« 前の記事| 後の記事 »

3/8コンペ課題曲セミナーレポート(杉浦日出夫先生)

blog_110308ohmi_sugiuracomp.jpg2011年3月8日(火) 滋賀県近江八幡市にある『滋賀県男女共同参画センター G-NETしが』の大ホールにて、(社)全日本ピアノ指導者協会理事の杉浦日出夫先生によるセミナーが行われました。『2011年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナー』と題しまして、2011年度の課題曲の指導・演奏ポイントのアドバイスで、主に、B級-C級のバロック・古典・ロマン・近現代曲とD級の近現代曲を中心に講座が開かれました。

曲についてのポイントを冊子にして細かく教えて下さいました。中に楽譜も載っており、持っていない曲でもしっかりと理解することが出来ました。音色の変え方の指の使い方、強い音の弾き方、重力奏法、音の粒を揃えるための練習の仕方、指使いの考え方、審査をされたときの経験からこういうふうに気を付ければよい、などたくさんのアドバイスがありました。

それ以外に、コンクールへ向けての心構えも説明して下さりました。例えば、交通の便も含めて会場を一度下見すること、会場の大きさ、ピアノの種類を知っておくこと。他に、一月前より毎日1回リハーサルをする、緊張する雰囲気を作り練習をする、などその他たくさんの心構えを教えて下さいました。一つ一つ丁寧に説明して下さったので、とてもわかりやすかったです。

今まで受講したセミナーの中で、コンクールへの心構えを教えて下さった先生は初めてでしたので、このことを忘れずに取り組んでいきたいと思います。他に、常のレッスンでも取り入れられるアドバイスがたくさんありましたので、参考にさせて頂きたいです。

※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ近江八幡支部