« 前の記事| 後の記事 »

江崎昌子先生「楽譜から読み取るペダリングの工夫」講座

2014年5月28日(水)10:00~12:30

ピアニスト:江崎昌子先生による

耳を育てるペダルのテクニック

「楽譜から読み取るペダリングの工夫」講座を開催いたしました。

1405281.JPG

基礎的な技術がなければ、ピアノを歌わせることはできません。

ペダルを使用する前に まず "ペダルなしで練習すること" が 大切です。

♪ 手首、肘、肩 を 脱力しましょう

   ・・・・ しかし 手、指は 鍵盤をつかむため しっかりしていなければなりません。

   指のトレーニングとして テニスボールを軽く指でつかむ と 良いでしょう。

   注:手首の力が抜けていることを確認しましょう!

 

1405282.JPG

参考曲目

ショパン:ワルツ 作品42、64、69 

モデル演奏:本多万祐子さん

1405283.JPG

ショパンのワルツには 随所にマズルカのリズムが表れています。

音楽の流れ、リズム、ハーモニー を 耳で聴くことで 無駄な動きがなくなりますから

 ペダルを 踏むタイミング、離すタイミング、ペダルの量を 考えることができます。

ショパンの生まれた国:ポーランドの文化について知ることも演奏上 大きな助けとなります。

140528モデル1.JPG

モデル演奏いただいた本多万祐子さん 素晴らしい演奏ありがとうございました!

江崎昌子先生の講座は 来年も同時期に開催予定です。

 

江崎先生 素敵な演奏、説得力のあるお話 ありがとう」ございました。

多くの方々にご来場いただきまして ありがとうございました。

 

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナNagoyaさかえステーション