« 前の記事| 後の記事 »

岡山春季ステップはヴァイオリンとともに

厳しい寒さもいくぶんか緩み
日差しが少し春らしくなってきました。

岡山春季地区ピアノステップが
3月18日(日)に就実高校なでしこホールにて
開催の運びとなりました。

今回も、100組を超えるお申込みをいただき、
早い時期での締め切りとなりました。
ご参加を断念された方には大変申し訳ありませんでした。

朝から6部に分けて
幼児から大人の方まで
多彩な演目の熱演が期待できそうです。

また、今回のステップには、
アドバイザーの福留真循先生と奥様の弘子先生に
トークコンサートをお願いしています。
(福留弘子先生はプロのヴァイオリン奏者でいらっしゃいます。
 ステップの演目の中で、子供たちとの共演も、してくださる予定です。)

午後第4部と第5部の間の時間
15:40~16:10の予定で
福留ご夫妻のピアノとヴァイオリンによる
楽しい演奏とお話を
聴かせていただけることでしょう。
無料ですので
ステップ参加者以外の方にも
ぜひ、聴きにきていただきたいです。

さて、思い起こせば1年前
3月11日の東日本大震災のちょうど2日後
交通網の混乱する横浜からもアドバイザーの先生にお越しいただき
昨年春のピアノステップを開催しました。

まだ被災地の状況も情報が十分に届かない中でしたが、
とにかく、予定通り開催できることに感謝しました。

この1年は、日本中の音楽家たちも
ピアノを学習する子供たちも
皆さん、音楽をすることの意味をそれぞれに考えられたことでしょう。
音楽をできる状況に感謝し
音楽を通してできる支援など
何らかの行動をなさった方もたくさんいらっしゃったでしょう。
傷ついた人々の心に
音楽が救いの手となって
大きな力になっていく様子も
様々なメディアで報道されました。

被災地ではまだまだピアノとともにある生活に
戻れないでいる子供たちもたくさんいます。
今回も、夏のステップに続いて
ステップ会場にて募金活動をいたします。
白桃ステーションでは
集まった義捐金は
『こどもの音楽再生基金』への寄付をと考えています。

会場にいらっしゃる皆様には
ぜひ、ご協力をよろしくいたします。





※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナおかやま白桃ステーション