お知らせ アーカイブ

2019年4月24日

仙台4月ステップ開催します(2019.4.28)

ごあいさつ
平成の時代も明日で終わりとなります。1日1日をこんなにも愛おしく過ごせますことを
感謝しながら今日と明日を過ごしたいものです。この大切な日に青葉ステーションの
ステップを開催できますこと嬉しく思います。そしてここに集う音楽を愛する人々にとって
音楽が益々親しい友となれるよう、私たち指導者も研鑽を積み勉強を続けてまいります。

震災から8年。まだまだ完全な復興が済んだとは言えない東北ではあります。
私は震災後、被災地へピアノをとどける会を立ち上げ多くの皆さまからのご協力を得て
518台のピアノを被災地へお届けし活動を終了致します。ピアノを流されたお子様たちは
たくさんの方々のお支えのもと、ピアノのお勉強を再開することができました。
このピティナの会員の皆様からも数々のご支援を頂きました。心から感謝を申し上げます。
そして今日トークコンサートをして下さいます小原孝先生は、震災後直ぐに被災地に
入られ、今も被災地の方のためのコンサートを続けていらっしゃいます。
1度このステーションにて先生の演奏を皆様にもお聴き頂きたく、ご無理申して、
お忙しい中をいらしていただくことができました。
そして今日は、本多昌子先生と、尾崎佳枝先生にも長いお時間アドヴァイスをお願い
致します。
先生方に心から感謝を申し上げます。皆さまが頂いたアドヴァイスをこれからのお勉強
の糧として次の目的へ向かって進まれますよう願っております。 

仙台青葉ステーション代表 庄司美知子

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら

2020年10月21日

仙台10月25日ステップ開催します(2020.10.25)

ご挨拶

春に予定しておりました青葉ステーションのステップもこのコロナ騒動で延期を余儀なくされました。

私どものこのアイヴィホールは4月オープン後しばらくは閉館にしておりました。しかし、6月から「音楽のある新しい生活等式」と題しましていろいろコンサートの形式に沿って演奏をするときの諸注意を考えてきました。演奏する隣の人との間隔、客席までの間隔、ピアノソロの場合、弦楽器どおしの室内楽の場合、管楽器の入った室内楽の場合などなど様々な演奏形式の在り方を模索致しました。
今日も演奏者と観客の距離を計測し、入場人数も客席の半部とさせて頂いております。
不安なこの時期に勇気をもってご参加下さいました皆様に気持ちよく演奏をして頂けますようにスタッフ一同配慮に努めます。
皆様も久しぶりの演奏会できっと緊張なさっていることでしょうが今日は思いっきり皆さまの音楽が表現できますことを願っています。
そしてくれぐれも健康にお気を付けになってお過ごしください。音楽はいつも皆様のそばにあります。
                                  
青葉ステーション代表 庄司美知子

(当日のプログラムより)

⇒スケジュール・プログラムはこちら



過去の記事




QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ仙台青葉ステーション