« 前の記事| 後の記事 »

戸畑ステップ開催レポート(2019.10.20)

10月20日 全国的に 台風 大雨が心配される中、ここ北九州は 幸いなことに前日からすっかり 晴れ上がりました。
市の大手町練習場で ヴァイオリン・チェロ・フルートのプロの共演者を迎え 最後のリハーサル、年中さんから 指導者まで 熱が入りました。
その後 東京 横浜からの本多昌子先生 梅根恵先生を迎え トークコンサートの 合わせ練習、気合い充分です。
実は 締め切りが予想よりも 二週間ほど早くなってしまい 参加ご希望をお断り しなくてはならず 出来るだけ 参加していただこうと、当日も 戸畑中ホール 朝 8時から 会館を開けて頂き 準備いたしました。
豪華 4人のアドバイザー の先生方 本多昌子先生 安倍美穂先生 梅根恵先生 山添裕美先生
もお揃いで 105組の演奏が 始まりました。
熱心に お昼休みには 歌いましょう!トークコンサートのリハーサル3組
アンサンブルの位置決め と慌ただしい中 、ちびっ子お待ちかねの歌いましょう。
みなステージに上がって テノールの佐々木洋平先生と スタッフ藤本広美先生ピアノウットリ歌いました。
続いて安倍美穂先生のトークコンサート 最後パプリカを 先生の弾き歌いです。みなも一緒に。
アンサンブル では 北九州の誇る演奏家 上野美科先生 岸本義輝先生 田室信哉先生の 美しい音のプレゼント。
このコーナー最後はスタッフ 古賀博子先生のウエーバ 作曲 フルート・チェロ・ピアノの 素晴らしいトリオで締めくくり。
その後本多昌子先生 梅根恵先生による ウイーンゆかりの作曲家の作品による トークコンサート ブラームス連弾ワルツ。モーツァルト トルコ行進曲 。シューベルト 連弾ロンド 代表の田村美矢子も参加させていただきました。

その後も 少々の変更希望があったものの 熱演 が続いて その中で 左手を一週間前の骨折した 小学生。
指導者が 左手役を務めて参加予定でしたが、なんと安倍美穂先生の作品を自由曲で 演奏することになって アドバイザー席から急遽 ステージに登場 左手役を弾いてくださいました。なんと幸運なことでしょう。
講評も 本当に的確な拍子感 和声感、作曲者の意図していることと、じっくりお話し頂き感激でした。 またの再会を 祈りつつ 終える事が出来ました。

ウエーバートリオ スタッフアンサンブル
3・4部出演者、 アンサンブル賛助出演者の先生方と
トークコンサート 本多昌子先生
トークコンサート 梅根恵先生 本多昌子先生
継続表彰 5・6部
5・6部継続表彰記念撮影
5・6部 全員
トークコンサート パプリカ 弾き歌い 皆と一緒に 安倍美穂先生
7・8部 参加者
35回表彰 高校生
1・2部参加者 アドバイザー
トークコンサート アンサンブル 演奏者リハーサル 打ち合わせ
安倍美穂先生トークコンサート
実施事務局企画 歌いましょう 佐々木洋平先生
フルート田室信哉先生 スタッフ 柴山敬子先生
上野美科先生ヴァイオリンと小松美鹿先生
田村美矢子代表も参加
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ小倉ステーション