« 前の記事| 後の記事 »

5月連弾研究会を行いました♫


ゴールデンウィークも過ぎた5月14日(水)、定例の連弾研究会を行いました。
藤沢のヤマハ南口センターが5月第1週目まで改装工事だったため、今回は第2水曜日に変更しての開催でした。

新年度になり、レッスンやご家庭のスケジュールも落ち着き始める5月、
ご見学の先生も含めて18名のご参加になりました。
ただ、ヤマハのお部屋が改装で以前の半分くらいの広さになってしまったので、椅子を2列に並べてぎゅうぎゅうの着席(>_<) 
ピアノも目の前、公開セミナーのような感じで緊張感が増したかもしれません。

さて今回の内容は以下の通り

【シュンゲラー:新しい子どものうたの本1】(日本ショット)より

 1.シュンゲラー編:輪になって踊ろう 


【もっとふたりのピアノ】(音友)より

 2.内田勝人:飛魚たちの舞踊り
 3.内田勝人:海賊船


【音の栞 Ⅲ】(カワイ)より 
 4.三善晃:おゝスザンナ(2回め)



 
1.シュンゲラー編:輪になって踊ろう Wollt ihr wissen

日本ショットから出版された楽譜には
「みんなで踊ろうよ 輪になって輪になって みんなで踊ろうよ さあはやく
笛と太鼓に合わせて 右に左に 手に手をとりながら 踊りましょう
らららん らららん らららんらんらんらん」(高田さゆり訳)
という詩が書かれています。

しかしドイツ語版は|:Wollt ihr wissen, wie der Bauer:| seinen Hafer aussät? のみ。

今月ドイツ語を調べてくださった先生によるとWollt ihr wissenという曲はいくつかメロディーが異なる形で存在することがわかりました。
ジングシュピールSingspielのWollt ihr wissenと、フォルクスリードVolksliedのWollt ihr wissenがあります。シュンゲラー編のこの曲に近いのはジングシュピールの方でした。
詩の意味は「農夫がオーツ麦の種をまくのを見たい?」というもの。
(Bauer=農夫 Hafer=オーツ麦 aussät=蒔く)
ジングシュピールやフォルクスリードには歌詞が5番まであってaussätの部分が、abmäht(刈る) einfährt(収穫する) ausdrischt (脱穀する) nachzählt(再集計)と変わっていきます。
種まきから収穫して販売する流れが歌われているようです。

そしてKo先生の貴重なエレクトーン譜、今回もありがとうございます。輪になって踊っているイメージで鐘やホルンの音色が加わっていっそう陽気な農村の風景が表現できました。



2.内田勝人:飛魚たちの舞踊り

この曲はPrestoという速度指定なので、ぐいぐいテンポをあげて弾いてみました。すると飛魚たちのいきいきと飛び泳ぐ姿が浮かび上がってきました。これは絶対「プレスト」を意識して弾く方が良い曲です。セコンドの4小節にわたる半音階の動きも大切です。このバスの動きでプリモを押し上げるといいでしょう。


3.内田勝人:海賊船

この曲はコンペの課題曲にもなったので少し耳慣れた作品です。昨年4月の連研で、コンペに参加する小学生のお二人に演奏してもらいました。さすがに指導者の先生方はみなさんバランスやテンポ感よく弾きこなしていました。
「飛魚たちの舞踊り」「海賊船」ともにKo先生のエレクトーンによるアンサンブルで盛り上がりました。


4.三善晃:おゝスザンナ

作曲家フォスターのお馴染みの曲を三善先生が連弾曲に編曲しました。私たちが知っている「おゝスザンナ」は明るく軽快な音楽ですが、そのノリで弾くとどうにも違和感があるため、それを課題とし4月からの持ち越しとなりました。いろいろな表情が出せるこの作品ですが、人生を思い返すようにしみじみと歌いあげる演奏に共感した先生が多かったようです。

三善ワールドを楽しみました。




そしてそして、この後まだまだ続きがありました♪

来月の茅ヶ崎ステップ(6/1 茅ヶ崎市民文化会館にて開催)で
O先生とY先生が連弾でステップに参加されるので、急遽連研で演奏していただきました。
曲目は以下の3曲


ラヴェル作曲『マ・メール・ロア』から
              第3曲「女王の陶器人形レドロネット」
              第4曲「美女と野獣の対話」
              第5曲「妖精の園」


「まだ1回しか合わせていないので...」というお言葉でしたが、他の先生方からアドバイスをもらうどころか拍手喝さいの演奏でした。とても素敵なので沢山の方に聴いていただきたいです。
ぜひ6月1日(日)茅ヶ崎ステップにお出かけください!!



毎月連弾研究会で連弾の勉強を続けて1年半が過ぎました。
湘南地域のステップに指導者自身が参加することも継続されています。
Ko先生のエレクトーン・アンサンブル譜もA3用紙30枚を超えました。
続けるってすごいことですね~

まだまだ続けましょうね~みなさま!!

       

            DSCN0652.JPG
             


            DSCN0653.JPG


            

次回は6月4日(水)です。








 
※この記事のご感想をこちらにお書き下さい。(Facebook登録者限定)


過去の記事


カテゴリ



QRコード

携帯からもピティナ・コミュニティを閲覧できます
ピティナ湘南フェリシテステーション