ステップ アーカイブ

2018年5月23日

松山春季ステップ開催レポート(2018.5.19-20)

2018年5月19日(土)・20日(日)、232組という大勢の参加者に恵まれ、
アドバイザーに川岡優子先生、佐々木邦雄先生、佐々木恵子先生、新野ダリア先生、
谷口賢記先生、畑瀬由美子先生の6名の先生方をお迎えし、
第14回松山春季地区ステップを開催致しました。

就学前の生徒さんの可愛い演奏、お気に入りの曲を弾く楽しい演奏、感動を呼ぶ演奏と、
様々な思いを胸に、本番では緊張の中素晴らしい演奏が披露されました。

前日には、室内楽企画のリハーサルをチェロの谷口賢記先生、
ヴァイオリンの酒井麻衣子先生とともに、朝10時より、夜8時まで行いました。 

ステップ1日目は6名の先生がAチーム、Bチームと交代されながら、
プレ導入からコンペ参加者、連弾、室内楽とバラエテイに富んだ
熱のこもったステージが繰り広げられました。
毎年好評のアンサンブル企画は 21組の参加で、
大曲も多く弦の先生方大変お疲れ様でした。
初参加の方からリピーターの方までヴァイオリン、
チェロとのデュオやトリオを楽しまれました。
酒井麻衣子先生のヴァイオリン、谷口賢記先生のチェロとの共演は
夢のような至福の時間となりました。

谷口賢記先生によるトークコンサートは
バッハ作曲無伴奏チェロ組曲より プレリュードからはじまり
黛敏郎作曲の文楽を みんな目を輝かせながら ステージに釘付けとなりました。
チェロのお話や珍しい奏法など大変興味深い時間でした。
谷口先生、本当にありがとうございました。

2日目は「たのしい 鍵盤ハーモニカ‼」と題して
ハーモニーステーションスタッフによる実施事務局企画を開催しました。
シング シング シング、いつも何度でも、ねこバスを3チームにわかれて演奏しました。
会場と一体となり、手拍子もおこり大変盛り上がりました。

佐々木邦雄先生&恵子先生 によるトークコンサートは
原曲がそのまま弾けるふたりのブルグミュラー25の練習曲、
そのまま弾けるツェルニー30番、バッハインヴェンションから
お二人の絶妙のアンサンブルを聴かせていただきました。
会場も人で溢れ、素晴らしいピアノの音色に酔いしれました。
佐々木邦雄先生、恵子先生 本当にありがとうございました。

ステップのステージには去年に引続き、参加の先生方も多く、
大変忙しい仕事もこなしながら、パスポートをいただいて嬉しい一日となりました。

このように盛りだくさんの松山ハーモニーステーション
第14回目のステップを開催させていただき、アドバイザーの先生はもとより、
弦の先生方、参加された方々、指導された先生方、誠にありがとうございました。

21日(月)には 佐々木邦雄先生&恵子先生によるピティナ課題曲セミナーを行いました。
ピアノと電子ピアノをお使いいただき 一曲ずつ 演奏と分析、
その曲に伴奏をつけていただいたりと
レッスンへの様々な角度からの考え方を教えていただきました。
2日間のステップに引き続き 本当にありがとうございました。

次回も皆様に喜んでいただけるステップ開催に向けて、
スタッフ一同 前向きに進んで参りたいと思っております。
またのご参加を心よりお待ち致しております。
2019年5月18日、19日開催予定です。




過去の記事


カテゴリ



QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ松山ドルチェ・ハーモニーステーション