セミナー アーカイブ

2014年6月30日

【実施レポ】ピアノが弾きやすい身体づくり(いとうまゆ先生)

平成26年6月18日(水)浦和コミュニティセンター 多目的ホールにおいてピティナ埼玉中央支部総会同時開催セミナーとして、NHK「おかあさんといっしょ」ダンスのお姉さんとして活躍された、いとうまゆさんを講師に迎え、とてもユニークでアクティブな『ピアノが弾きやすい身体づくり ~動きやすく・軽やかに~』セミナーが開催されました。

ピアノ指導者向け講座にいとうまゆさん??と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実はいとうまゆさんは様々な研究をされておられます。その研究成果の中から、いとうまゆ流の姿勢づくりのコンセプトが編み出され、そしてそれはピアノを弾く姿勢にも相通じる事を発見、これを伝えるためのセミナーなのですが、はたして実際にどの様に展開されてゆくのでしょう? ドキドキしつつ開演の時を迎えたその時、セミナー参加者の前に颯爽と前方回転で登場したまゆさん、僅か数秒で参加者のハートを掴んでしまいました。

セミナー前半では「骨盤を意識して体を動かす事」のセオリーを教えてくださいました。その言葉からは自信が漲ってます。ピアニストとして共演した当支部会員寺田ひろみ先生からも、まゆさんと数日前に打ち合わせをしたアドヴァンテージでしょうか? すでに生徒に実践し、すぐに効果が見られた驚きと喜びを語って頂きました。

さあそしてセミナーはいよいよ「骨盤エクササイズ」の実践へと移ります。興味津々でその動きを試す参加者の皆様、表情は笑顔に包まれています。会場にいらした時は「最近腰が痛くて・・・」と仰っておられた会員様、お帰りの際には「治っちゃった・・・」と喜んでおられましたが、やはり姿勢と言うものはピアノを弾く時も含めて、日常生活をより快適にするために私たちは常に意識しなくてはいけない事と改めて教わった様に思います。

ご参加の皆様、早速今日からお家で毎日実践し、それを生徒さんにしっかりと伝えて下さいね。最後にぜひともこのセミナーの続編が出来ます事を心より期待せずにはおられません。

(Rep:ピティナ埼玉中央支部 山形英記)

2015年8月11日

9月9日(水)大城依子先生「リトミックで学ぶブルグミュラー -小学生へのリズム・表現指導のヒント-」セミナー開催のお知らせ

埼玉中央支部では、9月9日(水)浦和コミュニティセンター 多目的ホール(コムナーレ10F)にて、大城 依子先生のセミナー「リトミックで学ぶブルグミュラー -小学生へのリズム・表現指導のヒント-」を開催致します。
リトミックの目線から、ピアノレッスンにつながる効果的な指導アイディアが満載のセミナーです。
この機会をお見逃しなく!
ご参加をお待ちしております。

【セミナー名】リトミックで学ぶブルグミュラー -小学生へのリズム・表現指導のヒント-
【講師】大城 依子先生
【日時】2015年9月9日(水)10:00~11:50
【場所】浦和コミュニティセンター 多目的ホール(コムナーレ10F)
【お申し込み】お申込はこちら
☆ピティナ同時入会も受け付けます 入会受付はこちら
oshiro2.jpg
生徒も親も大好きな「ブルグミュラー 25 の練習曲」。日本では、多くのピアノ学習者が通る道です。
同時に、テクニック、表現力、標題から曲をイメージする力が求められる曲集でもあります。リズム、表現、曲のニュアンス・・・ といった、言葉では伝えるのが難しい内容を、小学生の子どもにいかにわかりやすく伝えていくか。リトミックの達人とご一緒に考えてみませんか。
リトミックの目線から、ピアノレッスンにつながる効果的な指導アイディアをご紹介します。

2015年9月18日

【実施レポ】リトミックで学ぶブルグミュラー~小学生へのリズム・表現指導のヒント~(大城依子先生)

9月9日(水)浦和コミュニティセンター 多目的ホールにて、大城依子先生によるセミナー「リトミックで学ぶブルグミュラー~小学生へのリズム・表現指導のヒント~」が開催されました。
ダルクローズに基づいたリトミック・ソルフェージュをブルグミュラー25の練習曲などに合わせて参加者も身体を動かして体験することができました。

まず、ピアノ伴奏に合わせて手拍子を打つことから始まりました。4分音符一拍で生徒が手拍子をキープすることを目標にしながら、先生の伴奏は分割、長い音価、休符などを取り入れるとよい、など具体的なレッスンでのポイントをお話くださいました。
次に、ブルグミュラー「子どもの集会」に合わせてフレーズの長さを身体で感じるための動きを、さらに「アラベスク」に合わせてメロディーラインの上下降を感じるための動きもグループでやってみました。

即興で身体を動かすと自然と笑顔が溢れ、大城先生の軽快なフォローにさらに笑い声がわき上がりました。
またその他にも「ポルカ」や「行進曲」などのリズムを取り上げて、そのリズムのキャラクターの違いが曲の特徴に結びついていることを説明してくださいました。
日本人と西洋人のリズムの感じ方が違うのは、文化や言語がリズムと深く結びついているからだということを改めて理解できました。

トミックというと小さいお子さんが行うもの、というイメージがあったのですがヨーロッパでは大きな学生さんや大人のレッスンにも取り入れられているそうで、普段のレッスンだけでなく発表会にも活用できるヒントをたくさんいただきました。
リトミックの奥深さに2時間のセミナーがあっという間でした。

Rep:ピティナ埼玉中央支部 寺田 ひろみ

2018年5月24日

【5/30最終案内】バスティン・オールインワンの紹介と指導法セミナー

2018年05月30日(水)に、藤原亜津子先生による講座「よむ・ひく・かくを1冊で:バスティン・オールインワンの紹介と指導法」を開催します。

WEB申込みは終了しておりますので、今後の最終申込みはメールにて承ります。
メール:pia_bastien@yahoo.co.jp(担当:大塚・熊田)

詳細はこちら

180530_saitama-001.jpgのサムネール画像

この講座では、新刊「バスティン・オールインワン」シリーズを中心にご紹介しながら、ピアノを弾くための総合的な力をバランスよく身に付けるための指導や生徒に合わせた教材の選び方について、藤原亜津子先生にお話し頂きます。

お申込みはまだ間に合いますので、是非ご参加ください!



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ埼玉中央支部