きました。

グランミューズの皆様は音楽への思いが深く、音楽教育の原点を学ばせて戴きました。
三人の方共に素晴らしい演奏でした。お一人が継続表彰となられ、感動しました。
トークコンサートでは、山崎裕先生がシューマン /リストの献呈、
英雄ポロネーズを弾かれ会場中うっとり聴き入りました。

今回もステップニュースを発刊しました。
興味関心を継続的にもち学習を深める大切さを提案しました。

2019年5月29日

甲府春季ステップ開催レポート(2019.5.19)

青葉美しい5月19日、春のピアノステップが開催されました。
小さい方からグランミューズの方まで 56組の方が参加くださいました。
アドバイザーの先生方から、小さい子ども達の演奏については
とてもきちんと勉強なさってると、とても誉めて戴きました。
またフルートの美しいソロも男の子によりなされ、素晴らしく会場中が
うっとりしました。
グランミューズでは実に見事な演奏が繰り広げられました。

医学部の学生さん達のチェロとピアノのアンサンブル 、バイオリンのソロ 、
バッハ平均律の素敵な演奏が繰り広げられました。
アドバイザーの先生方から誉めて戴きました。
多くの心のこもった演奏有難うございました。
ステップの度発刊してますステップ新聞では、海外の音楽科学習指導要領について
特集しました。どの国も音楽を学ぶ意義を提示し、音楽による人間教育を
目指していることを紹介しました。
ステップが益々生涯教育に貢献できるように努力したいと思いました。
ご協力戴きました会員の先生方 、事務局の皆様に感謝申し上げます。

日本音楽教育学会員・ピティナ正会員
ピティナ甲府支部ステップ推進委員  依田 雅子

2019年10月17日

【セミナー実施レポート】赤松林太郎徹底講座シリーズ 「四期」の知っておくべきこと〜作曲家とその時代の音楽的語法〜 

191004_kofu_1.jpg2019年10月4日(金)に内藤楽器ハーモニーBOXにて赤松 林太郎先生をお招きし、「赤松林太郎徹底講座シリーズ 「四期」の知っておくべきこと〜作曲家とその時代の音楽的語法〜 」を開催いたしました。

今回は、シューマンのユーゲントアルバムを題材に古典派からロマン派への移行で大切な点を解説していただきました。古典派からロマン派への時代背景を説明され、楽器が変わった事で演奏法に変化が起こった事を話されました。

191004_kofu_2.jpg○1番メロディー 
スラーの音形は、ため息でありポエムである。左手にスラーが有る場合のアルベルティーバスはフィンガーペダルで演奏する。リズムを和音にしてメロディーを壊さないようにする。密集と開離の演奏の違い、指先の爪とお肉の音質の違い、手首のフォームについて語りながら美しい音で演奏されました。

○10番楽しき農夫
完全4度は、夢みるように演奏し、fは、ベートーヴェンのfの強さとは違う事を説明されました。

他に4番コラール 8番勇敢な騎士 7番狩の歌 12番サンタクロースのお爺さんを取りあげ、楽譜の読み方を解説していただきました。

191004_kofu_3.jpg最後の30分間 赤松先生は靴を脱いでペダルの説明をされました。ハイドン時代は膝ペダルでしたが、ロマン派では足ペダルになり踏み方が重要な演奏要素になっている事を解説されました。
○足の置き方
○アクセントペダルとレガートペダルの踏み方の違いと、その記譜方法の工夫
○膝を閉じる 開くで音色が変わる 等

ペダルによる耳の超絶技巧を披露してくださいました。
受講者全員が、赤松先生の足に注目しそのペダルさばきに驚き、そしてソステヌートペダルを使用してのバッハの演奏に大拍手でした。

2時間がとても短く感じました。 また次回の講座を楽しみにしてます。

Rep:佐藤 玲子



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ甲府支部